横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想

2019年シーズンは一時期は首位を奪いかけた横浜DeNAベイスターズですが、終盤に失速し惜しくも2位に終わりました。

シーズンオフには筒香嘉智選手のメジャー移籍があって開幕スタメン・オーダー2020も悩ましいですし、先発ローテーションの不安定さなど課題は尽きません。

はたして、2020年シーズンの横浜DeNAベイスターズの開幕スタメンと先発ローテーションは、どうなるでしょうか?

今回は、横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン2020予想

横浜DeNAベイスターズの2020年シーズンの開幕スタメン・オーダーを組むにあたっての最も大きな課題は、筒香嘉智選手のメジャー移籍によって空いた穴をいかに埋めるかということでしょう。

筒香嘉智選手の代役を期待して獲得したオースティン選手を起用するとなると、以下のような超攻撃的な開幕スタメン・オーダーとなることが予想されますが、オースティン選手ではなく梶谷隆幸選手の起用も考えられます。

4番は期待を込めて佐野恵太選手もあり得るところですが、安定してホームランの量産が期待できるソト選手が妥当なところでしょう。

筒香嘉智選手が抜けたとはいえ、中軸の長打力はやはり強力で1・2番の出塁率がよければ相変わらず得点力の非常に高い打線は健在です。

横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。

横浜DeNAベイスターズ開幕スタメン2020予想
1番 (中) 神里和穀(率.279 6本 35打点)
2番 (右) オースティン(-)
3番 (三) 宮崎敏郎(率.284 15本 49打点)
4番 (二) ソト(率.269 43本 108打点)
5番 (一) ロペス(率.241 31本 84打点)
6番 (左) 佐野恵太(率.295 5本 33打点)
7番 (捕) 伊藤光(率.254 8本 27打点)
8番 (遊) 大和(率.237 0本 37打点)
9番 (投) 今永昇太(13勝7敗 防御率2.91)

横浜DeNAベイスターズの開幕投手2020予想

横浜DeNAベイスターズの開幕投手は、今永昇太投手とすでに発表されています。

今永昇太投手は今や名実ともに横浜DeNAベイスターズの押しも押されぬエースとして君臨しています。

開幕投手はだれしもが認めるところですが、向上心旺盛でさらに上を目指しています。

2020年シーズンはさらなる飛躍が期待され、最多勝も狙って欲しいところです。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション2020予想

続いて、横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション2020予想です。

エース今永昇太投手の次には上茶谷大河が続くのは間違いないところですが、その後の先発ローテーションの組み方には苦労しそうです。

1年間を通して先発ローテーションを守れるかどうか不安定な印象は否めず、やや駒不足というか頼りなさが感じられます。

頭角を現す投手の出現や新戦力のピープルズ投手への期待が高まります。

①今永昇太(13勝7敗 防御率2.91)→②上茶谷大河(7勝6敗 防御率3.96)→③濱口遥大(6勝5敗 防御率3.17)→④平良拳太朗(5勝6敗 防御率4.11)→⑤井納翔一(4勝5敗 防御率4.76)→⑥ピープルズ(-)

その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補
石田健大(4勝1敗 防御率2.14)
大貫晋一(6勝5敗 防御率5.00)
東克樹(4勝2敗 防御率3.76)
櫻井周斗(0勝0敗 防御率4.86)
坂本裕哉(ドラフト2位)

横浜DeNAベイスターズの2020年の戦力分析とシーズン展望

横浜DeNAベイスターズの2020年の戦力を分析すると投打ともに大きな課題があります。

まず、投手陣で目につくのは先発ローテーションの駒不足と不安定さです。

中継ぎ~クローザーがしっかりしているだけに先発ローテーションがうまく回れば、投手陣は盤石の体制になるといえます。

新外国人のピープルズ投手を獲得していますが、既存の投手陣の底上げがないとシーズンを乗り切るのは厳しいかもしれません。

一方、打撃陣は何と言っても主砲の筒香嘉智選手のメジャー流出が大きく、代役としてオースティン選手を獲得していますが筒香嘉智選手の穴を埋めるほどの活躍ができるかどうかは微妙なところです。

個人的には、筒香嘉智選手の穴埋めは佐野恵太選手の伸びしろに期待しています。

このように横浜DeNAベイスターズの2020年シーズンの浮沈は先発ローテーションの安定と筒香嘉智選手の穴をいかに埋めるかにかかっており、ここがうまくいけば優勝も十分にあり得るでしょう。

横浜DeNAベイスターズの中継ぎ投手2020

クローザー
山﨑康晃

中継ぎ
エスコバー、パットン、三嶋一輝、国吉佑樹、石田健大、三上朋也、砂田毅樹、武藤祐太

横浜DeNAベイスターズの新戦力2020

マイケル・ピープルズ(投手)
タイラー・オースティン(内野手)
高城俊人(捕手)
森敬斗(内野手)ドラフト1位
坂本裕哉(投手)ドラフト2位
伊勢大夢(投手)ドラフト3位
東妻純平(捕手)ドラフト4位
田部隼人(内野手)ドラフト5位
蝦名達夫(外野手)ドラフト6位
浅田将汰(投手)ドラフト7位

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

プロ野球12球団2020の開幕スタメン&先発ローテーションの予想
こちらでは、プロ野球12球団2020の開幕スタメンと先発ローテーションの予想や開幕投手などについてまとめました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球が6月19日にいよいよ開幕!異例のシーズンに開幕スタメンなどはどうなる?

横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン&先発ローテーション2020~まとめ

今回は、横浜DeNAベイスターズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。

2020年シーズンの横浜DeNAベイスターズの課題は、メジャー移籍した筒香嘉智選手の穴埋めと先発ローテーションの安定です。

投打とも新外国人を獲得して補強はしていますが、未知数の部分が多く既存の戦力アップは不可欠でしょう。

起用できる外国人枠の問題もあり開幕スタメンの組み方も悩ましいですし、先発ローテーションも流動的となる可能性も高いと予想します。

となると、まとめ上げるラミレス監督の手腕もチームの浮沈をかなり大きく左右するのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました