プロ野球の順位予想2020セリーグ!データと最新の戦力分析から!

約3か月間延期となっていた2020プロ野球がいよいよ開幕します。

セリーグは2019年シーズンは巨人(読売ジャイアンツ)が優勝しましたが、2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響もあって波乱含みのシーズンになりそうな予感がします。

多くの野球解説者や新聞・雑誌記者さんたちが順位予想を行いますが、2020年シーズンのセリーグの順位予想はかなり割れているようです。

今回は、データと最新の戦力分析からプロ野球・セリーグの順位予想2020をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

プロ野球の順位予想2020セリーグ

2019年シーズンのセリーグはリーグ、クライマックスシリーズともに巨人(読売ジャイアンツ)が制しました。

そして、2020年シーズンのプロ野球・セリーグの順位予想2020では、野球解説者の予想がかなり割れています。

優勝予想本命は多く予想された順に阪神タイガース、巨人(読売ジャイアンツ)、DeNAベイスターズ、広島東洋カープ…となっていますが、パリーグのソフトバンクホークスにように1強というわけではありません。

ちなみにAIでは、巨人(読売ジャイアンツ)を本命に阪神タイガース、DeNAベイスターズの順です。

巨人(読売ジャイアンツ)の層の厚さと攻撃力は相変わらずですが、投手陣に一抹の不安があり、ここが不安定なら苦戦も予想されます。

また、阪神タイガースはベテランの年齢が上がってきたことと先発ローテーションがやや不安材料で、過密日程をどう乗り切るかが課題です。

これらのことから、2020年シーズンのプロ野球・セリーグの順位予想2020で本命に推したいのがDeNAベイスターズです。

2019年シーズンの各部門のデータを見てわかるように打力に定評のあるチームですが、最大の懸念材料だった筒香選手の抜けた穴もうまく埋まりそうです。

先発ローテーションが安定すれば、勢いに乗って一気に駆け抜ける可能性あえあります。

これらのことからプロ野球・セリーグの順位2020は、以下のように予想します。

プロ野球の順位予想2020セリーグ
1位 DeNAベイスターズ  打撃A+投手力B+守備力A=総合力A
2位 巨人ジャイアンツ  打撃A+投手力B+守備力A=総合力A
3位 阪神タイガース   打撃A+投手力A+守備力B=総合力A
4位 広島東洋カープ   打撃B+投手力A+守備力B=総合力B
5位 中日ドラゴンズ   打撃C+投手力B+守備力A=総合力B
6位 ヤクルトスワローズ 打撃B+投手力C+守備力C=総合力B

スポンサーリンク

プロ野球セリーグの2019年の順位とデータ

1位 巨人   77勝64敗2分け.546 チーム打率2位本塁打数1位・防御率4位・守備率3位
2位 DeNA   71勝69敗3分け.507 チーム打率5位・本塁打数3位防御率5位・守備率2位
3位 阪神   69勝68敗4分け.504 チーム打率4位・本塁打数5位・防御率1位・守備率5位
4位 広島   70勝70敗3分け.500 チーム打率3位・本塁打数4位・防御率2位・守備率4位
5位 ヤクルト 68勝73敗2分け.482 チーム打率6位・本塁打数2位・防御率6位・守備率6位
6位 中日   59勝82敗2分け.418 チーム打率1位・本塁打数6位・防御率3位・守備率1位

プロ野球の順位予想2020パリーグは、こちらからどうぞ ↓

プロ野球の順位予想2020パリーグ!データと最新の戦力分析から!
こちらでは、データと最新の戦力分析からプロ野球・パリーグの順位予想2020をしてみました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球がいよいよ開幕します。故障から間に合った選手、来日不可となった選手などチームにはさまざまな影響が!

プロ野球の順位予想2020セリーグ~各チーム別最新の戦力分析

プロ野球・セリーグの順位2020を予想しましたが、当初の3月と開幕直前では6球団ともチーム事情が大なり小なり異なっています。
そこで、順位予想の根拠ともなった各チームの最新の戦力分析をしていきたいと思います。

DeNAベイスターズの戦力分析

打撃面ではメジャー移籍した筒香選手の穴が大きそうですが、新戦力のオースティン選手と成長著しい佐野選手でカバーできそうです。

ソト選手とロペス選手が安定感あるだけに、2020年シーズンもかなりの強打線になるのは間違いないでしょう。

しかも2020シーズンの特例で、外国人枠が通常の4人から5人に拡大されるのもDeNAベイスターズにとってはかなり有利な材料です。

投手力では、中継ぎ~クローザーがしっかりしているので先発ローテーションの安定がカギを握ります。

エースの今永投手以下、上茶谷投手、新戦力のピープルズ投手、安定感が増した濱口投手に加えてドラフト2位の坂本投手あたりが先発ローテーション入りすればかなりの先発投手力陣になります。

2019年シーズンは出だしで10連敗してつまづきましたが、うまく流れに乗れれば優勝の可能性は高く、本命に推したいと思います。

DeNAベイスターズの詳しい戦力分析などは、こちらからどうぞ ⇩

横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想
こちらでは、横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。2019年シーズンは惜しくも2位に終わった横浜DeNAベイスターズですが筒香嘉智選手のメジャー移籍などにより新しいチーム作りが迫られています。

巨人(読売ジャイアンツ)の戦力分析

2019年シーズンはリーグ優勝こそ達成したものの日本シリーズではまさかの4連敗を喫した巨人(読売ジャイアンツ)ですが、層の厚さはリーグ随一なのはいつも通りです。

打撃面では、ただでさえ強力なところに新戦力でパーラ選手を獲得して盤石の体制で、若手選手の成長もありプラス材料が多く見られます。

弱点があるとすれば、15勝の山口投手がメジャー移籍した穴ですが、韓国で17勝のサンチェス投手の獲得で埋まるかどうかが最大のポイントでしょう。

中継ぎ~クローザーではビエイラ投手を獲得してこちらも層は厚いですが、期待通り活躍できるかどうかは未知数です。

巨人(読売ジャイアンツ)のリーグ連覇は、先発~中継ぎ~クローザーまですべての投手陣にかかっているといっていいでしょう。

巨人(読売ジャイアンツ)の詳しい戦力分析などは、こちらからどうぞ ⇩

巨人の開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想!戦力分析も
こちらでは、巨人(読売ジャイアンツ)の開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。2019年は久々のリーグ優勝を果たしたものの日本シリーズで4連敗を喫した巨人ですが2020年も層の厚さは健在!新戦力がどこまで活躍するかがカギ?

阪神タイガースの戦力分析

2019年シーズンは終盤に驚異の追い上げでAクラス入りした阪神タイガースですが、投高打低が課題です。

打撃面では長打力不足を解消するためボーア選手を獲得していますが、練習試合から快音を飛ばしかなり期待できそうです。

韓国リーグから移籍のサンズ選手とともに主軸を担います。

投手力では、DeNAベイスターズ同様に中継ぎ~クローザーがしっかりしているので先発ローテーションの安定がカギです。

新戦力が先発ローテーション入りし安定するかどうかです。

日本人ベテラン選手の年齢が上がってきているだけに、過密日程の中、夏場をどう乗り切るかで阪神タイガースの2020年シーズンの明暗が分かれそうな気もします。

阪神タイガースの詳しい戦力分析などは、こちらからどうぞ ⇩

阪神タイガースの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想!
こちらでは、阪神タイガースの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。2019年シーズンは終盤追い上げ奇跡的なAクラス入りを果たした阪神タイガースですが防御率がセリーグ1位、得点はリーグ最下位と”投高打低”の課題はどうなる?

広島東洋カープの戦力分析

2019年シーズンはまさかのBクラス転落に終わった広島東洋カープですが、新戦力の獲得、故障者の復帰など2020年シーズンは明るい材料が多いです。

打撃面では、田中広輔選手の故障からの復帰、新戦力のピレラ、そして成長著しいメヒアなど間違いなく戦力は底上げされています。

投手力では、先発ローテーションは揃っているものの不安は中継ぎ~クローザーです。

ここが固まって勝利の方程式が構築できれば、優勝争いに加わってくる可能性も高いと予想します。

広島東洋カープの詳しい戦力分析などは、こちらからどうぞ ⇩

広島東洋カープの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想!
こちらでは、広島東洋カープの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。2019年シーズンはまさかの4位に終わった広島東洋カープですが主力選手の流出もなく補強で戦力アップに成功しています。優勝を狙う開幕スタメンはどうなる?

中日ドラゴンズの戦力分析

2019年シーズンはチーム打率が1位だったものの本塁打数6位ということで、長打力不足が最大の課題であるのは明らかです。

しかし、投打ともに目立った補強もせず、既存の戦力の底上げがカギを握ります。

確かに伸び盛りの若手選手は多く世代交代が進行中ですが、さすがに現状では優勝争いは厳しいと言わざるを得ません。

投打の救世主が現れることを期待します。

中日ドラゴンズの詳しい戦力分析などは、こちらからどうぞ ⇩

中日ドラゴンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想!
こちらでは、中日ドラゴンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。2019年は打率と守備率でリーグ1位、防御率もリーグ3位なのに5位に沈んだ中日ドラゴンズですが即戦力となる補強もなく2020年シーズン開幕を迎えます。

ヤクルトスワローズの戦力分析

2019年シーズンは最下位に沈んだヤクルトスワローズですが、2020年シーズンも悩みが尽きることはなさそうです。

打撃面では、ホームラン33本のバレンティンの移籍が痛いですが、村上選手の成長や新戦力のエスコバー選手でどこまでカバーできるかにかかっています。

投手力では、先発ローテーションの駒不足から中継ぎ~クローザーの確立まで、やりくりが難しいシーズンになりそうです。

頼みの打撃力で投手力をどこまでカバーできるかがカギといえるでしょう。

ヤクルトスワローズの詳しい戦力分析などは、こちらからどうぞ ⇩

ヤクルトスワローズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想
こちらでは、ヤクルトスワローズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。防御率リーグワーストの投手力が響き2019年は最下位に沈んだヤクルトスワローズですがドラフト1位の奥川恭伸投手の獲得などでどこまで巻き返せるか?

プロ野球の順位予想2020セリーグ~まとめ

今回は、データと最新の戦力分析からプロ野球・セリーグの順位予想2020をしてきました。

2020年シーズンのセリーグ優勝の本命はDeNAベイスターズ、対抗は巨人(読売ジャイアンツ)、阪神タイガースを予想します。

2020年シーズンのセリーグは特に混戦になりそうな気がしますが、新型コロナウイルスの影響により過密日程になるため勢いに乗ったチームがそのまま突っ走る可能性もあります。

無観客試合、連戦の多さなどいつもと違うシーズンになりますが、開幕スタートが例年以上に大きなポイントになるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました