本ページはプロモーションが含まれています。
PR

大相撲夏場所2024の優勝力士を予想!日程はいつからで番付表は?

大相撲夏場所2024が、予定通りの日程で東京都の両国国技館で開催されます。

春場所では幕尻の尊富士が新入幕優勝という快挙を成し遂げましたが、夏場所2024の優勝力士予想はどうでしょうか?
番付表では照ノ富士が引き続き東の正横綱で一人横綱、大関は引き続き4力士で相変わらず関脇・小結陣が元気です。

横綱・照ノ富士が存在感を示すのか、大関陣が意地を見せるのか、さらに勢いのある若手力士の活躍が加わることになれば優勝争いはさらに盛り上がることでしょう。
上位下位にかかわらず見どころの多い夏場所になりそうです。

今回は、大相撲夏場所2024の優勝力士を予想するとともに、日程はいつからで番付表はどうなっているのか注目力士なども見ていきます。

スポンサーリンク

大相撲夏場所2024の優勝力士を予想

大相撲のここ1年間の優勝者を見ると、照ノ富士(横綱)が2回、貴景勝(大関)と豊昇龍(当時関脇)、霧島(大関)、尊富士(当時前頭17枚目)が1回ずつとなっています。
横綱・照ノ富士が休場した場所は優勝は大関・関脇などで分け合う形となっていますが、ひと頃と比較すると上位力士で安定してきた感があります。

しかし、春場所の尊富士の優勝や準優勝した大の里の活躍を見ると、新しい時代がもうすぐそこまできている感もあります。

そして、夏場所の優勝予想ですが、優勝候補本命はやはり横綱・照ノ富士があげられます。
コンディション次第ともいえますが、他を寄せ付けないあの強さを見せられれば夏場所の優勝候補筆頭はやはり照ノ富士ということになり、優勝争いは照ノ富士を中心に展開されていくことでしょう。

そして対抗の一番手となるのが、琴桜(琴ノ若)豊昇龍の2大関です。
琴桜はまだ優勝経験はありませんが、近年の躍進と安定感が光っており、しこ名も変わって初優勝に意欲十分です。
豊昇龍も大関として安定感を見せており虎視眈々と優勝を狙っています。
心配なのが霧島貴景勝の2大関で、好不調の波が激しく、同じ大関としてはたして意地を見せられるのかどうか…。

さらに有力なのが新入幕2場所で新三役昇進を決めた大の里、春場所で新入幕優勝の尊富士でともにこれからの相撲界を牽引して次代を担っていくでしょう。

さらに平幕では悲願の初優勝を狙う高安、上位をうかがう熱海富士豪ノ山といった若手力士がダークホースとして優勝争いに加わってくることが期待されます。

近年は関脇・小結陣が元気なので、照ノ富士が本来の力を出せなかった場合には4大関と2関脇2小結、さらに平幕からも優勝力士が出る可能性があるのではないでしょうか。

大相撲夏場所2024は照ノ富士を優勝候補筆頭に、琴桜(琴ノ若)と豊昇龍の2大関、大の里と尊富士の若手力士と高安を対抗B、ダークホースに平幕の熱海富士と豪ノ山をあげたいと思います。

横綱・照ノ富士の調子次第では、本命なしでだれが優勝するのかわからない大混戦の場所になると予想します。

追記:尊富士と朝乃山が初日から休場することになりました。(5/9追記)

大相撲の優勝力士と成績

大相撲の2019年以降の本場所の優勝力士と成績は、以下の通りです。

大相撲2024年の大相撲優勝力士と成績

大相撲2023年の大相撲優勝力士と成績

  • 11月場所:霧島(大関)13勝2敗
  • 9月場所:貴景勝(大関)11勝4敗
  • 7月場所:豊昇龍(関脇)12勝3敗
  • 5月場所:照ノ富士(横綱)14勝1敗
  • 3月場所:霧馬山(関脇)12勝3敗
  • 1月場所:貴景勝(大関)12勝3敗

大相撲2022年の優勝力士と成績

  • 11月場所:阿炎(前頭9枚目)12勝3敗
  • 9月場所:玉鷲(前頭3枚目)13勝2敗
  • 7月場所:逸ノ城(前頭2枚目)12勝3敗
  • 5月場所:照ノ富士(横綱)12勝3敗
  • 3月場所:若隆景(関脇)12勝3敗
  • 1月場所:御嶽海(関脇)13勝2敗

大相撲2021年の優勝力士と成績

  • 11月場所:照ノ富士(横綱)15勝0敗
  • 9月場所:照ノ富士(横綱)13勝2敗
  • 7月場所:白鵬(横綱)15勝0敗
  • 5月場所:照ノ富士(大関)12勝3敗
  • 3月場所:照ノ富士(関脇)12勝3敗
  • 1月場所:大栄翔(前頭1枚目)13勝2敗

大相撲2020年の大相撲優勝力士と成績

  • 11月場所:貴景勝(大関)13勝2敗
  • 9月場所:正代(関脇)13勝2敗
  • 7月場所:照ノ富士(前頭17枚目)13勝2敗
  • 5月場所:中止
  • 3月場所:白鵬(横綱)13勝2敗
  • 1月場所:徳勝龍(前頭17枚目)14勝1敗

大相撲2019年の大相撲優勝力士と成績

  • 11月場所:白鵬(横綱)14勝1敗
  • 9月場所:御嶽海(関脇)12勝3敗
  • 7月場所:鶴竜(横綱)14勝1敗
  • 5月場所:朝乃山(前頭8枚目)13勝2敗
  • 3月場所:白鵬(横綱)15勝0敗
  • 1月場所:玉鷲(関脇)13勝2敗

※番付・格付は当時のものです。

大相撲夏場所2024の日程はいつから?

大相撲夏場所2024は5月12日(日)~26日(日)までの15日間の日程で、東京都の両国国技館で開催されます。

大相撲夏場所2024の日程など概要は、以下の通りです。

大相撲夏場所2024の日程・会場など概要

  • 名称
    大相撲5月場所
  • 開催日程
    2024年(令和6年)5月12日(日)~26日(日)
  • 開場時間
    初日~12日目:午前8時30分
    13日目~千秋楽:午前10時00分
  • 会場
    両国国技館(東京都)
  • 所在地
    〒130-0015東京都墨田区横網1丁目3-28

大相撲夏場所2024の番付表と注目力士

大相撲夏場所2024の番付は照ノ富士が先場所に引き続き東の横綱で一人横綱、大関は先場所と同じく豊昇龍と琴桜、貴景勝、霧島の4力士となります。
琴ノ若がしこ名を琴桜に改め、また先場所の貴景勝に続いて霧島が2度目のカド番で、負け越せば陥落となる正念場の夏場所です。

関脇は先場所から継続の若元春と復帰の阿炎、小結には復帰の朝乃山と2場所連続で11勝の大の里が新小結に昇進となりました。
大の里の新入幕から所要2場所での新三役は年6場所となった1958年以降4番目のスピード記録です。
先場所に引き続き充実していた関脇・小結陣が各2名ずつとやや勢いが落ち着てきた感がありますが、新たな顔触れも入ってきています。

一方、大きく番付を上げたのが先場所新入幕優勝という快挙を達成した尊富士で、幕尻の前頭17枚目から6枚目に大きく番付を上げています。
新入幕力士は欧勝馬(おうしょうま)と時疾風(ときはやて)の2力士、幕内再入幕は水戸龍と友風、宝富士の3力士です。

カド番の大関・霧島と三役復帰の朝乃山、新入幕の欧勝馬を注目力士としてあげたいと思います。

大相撲夏場所2024の番付表は、以下の通りです。

大相撲夏場所2024の番付表

幕内 西
照ノ富士 横綱
豊昇龍 大関 琴桜(琴ノ若
貴景勝 大関 霧島
若元春 関脇 阿炎
〇朝乃山 小結 大の里
熱海富士 前頭1枚目 ×大栄翔
平戸海 前頭2枚目 豪ノ山
高安 前頭3枚目 翔猿
王鵬 前頭4枚目 宇良
阿武咲 前頭5枚目 明生
尊富士 前頭6枚目 翠富士
×錦木 前頭7枚目 御嶽海
隆の勝 前頭8枚目 琴勝峰
玉鷲 前頭9枚目 正代
湘南乃海 前頭10枚目 金峰山
佐田の海 前頭11枚目 北勝富士
一山本 前頭12枚目 錦富士
〇水戸龍 前頭13枚目 美ノ海
竜電 前頭14枚目 ◎欧勝馬
◎時疾風 前頭15枚目 狼雅
〇友風 前頭16枚目 〇宝富士
剣翔 前頭17枚目

※◎は新、〇は再、×は転落

こちらの記事も合わせてどうぞ↓↓

相撲の番付による階級で給料はどう違う?着物などにも差・違いが!
こちらでは、相撲の番付による階級で給料はどう違うのか、さらに給料以外の着物などの差・違いなどについてまとめました。相撲界は番付による階級で給料などが変わる厳しい階級社会で中には給料が支給されない番付もあります。明暗が分かれるのはどこか?

大相撲夏場所2024の優勝力士予想~まとめ

今回は、大相撲夏場所2024の優勝力士を予想するとともに、日程はいつからで番付表はどうなっているのか注目力士も見てきました。

大相撲夏場所2024は5月12日(日)~26日(日)の15日間の日程で、東京都の両国国技館で開催されます。

初場所の優勝力士を予想すると、照ノ富士を優勝候補筆頭に琴桜(琴ノ若)と豊昇龍、大の里、尊富士が対抗A、大の里と尊富士、高安を対抗B、ダークホースに平幕の熱海富士と豪ノ山をあげたいと思います。
横綱・照ノ富士の調子次第では大混戦となる可能性もあり、波乱の場所になる可能性も秘めています。

注目力士としてはカド番の大関・霧島と三役復帰の朝乃山、新入幕の欧勝馬をあげたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追記:尊富士と朝乃山が初日から休場することになりました。(5/9追記)

コメント

タイトルとURLをコピーしました