中日ドラゴンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想!

2019年シーズンは打率と守備率でリーグ1位、防御率もリーグ3位という好成績にもかかわらず、Bクラスの5位に終わった中日ドラゴンズですが、世代交代は確実に進行しています。

即戦力となる補強が少なかっただけに2020年シーズンの開幕スタメン・オーダー先発ローテーションの組み方には苦労しそうですが投打ともに柱になる選手が現れれば、Aクラスも夢ではありません。

今回は、中日ドラゴンズ開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの開幕スタメン2020予想

ホームラン数など長打力不足が課題の中日ドラゴンズですが、即戦力となる補強もなかったため2020年シーズンは全体的な打撃力の底上げが必須となります。

とはいえ開幕スタメン2020を予想してみると大きな穴もなく、若手選手が経験を積んで勝負強さが加われば、2019年シーズンを上回る得点力は十分あるといっていいでしょう。

長打力不足は解消されたとは言い難いですが、ドラフト1位の石川昂弥選手など若手選手の台頭を期待したいところです。

中日ドラゴンズの開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。

中日ドラゴンズ開幕スタメン2020予想
1番 (中) 大島洋平(打率.312 3本 45打点)
2番 (遊) 京田陽太(打率.249 3本 40打点)
3番 (左) 福田永翔(打率.287 18本 66打点)
4番 (一) ビシエド(打率.315 18本 93打点)
5番 (三) 高橋周平(打率.293 7本 59打点)
6番 (二) 阿部寿樹(打率.291 7本 59打点)
7番 (右) 平田良介(打率.278 8本 32打点)
8番 (捕) 加藤匠馬(打率.228 0本 13打点)
9番 (投) 大野雄大(9勝8敗 防御率2.58)

中日ドラゴンズの開幕投手2020予想

中日ドラゴンズの開幕投手は、大野雄大投手とすでに発表されています。

開幕投手候補としては他にチームでただひとり二桁勝利をあげた柳裕也投手も予想されましたが、長年の実績と防御率に勝る大野雄大投手が勝ち取っています。

期待に応え、2020年シーズンは二桁勝利を目指して頑張ってくれるでしょう。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの先発ローテーション2020予想

続いて、中日ドラゴンズの先発ローテーション2020予想です。

大野雄大投手と柳裕也投手を二本柱にした先発ローテーションになることは容易に予想できますが、問題はその後です。

チーム3番手の勝利数のロメロ投手の故障もあって、開幕からしばらくは苦しい先発ローテーションで回していくことになるでしょう。

逆に言えば、ドラフト3位の岡野祐一郎投手などにも登板のチャンスが回ってきたともいえるので、ブレイクする若手投手が現れる可能性も大きいといえます。

また、吉見一起投手や山井大介投手などのかつてのエース級投手にも同様にチャンスが広がったという見方もできます。

中日ドラゴンズの先発ローテーション2020は、大野雄大投手と柳裕也投手以外は若手・ベテラン入り混じっての先発ローテーション争いが展開されると予想します。

大野雄大(9勝8敗 防御率2.58)→②柳裕也(11勝7敗 防御率3.53)→③梅津晃大(4勝1敗 防御率2.34)→④小笠原慎之介(3勝1敗 防御率2.56)→⑤笠原祥太郎(3勝2敗 防御率5.71)→⑥岡野祐一郎(ドラフト3位)

その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補
山本拓実(3勝3敗 防御率2.98)
吉見一起(1勝1敗 防御率6.41)
山井大介(3勝5敗 防御率4.85)
ロメロ(8勝10敗 防御率4.26)

中日ドラゴンズの2020年の戦力分析とシーズン展望

上述したように中日ドラゴンズが2019年シーズンは打率と守備率でリーグ1位、防御率もリーグ3位という素晴らしいチーム成績を残しています。

にもかかわらず5位に終わった原因としてあげられるのが、リーグワーストのホームラン数と得点数、盗塁数です。

つまり塁には出ても返せないというパターンが多く見られ、これがチームの試合の流れさえも悪くしたと考えられます。

通常であれば、長打力不足を補う補強をするところですが、中日ドラゴンズは特に大きな即戦力となる長距離砲を獲得することもなく2020年シーズンも既存の戦力で戦うようです。

チームの世代交代に期待してのことなのかもしれませんが、若手選手の中から大きく頭角を現す選手が出てこないとなかなか苦しいかもしれません。

一方、投手陣はゴンザレス投手など外国人選手を獲得していますが、こちらも基本的には既存の戦力で戦う方針のようです。

どうやら2020年シーズンの中日ドラゴンズは、長期的視野に立って若手選手に経験を踏ませ育成する方向で考えています。

そういう意味ではチームの過渡期にあるといえますが、投打に柱となるような選手が育ってくれば台風の目になるかもしれません。

中日ドラゴンズの中継ぎ投手2020

クローザー
岡田俊哉、マルティネス

中継ぎ
藤嶋健人、福敬登、祖父江大輔、又吉克樹、鈴木博志、ゴンザレス、ロドリゲス

中日ドラゴンズの新戦力2020

ルイス・ゴンザレス(投手)※ボルチモア・オリオールズから移籍
ヤリエル・ロドリゲス(投手)※キューバリーグから移籍
モイゼス・シエラ(外野手)※メキシコリーグから移籍
石川昂弥(内野手)ドラフト1位
橋本侑樹(投手)ドラフト2位
岡野祐一郎(投手)ドラフト3位
郡司裕也(捕手)ドラフト4位
岡林勇希(投手)ドラフト5位
竹内龍臣(投手)ドラフト6位

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

プロ野球12球団2020の開幕スタメン&先発ローテーションの予想
こちらでは、プロ野球12球団2020の開幕スタメンと先発ローテーションの予想や開幕投手などについてまとめました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球が6月19日にいよいよ開幕!異例のシーズンに開幕スタメンなどはどうなる?

中日ドラゴンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020~まとめ

今回は、中日ドラゴンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。

投高打低のチーム事情は変わることがなさそうですが、即戦力に頼ることなく2020年シーズンも将来を見据えたチーム作りの年になりそうです。

世代交代が確実に進んでおり、経験を積んだ若手選手が伸びてくれば全体的なチーム力の底上げは確実でこれ以上悪くなることはないとも言えます。

中日ドラゴンズの2020年シーズンの開幕スタメン・オーダーと先発ローテーションともに伸び盛りの若手選手が中心になりますが、投打で柱になるような選手が育ってくればおもしろい存在になるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました