サイスニードのメジャーでの成績は?球速・球種から年俸まで!

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズが2021年シーズンの新外国人助っ人として、メジャーリーグの経験もあるサイスニード投手を獲得しました。

193cmの長身から投げ下ろされるボールは迫力満点ですが、メジャーでの成績はどうだったのでしょうか?

しかし、意外なことに見た目や球速・球種から受ける印象とはピッチング・スタイルはかなり違っていて異質なタイプのようです。

今回は、ヤクルトスワローズの新外国人サイスニード投手のメジャーでの成績や球速・球種から年俸・背番号までを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

サイスニードのメジャーでの成績

サイスニード投手がメジャーリーグで初登板を果たしたのは2019年のことで、プロ入りから5年後のシーズンでした。

そして、気になるメジャーリーグ(MLB)での通算成績は、2019・2020年の2年間で26試合(38イニング)に登板し、0勝4敗、44奪三振、防御率5.59でした。

メジャーでは26試合全試合リリーフとしての登板で、勝ち星もなく防御率も5点台で実績としては物足りない印象がありますが、特筆すべきは投球イニングを上回る奪三振数を記録していることです。

三振を取れるということであれば抑えに向いているのではないかとも思いますが、ヤクルトスワローズでは一転して先発投手としての起用となる見込みです。

サイスニード投手のメジャーでの成績は、以下の通りです。

サイスニードのメジャーでの年度別投手成績

年度球団登板勝利敗戦セーブホールド防御率
2019年HOU801005.48
2020年HOU1803035.71
MLB通算2604035.59

※HOU:ヒューストン・アストロズ

スポンサーリンク

サイスニードの球速・球種

続いて、サイスニード投手の球速・球種やピッチング・スタイルを見ていきましょう。

まず、球速はストレートで最速で約155km/h、平均で約150.0km/hで、球種はストレートの他、カーブ、カットボール、スライダー、チェンジアップの変化球を投げます。

1m93cmの長身から投げ下ろすストレートとでグイグイ押してくるピッチング・スタイルなのかと思いきや、カットボールが投球のなんと約7割を占めており、ストレートはほとんど投げていません。

ほぼ完全に変化球ピッチャーということになりますが、この得意のカットボールが平均球速で約150.0km/h近いということで、サイスニード投手の生命線ともいえるボールとなっています。

ストレートをほとんど投げないといってもこれだけの球速なら、かなり威力のあるカットボールといえます。

カットボールの次に多い球種がカーブとスライダーということで、この3種類を組み合わせたのがサイスニード投手のピッチング・スタイルです。

サイスニードの年俸や背番号などプロフィール

サイスニード投手は、1992年10月1日、アメリカのネバダ州生まれで、2014年にミルウォーキー・ブルワーズにドラフト指名されてプロ入りしました。

プロ入りしてから5シーズンはマイナーリーグでプレーしていましたが、2019年にメジャーデビューし、2020年オフにFAとなり2021年はヤクルトスワローズでプレーすることになりました。

アメリカ国外の球団に所属するのは今回のヤクルトスワローズが初めてで、推定年俸は1年契約で80万ドル(8,320万円)+出来高、背番号は54に決定しています。

ちなみにメジャーリーグ時代の背番号は、ヒューストン・アストロズ時代(2019~2020年)は67でした。

本名はサイ・R・スニードですが、あのサイヤングに引っかけて登録名は”サイスニード”となります。

サイスニード投手の背番号などプロフィールは、以下の通りです。

サイスニードの背番号などプロフィール
名前
サイ・スニード

生年月日
1992年10月1日

身長・体重
193cm・97kg

国籍
アメリカ合衆国

出身地
アメリカ合衆国ネバダ州エルコ郡エルコ

出身大学
ダラス・バプティスト大学

出身高校
ツインフォールズ高校

プロ入り
2014年

投打
右投右打

ポジション
投手

背番号
54

経歴
ヒューストン・アストロズ→ヤクルトスワローズ

※2021年4月26日現在の情報です。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

プロ野球の外国人枠で同時出場できる人数は?外れる条件もあり!
こちらでは、プロ野球の外国人枠で同時出場できる人数や外国人枠から外れる条件などまとめました。カタカナだらけのスタメン・オーダーを見ておかしいと思ったことはありませんか?拡大しつつある外国人枠ですが何人まで同時出場できるのかわかりやすく解説!

サイスニードのメジャーでの成績~まとめ

今回は、ヤクルトスワローズの新外国人サイスニード投手のメジャーでの成績や球速・球種から年俸・背番号までを見てきました。

サイスニード投手のメジャーリーグ(MLB)での通算成績は、2019・2020年の2年間で26試合(38イニング)に登板し、0勝4敗、44奪三振、防御率5.59で、やや物足りない印象もありますが、奪三振数は投球イニングを上回っています。

球速はストレートで最速で約155km/h、平均で約150.0km/hで、球種はストレートの他、カーブ、カットボール、スライダー、チェンジアップの変化球を投げますが、得意のカットボールが投球の約7割を占める変化球投手です。

サイスニード投手の推定年俸は1年契約で80万ドル(8,320万円)+出来高、背番号は54、先発投手としての起用が予想されローテーションの一角を担うことが期待されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました