広島東洋カープの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想!

2019年シーズンは3連覇からまさかのBクラス4位に終わった広島東洋カープですが、主力選手の流出もなく補強によって戦力はむしろアップしています。

投打のバランスもいいだけに、故障者が出なければ優勝争いに絡む可能性は高いといえます。

既存の戦力と新戦力をどう絡めていくか、佐々岡新監督率いる広島東洋カープの2020年シーズンの開幕スタメン・オーダーと先発ローテーションの組み方が気になります。

今回は、広島東洋カープの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

広島東洋カープの開幕スタメン2020予想

戦力ダウンがないとはいえ、2020年の広島東洋カープの開幕スタメン・オーダーは悩ましい要素が多いのも事実です。

まず、2・4・6番の偶数打順は迷うことなく固定できるのですが、問題は1・3・5・7番の奇数打順です。

特にトップ・バッターに絶対的な存在がなく田中広輔選手か野間峻祥選手かで悩みましたが、過去の実績から田中広輔選手を選びました。

また、内外野どちらも守れるピレラ選手の獲得も大きく打順はまず5番でスタートし、また守備は他のポジションでの起用も考えられます。

その他、調子によってはベテランの長野久義選手(外野手)や松山竜平選手(外野手)のスタメン入りの可能性もあり、シーズン中、1・3・5・7番と8番は流動的になるかもしれません。

広島東洋カープの開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。

広島東洋カープ開幕スタメン2020予想
1番 (遊) 田中広輔(率.193 3本 27打点)
2番 (二) 菊池涼介(率.261 13本 48打点)
3番 (左) 西川龍馬(率.297 16本 64打点)
4番 (右) 鈴木誠也(率.335 28本 87打点)
5番 (一) ピレラ(ー)
6番 (捕) 會澤翼(率.277 12本 63打点)
7番 (中) 野間峻祥(率.248 2本 16打点)
8番 (三) 安部友裕(率.254 8本 28打点)
9番 (投手) 大瀬良大地(11勝9敗 防御率3.53)

広島東洋カープの開幕投手2020予想

広島東洋カープの開幕投手2020は、大瀬良大地投手とすでに発表されています。

ともに2019年シーズン11勝をあげたジョンソン投手と甲乙つけ難くどちらになるのか注目されましたが、結局、大瀬良大地投手が2年連続での開幕投手の座を勝ち取りました。

スポンサーリンク

広島東洋カープの先発ローテーション2020予想

続いて、広島東洋カープの先発ローテーション2020予想です。

広島東洋カープの先発ローテーション2020は、大瀬良大地投手とジョンソン投手の2人のエースを軸に展開されるのは間違いないところですが、その後も充実しています。

3番手には期待のドラフト1位の即戦力候補・森下暢仁投手を起用、以降は自然に2019年シーズンの成績を考慮してローテーションを組んでいくと予想します。

故障者さえ出なければ安定してシーズンを乗り切ることができる先発ローテーションのように思います。

①大瀬良大地(11勝9敗 防御率3.53)→②ジョンソン(11勝8敗 防御率2.59)→③森下暢仁(ドラフト1位)→④床田寛樹(7勝6敗 防御率2.96)→⑤久里亜蓮(8勝8敗 防御率3.51)→⑥野村祐輔(6勝5敗 防御率4.06)

その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補
アドゥワ誠(3勝5敗 防御率4.32)
藪田和樹(0勝2敗 防御率9.24)
遠藤淳志(1勝1敗 防御率3.16)
モンティージャ(0勝2敗 防御率14.54)

広島東洋カープの2020年の戦力分析とシーズン展望

2019年シーズンの広島東洋カープは思わぬ失速でBクラスに沈みましたが、2020年シーズンを迎えるにあたって戦力の流出がなかったのが大きい上、投打に渡る的確な補強によってかなり強力な戦力を備えることに成功しています。

投手陣ではドラフト1位の即戦力候補・森下暢仁投手やDJジョンソン投手とスコット投手の獲得で先発から抑えまで万全の体制を築き上げ、打撃陣では内外野をこなせるクリーンアップ候補でユーティリティ・プレイヤーのピレラ選手の獲得と、これらの選手が既存の戦力と噛み合えば2020年シーズンの展望もかなり明るいといえます。

戦力分析しても2019年シーズンのようなBクラスという結果は考えづらく、強力な優勝候補として恐いチームになることでしょう。

広島東洋カープの中継ぎ投手2020

クローザー
DJジョンソン、フランスア

中継ぎ
今村猛、中崎翔太、菊池保則、中村恭平、岡田明丈、一岡竜司、スコット

広島東洋カープの新戦力2020

DJジョンソン(投)※コロラド・ロッキーズから移籍
テイラー・スコット(投)※シアトル・マリナーズから移籍
ホセ・ピレラ(外・内)※フィラデルフィア・フィリーズから移籍
森下暢仁(投手)ドラフト1位
宇草孔基(外野手)ドラフト2位
鈴木寛人(投手)ドラフト3位
韮沢雄也(内野手)ドラフト4位
石原貴規(捕手)ドラフト5位
玉村昇悟(投手)ドラフト6位

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

プロ野球12球団2020の開幕スタメン&先発ローテーションの予想
こちらでは、プロ野球12球団2020の開幕スタメンと先発ローテーションの予想や開幕投手などについてまとめました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球が6月19日にいよいよ開幕!異例のシーズンに開幕スタメンなどはどうなる?

広島東洋カープの開幕スタメン&先発ローテーション2020~まとめ

今回は、広島東洋カープの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。

奇数打順の固定に時間がかかることは予想されますが、広島東洋カープの開幕スタメンと先発ローテーション2020はかなりの充実度です。

オフシーズンに戦力ダウンがなかったのは大きく、新戦力が期待通りの活躍を見せれば優勝争いに絡むのは間違いないと予想します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました