巨人の開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想!戦力分析も

2019年シーズンは久々のリーグ優勝を果たしたものの日本シリーズでまさかの4連敗という惨敗を喫した巨人(読売ジャイアンツ)ですが、2020年シーズンも層の厚さはずば抜けています。

戦力に不安がないといえば噓になりますが、シーズンオフには得意の補強によって2020年シーズンも戦力は充実しています。

リーグ連覇、そして日本一奪還を目指す巨人(読売ジャイアンツ)の開幕スタメン先発ローテーションは、どうなるでしょうか?

今回は、巨人(読売ジャイアンツ)の開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

巨人の開幕スタメン2020予想

層が厚いがゆえに悩むのが、巨人(読売ジャイアンツ)のスタメン・オーダーです。

起用したい選手は他にもたくさんいますが、2019年シーズンとの大きな違いとしては5番に新戦力のパーラ選手、6番にオープン戦から好調で復活をかける中島宏之選手の起用を予想します。

故障から復帰の吉川尚輝選手は7番か1番で悩むところですが、まずは亀井義行選手の安定感を優先し、1・6・7番は調子を見てシーズン中は流動的になることも予想されます。

8番のキャッチャーも同様で、炭谷銀仁朗捕手と小林誠司捕手も正捕手の座を虎視眈々と狙っており、固定は難しいかもしれません。

しかし、2番から4番までは不動の強打者が並んでおり、1番の出塁と5番以降が目論見通り活躍すれば手の付けられない打線になりそうです。

巨人(読売ジャイアンツ)の開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。

巨人(読売ジャイアンツ)開幕スタメン2020予想
1番 (右) 亀井義行(打率.284 13本 55打点)
2番 (遊) 坂本勇人(打率.312 40本 94打点)
3番 (中) 丸佳浩(打率.292 27本 89打点)
4番 (三) 岡本和真(打率.265 31本 94打点)
5番 (左) パーラ(打率250 8本 42打点)※ワシントン・ナショナルズでの成績
6番 (一) 中島宏之(打率.148 1本 5打点)
7番 (二) 吉川尚輝(打率.390 0本 3打点)
8番 (捕) 大城卓三(打率.265 6本 30打点)
9番 (投) 菅野智之(11勝6敗 防御率3.89)

巨人の開幕投手2020予想

巨人(読売ジャイアンツ)の開幕投手は、菅野智之投手とすでに発表されています。

2019年シーズンの最多勝投手の山口俊投手(15勝4敗 防御率2.91)がメジャーリーグに移籍したことで、開幕投手は菅野智之投手以外には考えられないでしょう。

菅野智之投手は2018年から3年連続6回目の巨人(読売ジャイアンツ)の開幕投手となります。

2014~2016年までは開幕勝ち投手でしたが、2018・2019年は負け投手となっていますので、2020年は是が非でも勝ちたいところでしょう。

スポンサーリンク

巨人の先発ローテーション2020予想

続いて、巨人(読売ジャイアンツ)の先発ローテーション2020予想です。

山口俊投手がメジャー移籍で抜けた穴はサンチェス投手で埋めることになります。

しかし、駒は多いものの菅野智之投手とサンチェス投手以降にだれを起用するかが、難しいところです。

オープン戦などの調子を見ると3番手から6番手は以下のように予想しましたが、調子次第でシーズン中の入れ替えは必至となりそうです。

①菅野智之(11勝6敗 防御率3.89)→②サンチェス(17勝5敗 防御率2.62)③→戸郷翔征(1勝0敗 防御率2.08)→④田口麗斗(3勝3敗1セーブ 防御率4.13)→⑤鍬原拓也(0勝1敗 防御率4.74)→⑥メルセデス(8勝8敗 防御率3.52)

その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補
今村信貴(3勝2敗 防御率4.08)
高橋優貴(5勝7敗 防御率3.19)
宮國椋丞(0勝2敗 防御率3.94)
桜井俊貴(8勝6敗 防御率4.32)
畠世周(0勝1敗 防御率6.89)
古川侑利(1勝1敗 防御率7.20)
高田萌生(0勝0敗 防御率5.40)
大江竜聖(0勝0敗 防御率6.75)

巨人の2020年の戦力分析とシーズン展望

毎年層の厚さと戦力においては12球団トップを誇る巨人(読売ジャイアンツ)ですが、不安は投手陣で先発ローテーションから抑えまで未知数の部分が多いように見受けられます。

まず、チームの勝ち頭(15勝)の山口俊投手がメジャー移籍で抜けた穴には韓国で17勝のサンチェス投手で補強し、抑えにはホワイトソックスからビエイラ投手を獲得しています。

しかし、日本球界での実績はまだないので既存の投手陣から活躍する投手が出ないと勝ちパターンが築けず、案外、苦しいシーズンになる可能性もあります。

一方、打撃陣は2020年も健在で、ワシントン・ナショナルズからパーラ選手を獲得してさらにパワーアップしぞうな予感があります。

主力選手の極端な不振や故障者が出なければ、打撃陣は2020シーズンも大丈夫でしょう。

これらのことから、2020年シーズンの巨人(読売ジャイアンツ)は、投手陣が安定して勝ちパターンを築ければリーグ連覇の可能性はグッと高まるといえるでしょう。

巨人の中継ぎ投手2020

クローザー
デラロサ、ビエイラ

中継ぎ
中川皓太、澤村拓一、高木京介、大竹寛、鍵谷陽平、太田龍、戸根千明

巨人の新戦力2020

ヘラルド・パーラ(外野手)※ワシントン・ナショナルズから移籍
チアゴ・ビエイラ(投手)※シカゴ・ホワイトソックスから移籍
エンジェル・サンチェス(投手)※SKワイバーンズから移籍
堀田賢慎(投手)ドラフト1位
太田龍(投手)ドラフト2位
菊田拡和(内野手)ドラフト3位
井上温大(投手)ドラフト4位
山瀬慎之助(捕手)ドラフト5位
伊藤海斗(外野手)ドラフト6位

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

プロ野球12球団2020の開幕スタメン&先発ローテーションの予想
こちらでは、プロ野球12球団2020の開幕スタメンと先発ローテーションの予想や開幕投手などについてまとめました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球が6月19日にいよいよ開幕!異例のシーズンに開幕スタメンなどはどうなる?

巨人の開幕スタメン&先発ローテーション2020~まとめ

今回は、巨人(読売ジャイアンツ)の開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。

層の厚さでは12球団トップクラスの巨人(読売ジャイアンツ)ですが、山口俊投手のメジャー移籍や抑えなど投手陣に不安があります。

投打ともに駒が多いので開幕スタメン・オーダーも先発ローテーションも組むには困りませんが、勝ちパターンの確立が急務といえそうです。

戦力のでは抜きん出ているだけに、総合力でどこまでカバーできるのかもカギを握りそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました