ヤクルトスワローズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想

2019年シーズンは屈辱の最下位に沈んだヤクルトスワローズですが、2020年シーズンは戦力を強化してAクラス復帰を狙います。

課題は防御率リーグワーストの投手力とはっきりしているだけに、先発ローテーションが安定するまで時間を要すると思いますが、ここをうまく克服すればおもしろい存在になると期待されます。

また、打撃陣では村上宗隆選手をはじめ、若手の成長が著しいだけに開幕スタメン・オーダーの組み方も悩ましいところです。

今回は、ヤクルトスワローズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズの開幕スタメン2020予想

ヤクルトスワローズの開幕スタメン・オーダーを予想するにあたって最大のテーマは、主砲のバレンティン選手の抜けた穴をどうするかです。

しかし、これは割とすんなりと解決しそうです。

2019年シーズンに一気に伸びてきた村上宗隆選手が4番に座り、2・3・5番は不動、6番には新戦力のエスコバーを起用します。

一方で1番は故障明けながらベテランで実績のある坂口智隆選手と迷いますが、期待を込めて塩見泰隆選手の起用を予想します。

全体的に実績あるベテラン以外は若手選手を優先した開幕スタメン・オーダーとなりましたが、うまくはまればかなり強力な打線になるのではないでしょうか。

ヤクルトスワローズの開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。

ヤクルトスワローズ開幕スタメン2020予想
1番 (左) 塩見泰隆(打率.182 1本 7打点)
2番 (中) 青木宣親(打率.297 16本 58打点)
3番 (二) 山田哲人(打率.271 35本 98打点)
4番 (一) 村上宗隆(打率.231 36本 96打点)
5番 (右) 雄平(打率.273 12本 56打点)
6番 (遊) エスコバー(-)
7番 (三) 廣岡大志(打率.203 10本 25打点)
8番 (捕) 中村悠平(打率.269 5本 36打点)
9番 (投) 石川雅規(8勝6敗 防御率3.84)

ヤクルトスワローズの開幕投手2020予想

ヤクルトスワローズの開幕投手は、石川雅規投手とすでに発表されています。

石川雅規投手の開幕投手は球団史上最年長(40歳)、3年ぶり9回目となります。

2019年シーズンの勝利数は8勝と開幕投手としては物足りない成績で他に適任者も見当たらないというのもありますが、何と言っても高津新監督の信頼の厚さが大きいといえます。

高津監督の期待を感じて一念発起、奮起してくれることでしょう。

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズの先発ローテーション2020予想

続いて、ヤクルトスワローズの先発ローテーション2020予想です。

ヤクルトスワローズの先発ローテーション2020は、石川雅規投手、小川泰弘投手、高橋奎二投手の3人の日本人投手とスアレス投手とイノーア投手などの外国人投手が加わったものになると予想されます。

2019年シーズンの成績自体は今一つでしたが、逆にこれ以上は悪くならないともいえます。

この先発ローテーションに控えているドラフト1位の奥川恭伸投手やクック投手など新戦力が割って入るようなことがあればヤクルトスワローズの先発ローテーションはさらに活性化することでしょう。

①石川雅規(8勝6敗 防御率3.84)→②小川泰弘(5勝12敗 防御率4.57)→③高橋奎二(4勝6敗 防御率5.76)→④スアレス(1勝1敗 防御率1.53) →⑤イノーア(ー)→⑥山田大樹(5勝4敗 防御率3.90)

その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補
高梨裕稔(5勝7敗 防御率6.23)
クック(ー)
奥川恭伸(ドラフト1位)
清水昇(0勝3敗 防御率7.27)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

奥川恭伸の身長体重などプロフィールまとめ!ストレート最速と球種も
こちらでは、ストレート最速や球種などヤクルトスワローズ奥川恭伸投手の身長体重などプロフィールをまとめました。星稜高校での活躍も記憶に新しい奥川恭伸投手ですが完成度が高くルーキー・イヤーからの活躍が期待されます。身長体重などプロフィールをチェック!

ヤクルトスワローズの2020年の戦力分析とシーズン展望

ヤクルトスワローズの2020年の最大の課題が投手力アップであることは上述した通りですが、シーズンオフの戦力補強もドラフト1位から4位までが投手、新外国人投手2人の獲得など投手中心の補強となっています。

しかし、実力は未知数であることからいずれも始まってみないとわからない部分も多いといえます。

先発ローテーションの他、中継ぎ~抑えも不安があり、特にクローザーが固定して勝ちパターンが確率されるまでは紆余曲折がありそうです。

変わって打撃陣ですが、バレンティン選手(打率.280 33本 93打点)の抜けた穴はやはり大きいといえますが、2019年シーズンにブレイクした村上宗隆選手や新戦力のエスコバー選手の活躍でどこまでカバーできるかが注目です。

村上宗隆選手の他にも塩見泰隆選手や廣岡大志など伸び盛りの若手選手が期待通りの活躍を見せてくれれば、ヤクルトスワローズにとって2020年シーズンはかなりやれそうなシーズンになるかもしれません。

ヤクルトスワローズの中継ぎ投手2020

クローザー
石山泰稚

中継ぎ
近藤一樹、マクガフ、梅野雄吾、五十嵐亮太、長谷川宙輝、坂本光士郎、大下佑馬

ヤクルトスワローズの新戦力2020

アルシデス・エスコバー(内野手)※カンザスシティ・ロイヤルズから移籍
ガブリエル・イノーア(投手)※ボルチモア・オリオールズから移籍
マット・クック(投手)※アリゾナ・ダイヤモンドバックスから移籍
長谷川宙輝(投手)※自由契約により福岡ソフトバンクホークスから移籍
嶋基宏(捕手)※自由契約により東北楽天ゴールデンイーグルスから移籍
奥川恭伸(投手)ドラフト1位
吉田大喜(投手)ドラフト2位
杉山晃基(投手)ドラフト3位
大西広樹(投手)ドラフト4位
長岡秀樹(内野手)ドラフト5位
武岡龍世(内野手)ドラフト6位

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

プロ野球12球団2020の開幕スタメン&先発ローテーションの予想
こちらでは、プロ野球12球団2020の開幕スタメンと先発ローテーションの予想や開幕投手などについてまとめました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球が6月19日にいよいよ開幕!異例のシーズンに開幕スタメンなどはどうなる?

ヤクルトスワローズの開幕スタメン&先発ローテーション2020~まとめ

今回は、ヤクルトスワローズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。

バレンティン選手の抜けた穴は大きいものの若手選手の台頭によりヤクルトスワローズの開幕スタメン・オーダーは、かなり充実したものになると予想します。

2019年シーズン最下位に沈んだヤクルトスワローズの課題は投手力とはっきりしているだけに、シーズンオフに補強した新戦力の活躍がチーム浮沈のカギとなりそうです。

先発ローテーションにドラフト1位の奥川恭伸投手が入るかどうかは大注目です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました