豊昇龍の出身高校などプロフィール!ツイッター・インスタや成績も!

スポンサーリンク

元横綱・朝青龍の甥っ子として活躍しているのが大相撲・豊昇龍関です。

しかし、プロフィールを見ると相撲を始めたのは遅く、少々意外な経歴の持ち主でもあります。

となると出身高校はどこなのか、相撲を始めた経緯についても気になります。

また、ツイッター・インスタなどSNSやこれまでの成績はどうでしょうか?

今回は、大相撲・豊昇龍関の出身高校などプロフィール、ツイッター・インスタなどSNS、成績などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豊昇龍の出身高校などプロフィール

大相撲・豊昇龍関は1999年(平成11年)5月22日、モンゴルのウランバートル市に生まれ、5歳で柔道、11歳頃からはレスリングを始めを始め、もともとはレスリングの選手として東京オリンピックを目指していました。

中学まではモンゴルで過ごしましたが、スカウトされて出身高校である日体大柏高校へ入学しました。

この時点ではまだ相撲を始めていません。

そして転機が訪れたのは来日間もない高校1年生の時で、両国国技館で見た大相撲に惹かれ一転してレスリングから未経験の相撲に転向しました。

しかし、叔父・朝青龍譲りの高い身体能力とスピードを生かした相撲で頭角を現します。

高校卒業後は立浪部屋に入門、2018年(平成30年)1月場所で初土俵を踏み、2020年9月場所に15場所で新入幕を果たしました。

その後、2022年3月場所での最高位・小結に昇進しています。(2022年3月28日時点)

大相撲・豊昇龍関の出身高校などのプロフィールは、以下の通りです。

大相撲・豊昇龍の出身高校などプロフィール
四股名
豊昇龍 智勝(ほうしょうりゅう ともかつ)

本名
スガラグチャー・ビャンバスレン

生年月日
1999年(平成11年)5月22日

身長・体重
187cm・132kg

血液型
AB型

出身地
モンゴル・ウランバートル市

出身高校
日体大柏高校(千葉県)

所属部屋
立浪

四股名履歴
豊昇龍 知勝(2018年1月場所~2018年5月場所) → 豊昇龍 智勝(2018年7月場所~)

初土俵
2018年(平成30年)1月場所

得意技
突き、押し、右四つ、寄り、投げ

趣味
寝ること、ルービックキューブ

好きな食べ物
肉、かつ丼

※2022年3月28日現在の情報です。

スポンサーリンク

大相撲・豊昇龍のツイッター・インスタ

続いて、大相撲・豊昇龍関のツイッターやインスタグラムなどSNSについてです。

豊昇龍関は2018年5月からツイッターで情報発信しています。

ただ当初はかなり頻繫に相撲に関する話題などの投稿をしていたのですが、残念ながらもう長い間、投稿がありません。(2022年3月25日時点)

また、インスタグラムについては豊昇龍関のアカウントはありませんでした。

今はSNSはやらずに相撲に集中したいのかもしれません。

大相撲・豊昇龍関のツイッターやインスタグラムなどSNS
ツイッター
@oaxTxfPiwxLWTaQ

インスタグラム
なし

※2022年3月25日時点

スポンサーリンク

豊昇龍の成績

最後に豊昇龍関のこれまでの主な成績を確認しておきたいと思います。

最高位は小結で、優勝は幕内優勝はまだなく序二段での優勝が1回あります。

新入幕してからは伸び悩んでいる印象もありますが、徐々に力をつけ覚醒する可能性を秘めています。

今後、目を離せない力士といっていいでしょう。

大相撲・豊昇龍関のこれまでの主な成績は、以下の通りです。

大相撲・豊昇龍のこれまでの主な成績
通算成績
162勝116敗2休(25場所)

幕内成績
80勝68敗2休(11場所)

優勝
序二段:1回(2018年5月場所)

三賞
技能賞:1回(2021年7月場所)

※成績は2022年3月場所終了時点のものです。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

豊昇龍は朝青龍に似てる?身長・体重や成績などを比較してみた!
こちらでは、豊昇龍と朝青龍は顔以外にも似てるのかどうか、身長・体重や成績などと比較してまとめました。大相撲・豊昇龍が元横綱・朝青龍と似てるのは叔父と甥っ子の関係で自然なことだと思いますが、似てるのは顔だけではないようです。

豊昇龍の出身高校はどこ?~まとめ

今回は、大相撲・豊昇龍関の出身高校などプロフィール、ツイッター・インスタなどSNS、成績などについて見てきました。

大相撲・豊昇龍関の出身高校は日体大柏高校(千葉県)ですが、レスリングの選手としてスカウトされて入学し、相撲を始めたのは高校1年生の時に両国国技館で大相撲を見たのがきっかけでした。

SNSはツイッターのアカウントはありものの長い間、投稿がなく、インスタグラムはアカウントがありませんでした。

豊昇龍関の成績は序二段での優勝が1回あるものの幕内優勝はまだなく、最高位は小結です。

やや伸び悩んでいる印象もありますが、覚醒する可能性を秘めた力士といっていいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

相撲
スポンサーリンク
rainbownijiをフォローする
スポーツなんでも情報クラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました