大相撲初場所2023の優勝力士を予想!日程はいつからで番付表は?

大相撲初場所2023が、予定通りの日程で東京都の両国国技館で開催される見通しです。

九州場所では平幕・阿炎が三つ巴の優勝決定戦を制して初優勝を飾りましたが、初場所2023の優勝力士予想はどうでしょうか?

番付表では照ノ富士が引き続き東の正横綱で一人横綱、貴景勝がただひとりの大関に座り、関脇・小結陣が元気です。

元気な関脇・小結陣が躍動するのか、阿炎の連覇はあるのか、それとも大関・貴景勝が意地を見せるのか、さらには勢いのある若手力士の活躍が加われば優勝争いはさらに盛り上がるのは間違いありません。

上位下位にかかわらず見どころの多い初場所になりそうです。

今回は、大相撲初場所2023の優勝力士を予想するとともに、日程はいつからで番付表はどうなっているのか注目力士見ていきます。

スポンサーリンク

大相撲初場所2023の優勝力士を予想

大相撲のここ1年間の優勝力士を見ると、照ノ富士、他は御嶽海(当時関脇)、若隆景(関脇)、逸ノ城(当時前頭2枚目)、玉鷲(当時前頭3枚目)、阿炎(当時前頭9枚目)が各1回ずつとなっています。

2020年は上位力士が安定して優勝するようになっていましたが、2021年になってまたもや平幕優勝が多い下剋上の時代に逆戻りした感があります。

優勝予想は通常であれば優勝争いの中心にいるのが横綱・照ノ富士なのは間違いありませんが、両膝の手術を受けたため初場所も休場の可能性が高そうです。

となれば九州場所に続いて優勝争いは混戦になる可能性が非常に高いといえます。

本命なき優勝予想の中、優勝候補としてあげたいのが九州場所で優勝決定戦まで残った大関・貴景勝と関脇・高安安、そして関脇・豊昇龍の3力士です。

貴景勝と高安は優勝まであと一歩まで迫り幾度となく優勝争いに絡んでおり、いつ優勝してもおかしくない位置にいるといっていいでしょう。(貴景勝の優勝は2020年の九州場所が最後)

豊昇龍も先場所11勝をあげ安定感を増し実力をつけてきており、初優勝が最も近い力士のひとりといえます。

その他、新小結の若元春と琴ノ若あたりがダークホースになると見ます。

若隆景の兄・若元春は二場所連続で二桁勝利をあげ、得意の四つ相撲に磨きがかかっています。

前半戦をうまく乗り切れば優勝争いに加わってくる可能性が高まります。

琴ノ若はこれまで15場所中4場所で二桁勝利をあげている期待の若手力士で、度々優勝争いも演じ着実に力をつけてきています。

とにかく大所帯となった関脇・小結陣が元気なので、この中から優勝力士が出る可能性が高いのではないでしょうか。

大相撲初場所2023は貴景勝、高安、豊昇龍が優勝候補、若元春と琴ノ若あたりがダークホースとしてあげられますが、本命はなく平幕優勝もあり得る大混戦の場所になると予想します。

スポンサーリンク

大相撲の優勝力士と成績

大相撲の2019年以降の本場所の優勝力士と成績は、以下の通りです。

大相撲2022年の優勝力士と成績
11月場所:阿炎(前頭9枚目)12勝3敗
9月場所:玉鷲(前頭3枚目)13勝2敗
7月場所:逸ノ城(前頭2枚目)12勝3敗
5月場所:照ノ富士(横綱)12勝3敗
3月場所:若隆景(関脇)12勝3敗
1月場所:御嶽海(関脇)13勝2敗

大相撲2021年の優勝力士と成績
11月場所:照ノ富士(横綱)15勝0敗
9月場所:照ノ富士(横綱)13勝2敗
7月場所:白鵬(横綱)15勝0敗
5月場所:照ノ富士(大関)12勝3敗
3月場所:照ノ富士(関脇)12勝3敗
1月場所:大栄翔(前頭1枚目)13勝2敗

大相撲2020年の大相撲優勝力士と成績
11月場所:貴景勝(大関)13勝2敗
9月場所:正代(関脇)13勝2敗
7月場所:照ノ富士(前頭17枚目)13勝2敗
5月場所:中止
3月場所:白鵬(横綱)13勝2敗
1月場所:徳勝龍(前頭17枚目)14勝1敗

大相撲2019年の大相撲優勝力士と成績
11月場所:白鵬(横綱)14勝1敗
9月場所:御嶽海(関脇)12勝3敗
7月場所:鶴竜(横綱)14勝1敗
5月場所:朝乃山(前頭8枚目)13勝2敗
3月場所:白鵬(横綱)15勝0敗
1月場所:玉鷲(関脇)13勝2敗

※番付・格付は当時のものです。

大相撲初場所2023の日程はいつから?

大相撲初場所2023は1月8日(日)~22日(日)までの15日間の日程で、東京都の両国国技館で開催されます。

大相撲初場所2023の日程など概要は、以下の通りです。

大相撲初場所2023の日程・会場など概要
名称
大相撲1月場所

開催日程
2023年(令和5年)1月8日(日)~22日(日)

開場
初日~12日目:午前8時30分
13日目~千秋楽:午前10時00分

会場
両国国技館(東京都)

所在地
〒130-0015東京都墨田区横網1丁目3-28

大相撲初場所2023の番付表と注目力士

大相撲初場所2023の番付は照ノ富士が先場所に引き続き東の横綱で一人横綱、大関は西に貴景勝のみとなり、1898年春場所(横綱・小錦、大関・鳳凰)以来125年ぶりの「1横綱1大関」となります。

関脇は先場所から継続の若隆景と豊昇龍に加え、返り咲きの高安と大関から陥落の正代の4力士、小結は3場所連続の霧馬山に加え、新小結の琴ノ若と若元春、返り咲きの明生(立浪)の4力士です。

「4関脇、4小結」は1962年夏場所(関脇・若羽黒、栃ノ海、羽黒山、栃光、小結・若秩父、出羽錦、豊国、豊山)以来61年ぶりで、新小結の琴ノ若は史上6組目の親子三役、関脇・若隆景と新小結・若元春の兄弟三役は1991年九州場所の若花田と貴花田以来、史上4組目となります。(兄弟同時三役は1992年春場所の若花田・貴花田以来史上3組目)

大きく番付を上げたのは先場所優勝の阿炎(先場所・前頭9枚目)と王鵬(先場所・前頭13枚目)、平戸海(先場所・前頭16枚目)で、阿炎は平幕優勝の翌場所は成績が落ちる傾向があるので真価が問われます。

王鵬と平戸海は先場所ともに10勝をあげており、勢いが続くかどうかが注目されます。

新入幕力士はなし、剣翔と水戸龍、千代丸の3力士が幕内に復帰、その他では元大関の朝乃山が西十両12枚目となり6場所ぶりに関取復帰を果たしています。

大相撲初場所2023の番付表は、以下の通りです。

大相撲初場所2023の番付表

幕内西
照ノ富士横綱
大関貴景勝
若隆景関脇豊昇龍
高安関脇×正代
霧馬山小結琴ノ若
〇明生小結若元春
×翔猿前頭1枚目×大栄翔
×御嶽海前頭2枚目×玉鷲
阿炎前頭3枚目翠富士
錦富士前頭4枚目佐田の海
竜電前頭5枚目錦木
北勝富士前頭6枚目妙義龍
逸ノ城前頭7枚目宇良
阿武咲前頭8枚目王鵬
隆の勝前頭9枚目遠藤
碧山前頭10枚目平戸海
千代翔馬前頭11枚目栃ノ心
前頭12枚目隠岐の海
琴勝峰前頭13枚目琴恵光
一山本前頭14枚目東龍
〇剣翔前頭15枚目〇水戸龍
宝富士前頭16枚目〇千代丸

※◎は新、〇は再、×は転落

大相撲初場所2023の優勝力士予想~まとめ

今回は、大相撲初場所2023の優勝力士を予想するとともに、日程はいつからで番付表はどうなっているのか注目力士も見てきました。

大相撲初場所2023は1月8日(日)~22日(日)の15日間の日程で、東京都の両国国技館で開催されます。

初場所の優勝力士を予想すると、大関・貴景勝と関脇・高安、関脇・豊昇龍の3力士を優勝候補、若元春と琴ノ若をダークホースにあげたいと思います。

横綱・照ノ富士の休場により大混戦となることが予想され、波乱の場所になる可能性も大いにあるでしょう。

番付表では先場所負け越して関脇陥落の正代、平幕に落ちた御嶽海に奮起を期待したいところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました