全米オープンテニスの賞金とポイントは?歴代優勝者を男子女子別で!

破格の賞金額を誇る全米オープンテニスですが、いったいいくらぐらいの賞金なのでしょうか?

近年の推移や他の四大大会と比較してみると、そこには驚きべきものがありました。

四大大会ですからポイントも高い設定で、歴代優勝者も各時代のトップばかりが名を連ねています。

今回は、全米オープンテニスの賞金とポイント、さらに男子女子別の歴代優勝者などを見ていきます。

スポンサーリンク

全米オープンテニスの賞金

全米オープンテニスは1881年にアマチュアの大会として第1回が開催されて以来、軽く100年を超える歴史を誇り、現在では四大大会のひとつでテニス史上最高賞金額の大会でもあります。

また、賞金だけでなく観客動員数もトップで、名実ともに世界のトップともいえる大会になっています。

全米オープンテニスでは男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルス・車いすの種目が開催されていますが、この中で賞金額が群を抜いて高額なのが男女シングルスです。

ちなみに全米オープンテニスの賞金総額の約87%を男女シングルスが占めていることから、テニスではいかにシングルスが人気が高いのかがわかります。

それにしてもかなりの偏りですね。

下記のように四大大会の優勝賞金比較してみても全米オープンは他の3大会より突出しており、さらに毎年のように増額されているのですから驚くほかありません。

2019年男女シングルス優勝賞金
全豪オープン:410万豪ドル(約3億2,000万円)
全仏オープン:230万ユーロ(約2億8,000万円)
全英オープン:235万ポンド(約3億2,000万円)
全米オープン:385万ドル(約4億1,000万円)

全米オープンテニスの賞金総額と優勝賞金

2019年の全米オープンテニスの賞金総額は、四大大会で史上最高額の5,700万ドル(約61億円)、男女シングルスの優勝賞金は385万ドル(約4億1,000万円)です。

以下は全米オープンテニスの賞金総額と男女シングルスの優勝賞金額の推移ですが、毎年増額し続けています。

2020年 5,340万ドル(300万ドル)
2019年 5,700万ドル(385万ドル)

2018年 5,300万ドル(380万ドル)
2017年 5,040万ドル(370万ドル)
2016年 4,630万ドル(350万ドル)
2015年 4,230万ドル(330万ドル)
2014年 3,830万ドル(300万ドル)
※カッコ内は、男女シングルスの優勝賞金です。

賞金額の高さもさることながら、増加額も凄いですね。

毎年300~400万ドルと数億円単位でアップし続けているのですから、選手にとっては間違いなくモチベーションのアップにつながります。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

テニスのグランドスラムの賞金額とポイントを男女別で?最高額は?
こちらでは、テニスのグランドスラムの賞金額とポイントはどうなっているのか、男女で最も高額なのはどの大会なのかをまとめました。テニスの4大大会といわれるグランドスラムですが賞金額の高いことでも知られています。優勝賞金・賞金総額に分けて徹底比較!

全米オープンテニスの賞金配分

では、全米オープンテニスの賞金配分はどうでしょうか。

優勝賞金が凄いですから、順位が下でも高額なのは予想できますが、改めて見るとやはり破格の賞金ですね。

ベスト8で約5,000万円、2回戦でも約1,000万円ですか。

出るだけでも大変といえば大変ですから、それに応じていくということなのでしょう。

優勝:385万ドル(約4億1,000万円)
準優勝:190万ドル(約2億円)
ベスト4:96万ドル(約1億円)
ベスト8:50万ドル(約5,300万円)
ベスト16:28万ドル(約3,000万円)
3回戦:16万3,000ドル(約1,700万円)
2回戦:10万ドル(約1,000万円)
1回戦:5万8,000ドル(約620万円)

※2019年の男女シングルスの賞金配分です。

スポンサーリンク

全米オープンテニスのポイント

続いて、全米オープンテニスのポイントです。

賞金額は男女ともに同額でしたが、ポイントは少々異なります。

四大大会で高いポイントに設定されている点では一致していますが、優勝は同じポイントを獲得できるものの以下は違って女子のほうがやや高い設定で、下記のようになっています。

優勝:2000(男子)・2000(女子)
準優勝:1200(男子)・1300(女子)
ベスト4:720(男子)・780(女子)
ベスト8:360(男子)・430(女子)
ベスト16:180(男子)・240(女子)
3回戦:90(男子)・130(女子)
2回戦:45(男子)・70(女子)
1回戦:10(男子)・10(女子)

※2019年の男女シングルスのポイント配分です。

全米オープンテニスの歴代優勝者(2000年以降のシングルス)

では最後になりましたが、2000年以降の全米オープンテニスの歴代優勝者(シングルス)を男女別に見ていきましょう。

男女通じて日本人の優勝は、2018年の大坂なおみ選手のみで、男子では2018年に錦織圭選手が決勝まで進出しています。

ここ数年は男女ともに連覇が少なくなってきているようです。

全米オープンテニスの歴代優勝者~男子

2020年 ドミニク・ティーム(オーストリア)
2019年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2018年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2017年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2016年 スタン・ワウリンカ(スイス)
2015年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2014年 マリン・チリッチ(クロアチア)
2013年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2012年 アンディ・マレー(イギリス)
2011年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2010年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2009年 フアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)
2008年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2007年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2006年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2005年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2004年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2003年 アンディ・ロディック(アメリカ)
2002年 ピート・サンプラス(アメリカ)
2001年 レイトン・ヒューイット(オーストラリア)
2000年 マラト・サフィン(ロシア)

全米オープンテニスの歴代優勝者~女子

2020年 大坂なおみ(日本)
2019年 ビアンカ・アンドレースク(カナダ)
2018年 大坂なおみ(日本)
2017年 スローン・スティーブンス(アメリカ)
2016年 アンゲリク・ケルバー(ドイツ)
2015年 フラビア・ペンネッタ(イタリア)
2014年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2013年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2012年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2011年 サマンサ・ストーサー(オーストラリア)
2010年 キム・クライシュテルス(ベルギー)
2009年 キム・クライシュテルス(ベルギー)
2008年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2007年 ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)
2006年 マリア・シャラポワ(ロシア)
2005年 キム・クライシュテルス(ベルギー)
2004年 スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)
2003年 ジュスティーヌ・エナン=アーデン(ベルギー)
2002年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2001年 ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)
2000年 ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

テニスのグランドスラム達成者と優勝回数ランキングを男子女子別で!
こちらでは、テニスのグランドスラム達成者と優勝回数ランキングを男子女子別でシングルスに限定してまとめました。テニスの4大大会すべてで優勝することをグランドスラムを達成するといいますが非常に達成困難な記録です。歴史上わずかしかいない達成者は?

全米オープンテニスの賞金とポイント~まとめ

今回は、全米オープンテニスの賞金とポイント、さらに男子女子別の歴代優勝者などを見てきました。

全米オープンテニスの賞金は、賞金総額5,700万ドル(約61億円)、男女シングルスの優勝賞金は385万ドル(約4億1,000万円)で2019年現在、史上最高額となっています。

また、ポイントは四大大会ということで高いポイントに設定されていますが、男女でやや異なります。

いずれにしても全米オープンテニス桁外れの賞金額の大会として、まさにアメリカンドリームと呼ぶにふさわしい大会だといえます。

今後もさらなる賞金アップが予想され、さらに規模の大きな大会になることでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました