千葉ロッテの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想

2019年シーズンは69勝70敗4分けと5割にわずか1勝届かずに終わった千葉ロッテマリーンズですが、若手選手の伸びが期待通りならかなりの結果が期待できそうです。

また、2019年ドラフトでは”令和の怪物”こと佐々木郎希投手も獲得しており、勢いに乗ればリーグ優勝も狙えるおもしろいチームに変貌しそうな雰囲気があります。

そんな千葉ロッテマリーンズの2020年の開幕スタメン先発ローテーションはどうなるのでしょうか?

今回は、千葉ロッテマリーンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

千葉ロッテの開幕スタメン2020予想

千葉ロッテマリーンズは2019年シーズンから大きな戦力ダウンもなく、逆にシーズンオフには着実に補強できたといえるでしょう。

最も目立ったところでは鈴木大地選手が東北楽天ゴールデンイーグルスにFA移籍してしまい、抜けた穴をどうするかが注目されましたがFAで福岡ソフトバンクホークスから福田秀平外野手を獲得しています。

スタメン・オーダーは2019年シーズンと大きく異なるということはありませんが、戦力は確実にアップしており昨シーズン以上の躍進が期待されるスタメン・オーダーとなっています。

千葉ロッテマリーンズの開幕スタメン2020予想は、以下の通りです。

千葉ロッテマリーンズ開幕スタメン2020予想
1番 (中) 荻野貴司(率.315 10本 46打点)
2番 (左) 福田秀平(率.259 9本 26打点)
3番 (二) 中村奨吾(率.232 17本 59打点)
4番 (一) 井上晴哉(率.252 24本 65打点)
5番 (指) 角中勝也(率.252 8本 48打点)
6番 (三) レアード(率.248 32本 89打点)
7番 (右) マーティン(率.232 14本 39打点)
8番 (捕) 田村龍弘(率.243 3本 31打点)
9番 (遊) 藤岡裕大(率.264 2本 21打点)

千葉ロッテの開幕投手2020予想

千葉ロッテマリーンズの開幕投手は、美馬学投手とすでに発表されています。

2019年シーズンの千葉ロッテマリーンズの投手陣の成績を見てみると、二ケタ勝利を挙げた投手はなく最多が石川歩投手と種市篤暉投手の8勝です。

開幕投手に決まった美馬学投手も同じく8勝ですが、実績と安定感から開幕投手に抜擢されたものと推測します。

追記:美馬学投手がコンディション不良のため、千葉ロッテマリーンズの開幕投手は、石川歩投手に変更となりました。

スポンサーリンク

千葉ロッテの先発ローテーション2020予想

続いて、千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション2020予想です。

上述したように千葉ロッテマリーンズには2019年シーズンに二ケタ勝利を挙げた投手はなく、絶対的なエースがいないのは痛いところです。

また、ドラフト1位で獲得した佐々木郎希投手もいくら”令和の怪物”とはいえ、プロ1年目で未知数で期待は大きいものの先発ローテーションで考えるにはまだ時期尚早といえるでしょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

佐々木朗希の成績予想2020!ロッテ一軍初登板はいつになる?
こちらでは、佐々木朗希投手の成績予想2020とロッテ一軍初登板はいつになるのかについてまとめました。たとえ高卒ドラフト1位投手といえどもルーキー・イヤーからの活躍はたやすいことではありません。過去の高卒ドラフト1位投手と比較して成績を予想!

したがって、2019年シーズンの成績や過去の実績から考えると、千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション2020は以下のようになると予想します。

美馬学(8勝5敗 防御率4.01)→ ②石川歩(8勝5敗 防御率3.64)→ ③種市篤暉(8勝2敗 防御率3.24)→ ④西野勇士(2勝3敗2セーブ 防御率2.96)→ ⑤二木康太(7勝10敗 防御率4.41)→⑥岩下大輝(5勝3敗 防御率3.64)、小島和哉(3勝5敗 防御率 4.31)

その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補
佐々木千隼(2勝1敗 防御率 2.53)
有吉優樹(0勝2敗 防御率 13.5)
佐々木郎希(ドラフト1位)

千葉ロッテの2020年の戦力分析とシーズン展望

千葉ロッテマリーンズの戦力分析をまず投手陣から見ていきたいと思います。

投手陣に決め手となるような絶対的なエースはいませんが、シーズン通して先発ローテーションを守れる美馬学投手を獲得できたのは大きく、これにもう1枚二桁勝てる投手が出てくればかなりの脅威となるのではないでしょうか。

しかし、層が厚いとはいえず故障者が出た場合にはやはり不安は残ります。

一方、攻撃陣はレギュラー陣の移籍も少なくチーム力は確実に底上げしているとは思いますが、2019年以上の成績を残すならば、なお一層の奮起が期待されます。

特に3番の中村奨吾選手、5番の角中勝也選手、7番のマーティン選手あたりの活躍がチーム浮沈のカギを握っているように思います。

伸びてきた若手選手たちが勢いに乗ればパ・リーグの台風の目になる可能性を秘めているといってもいいでしょう。

千葉ロッテの中継ぎ投手2020

クローザー
益田直也

中継ぎ
唐川侑己、東條大樹、東條勇輔、内竜也、松永昂大、ハーマン、ジャクソン

千葉ロッテの新戦力2020

美馬学(投手)(8勝5敗 防御率4.01)※FAで東北楽天ゴールデンイーグルスから移籍
福田秀平(外野手)※FAで福岡ソフトバンクホークスから移籍
小野郁(投手)※FA人的補償で東北楽天ゴールデンイーグルスから移籍
西巻賢二(内野手)※自由契約により東北楽天ゴールデンイーグルスから移籍
フランク・ハーマン(投手)※自由契約により東北楽天ゴールデンイーグルスから移籍
ジェイ・ジャクソン(投手)※ブルワーズから移籍
エドゥアルド・サントス(投手)※リセイ・タイガースから移籍
ホセ・フローレス(投手)※富山GRNサンダーバーズから移籍
ホセ・アコスタ(投手)※ドミニカ共和国空軍から移籍
佐々木郎希(投手)ドラフト1位
佐藤都志也(捕手)ドラフト2位
高部瑛斗(外野手)ドラフト3位
横山陸人(投手)ドラフト4位
福田光輝(内野手)ドラフト5位

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

プロ野球12球団2020の開幕スタメン&先発ローテーションの予想
こちらでは、プロ野球12球団2020の開幕スタメンと先発ローテーションの予想や開幕投手などについてまとめました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球が6月19日にいよいよ開幕!異例のシーズンに開幕スタメンなどはどうなる?

千葉ロッテの開幕スタメン&先発ローテーション2020~まとめ

今回は、千葉ロッテマリーンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。

千葉ロッテマリーンズの2020年シーズンは、投手陣の安定と若手選手の飛躍がチーム浮沈のカギで、勢いに乗ればおもしろい存在になるでしょう。

層は必ずしも厚いとはいえないので故障者を出さないというのも大きなポイントといえそうですが、”令和の怪物”こと佐々木郎希投手の活躍にも注目したいところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました