全仏オープンテニスの男女シングルス歴代優勝者は?賞金とポイントも

1891年に「フランス選手権」として始まった全仏オープンテニスは、グランドスラムの大会の中で唯一のクレーコート(赤土)の大会で、毎年上位選手が苦しむ波乱の大会として知られています。

それだけにシングルスの歴代優勝者を見ると他のグランドスラムとは異なり、かなり偏った傾向が見られます。

今回は、全仏オープンテニスの男女シングルス歴代優勝者と賞金・ポイントなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

全仏オープンテニスの男女シングルス歴代優勝者

全仏オープンテニスはクレーコート(赤土)で開催されていることから、歴代優勝者は「クレーコート・スペシャリスト」と呼ばれたりします。

歴代優勝者を見ると、他のグランドスラムの大会に比較してアメリカ人選手の名前が少なくヨーロッパの選手が多い傾向があります。

特に男子のラファエル・ナダル選手(スペイン)の強さは異常とも思えるもので、もはや全仏オープンテニスはナダルの独壇場といっても過言ではありません。

明らかにクレーコート(赤土)で開催されることが、全仏オープンテニスを特徴づけているといえるでしょう。

では、全仏オープンテニスの男女シングルス歴代優勝者を見ていきましょう。

全仏オープンテニスの歴代優勝者~男子シングルス

2000年以降の男子シングルスの全仏オープンテニスの歴代優勝者は、ラファエル・ナダル(スペイン)の5連覇、4連覇、3連覇が光ります。

優勝回数12回と5連覇はともに全仏オープンテニスの最多記録です。

アメリカ人選手の名前がないのは不思議としか言いようがありません。

2000年以降の男子シングルスの全仏オープンテニスの歴代優勝者は、以下の通りです。

全仏オープンテニスの男子シングルスの歴代優勝者(2000年以降)
2020年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2019年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2018年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2017年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2016年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2015年 スタン・ワウリンカ(スイス)
2014年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2013年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2012年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2011年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2010年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2009年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2008年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2007年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2006年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2005年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2004年 ガストン・ガウディオ(アルゼンチン)
2003年 フアン・カルロス・フェレーロ(スペイン)
2002年 アルベルト・コスタ(スペイン)
2001年 グスタボ・クエルテン(ブラジル)
2000年 グスタボ・クエルテン(ブラジル)

スポンサーリンク

全仏オープンテニスの歴代優勝者~女子シングルス

2000年以降の女子シングルスの全仏オープンテニスの歴代優勝者を見ると、アメリカ人選手はセリーナ・ウィリアムズ選手とジェニファー・カプリアティ選手のわずかに2名です。

男子シングルスと比較するとより国際色豊かなのも特徴といえるでしょう。

2000年以降の女子シングルスの全仏オープンテニスの歴代優勝者は、以下の通りです。

全仏オープンテニスの女子シングルスの歴代優勝者(2000年以降)
2020年 イガ・シュバンタック(ポーランド)
2019年 アシュリー・バーティ(オーストラリア)
2018年 シモナ・ハレプ(ルーマニア)
2017年 エレナ・オスタペンコ(ラトビア)
2016年 ガルビネ・ムグルサ(スペイン)
2015年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2014年 マリア・シャラポワ(ロシア)
2013年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2012年 マリア・シャラポワ(ロシア)
2011年 李娜(中国)
2010年 フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)
2009年 スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)
2008年 アナ・イバノビッチ(セルビア)
2007年 ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)
2006年 ジュスティーヌ・エナン=アーデン(ベルギー)
2005年 ジュスティーヌ・エナン=アーデン(ベルギー)
2004年 アナスタシア・ミスキナ(ロシア)
2003年 ジュスティーヌ・エナン=アーデン(ベルギー)
2002年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2001年 ジェニファー・カプリアティ(アメリカ)
2000年 マリー・ピエルス(フランス)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

テニスのグランドスラム達成者と優勝回数ランキングを男子女子別で!
こちらでは、テニスのグランドスラム達成者と優勝回数ランキングを男子女子別でシングルスに限定してまとめました。テニスの4大大会すべてで優勝することをグランドスラムを達成するといいますが非常に達成困難な記録です。歴史上わずかしかいない達成者は?

全仏オープンテニスの賞金

全仏オープンテニスの賞金額がどれくらいのものなのか、他のグランドスラムの大会と比較してみましょう。

全仏オープンテニスの優勝賞金は、2019年現在、グランドスラムの大会の中では最も低い賞金額ですがそれでも日本円で約2億8,000万円という高額賞金となっています。

全仏オープンテニスのシングルスの優勝賞金を他のグランドスラムの大会と比較すると、以下のようになります。

テニスグランドスラム2019年男女シングルス優勝賞金
全豪オープン:410万豪ドル(約3億2,000万円)
全仏オープン:230万ユーロ(約2億8,000万円)
全英オープン:235万ポンド(約3億2,000万円)
全米オープン:358万ドル(約4億1,000万円)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

テニスのグランドスラムの賞金額とポイントを男女別で?最高額は?
こちらでは、テニスのグランドスラムの賞金額とポイントはどうなっているのか、男女で最も高額なのはどの大会なのかをまとめました。テニスの4大大会といわれるグランドスラムですが賞金額の高いことでも知られています。優勝賞金・賞金総額に分けて徹底比較!

全仏オープンテニスの賞金総額と優勝賞金

全仏オープンテニスの賞金は2007年から男女同額となり、2019年まで賞金総額は毎年10%前後、優勝賞金も10万~20万ユーロの増額を続けています。

全仏オープンテニスのここ数年の賞金総額と優勝賞金は、以下の通りです。

2019年 42,661,000ユーロ(230万ユーロ)
2018年 39,197,000ユーロ(220万ユーロ)
2017年 36,000,000ユーロ(210万ユーロ)
2016年 32,017,500ユーロ(200万ユーロ)
2015年 28,028,600ユーロ(180万ユーロ)
2014年 25,018,900ユーロ(165万ユーロ)
※カッコ内は、男女シングルスの優勝賞金です。

全仏オープンテニスの賞金配分

続いて、全仏オープンテニスの賞金配分を見ていきましょう。

1回戦敗退でも4万6,000ユーロ(約565万円)の賞金を獲得できます。

賞金配分の傾向としては、他のグランドスラムの大会と同様です。

全仏オープンテニスの賞金配分は、以下の通りです。

優勝:230万ユーロ(約2億8,200万円)
準優勝:118万ユーロ(約1億4,500万円)
ベスト4:59万ユーロ(約7,250万円)
ベスト8:41万5,000ユーロ(約5,100万円)
ベスト16:24万3,000ユーロ(約2,980万円)
3回戦:14万3,000ユーロ(約1,757万円)
2回戦:8万7,000ユーロ(約1,070万円)
1回戦:4万6,000ユーロ(約565万円)

※2019年の男女シングルスの賞金配分です。

全仏オープンテニスのポイント

最後に、全仏オープンテニスのポイントです。

賞金額は男女ともに同額でしたが、ポイントは準優勝以下が少々異なり女子のほうがやや高い設定となっています。

このあたりは全米オープンテニスと同じ設定です。

全仏オープンテニスのポイントは、下記のようになっています。

優勝:2000(男子)・2000(女子)
準優勝:1200(男子)・1300(女子)
ベスト4:720(男子)・780(女子)
ベスト8:360(男子)・430(女子)
ベスト16:180(男子)・240(女子)
3回戦:90(男子)・130(女子)
2回戦:45(男子)・70(女子)
1回戦:10(男子)・10(女子)

※2019年の男女シングルスのポイント配分です。

全仏オープンテニスの男女シングルス歴代優勝者~まとめ

今回は、全仏オープンテニスの男女シングルス歴代優勝者と賞金・ポイントなどについて見てきました。

全仏オープンテニスの男女シングルス歴代優勝者は、クレーコート(赤土)のためか偏りが見られ、歴代優勝者は「クレーコート・スペシャリスト」と呼ばれたりしてします。

ラファエル・ナダル選手(スペイン)の圧倒的な強さに象徴されるようにヨーロッパの選手が強さを発揮している大会です。

賞金はグランドスラムの大会の中では最も低いですが、毎年増額しており、ポイントは他のグランドスラムと同様です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました