ソフトバンクの開幕スタメン&先発ローテーション2021を予想

スポンサーリンク

ソフトバンクホークスは、走攻守に充実した戦力で2020年シーズンは4年連続日本一と3年ぶりのリーグ優勝を果たしました。

2021年シーズンのソフトバンクホークスは、既存の戦力にプラスして若手の成長もあり、これ以上はないと思えるほどの充実した戦力で開幕を迎えます。

さらにパワーアップしたソフトバンクホークスは、2021年シーズンはどんな開幕スタメン先発ローテーションを組んでくるでしょうか?

今回は、ソフトバンクホークスの開幕スタメン&先発ローテーション2021を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

ソフトバンクの開幕スタメン2021予想

2021年シーズンのソフトバンクホークスは超強力なスタメン・オーダーが実現します。

まず、1番に俊足の周東佑京を固定し、2番には故障から復帰の今宮健太選手、そしてクリーンアップに柳田悠岐選手、グラシアル選手、デスパイネ選手が超強力、6番と7番は打順を迷いますが勝負強い中村晃選手と成長著しい栗原陵矢を置きます。

8番はベテランの松田宣浩選手、9番には甲斐拓也捕手で上位に戻るというスタメン・オーダーを予想します。

2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響でキューバ選手が入国できないという異例の事態となりましたが、グラシアル選手とデスパイネ選手はすでに来日済みで心配ありません。

本来のスタメン・オーダーで2021年シーズン開幕を迎えられそうで、超強力なスタメン・オーダーが実現することになります。

ソフトバンクホークスの開幕スタメン2021予想は、以下の通りです。

ソフトバンクホークス開幕スタメン2021予想
1番 (二) 周東佑京(率.270 1本 6打点)
2番 (遊) 今宮健太(率.268 6本 22打点)
3番 (中) 柳田悠岐(率.342 29本 86打点)
4番 (左) グラシアル(率.277 10本 35打点)
5番 (指) デスパイネ(率.224 6本 12打点)
6番 (一) 中村晃(率.271 6本 50打点)
7番 (右) 栗原陵矢(率.243 17本 73打点)
8番 (三) 松田宣浩(率.228 13本 46打点)
9番 (捕) 甲斐拓也(率.211 11本 33打点)

ソフトバンクの開幕投手2021予想

ソフトバンクホークスの開幕投手2021は、石川柊太投手とすでに発表されています。

2020年シーズンにともに最多勝の千賀滉大投手か石川柊太投手か、どちらになるかと思われましたが、千賀滉大投手がリハビリ中で出遅れているため石川柊太投手に決まりました。

石川柊太投手は最多勝とともに勝率第1位(.786)でもあり、だれしもが納得の開幕投手となります。

開幕戦の相手は千葉ロッテマリーンズで、ソフトバンク・キラーの二木投手との投げ合いになります。

ともに初の開幕投手という大役を担い、おもしろい開幕戦になりそうです。

スポンサーリンク

ソフトバンクの先発ローテーション2021予想

続いて、ソフトバンクホークスの先発ローテーション2021予想です。

2021年シーズンはマット・ムーア投手とバンデンハーク投手が退団しましたが、その穴を新外国人で埋めます。

しかし、千賀滉大投手と石川柊太投手の最多勝11勝コンビの他にも東浜巨投手が9勝、和田毅投手が8勝と4本柱が充実しています。

さらに2019年シーズン12勝の高橋礼投手の先発転向、武田翔太投手の右ひじ手術からの復帰、笠谷俊介投手や二保旭投手など、層の厚さは12球団トップクラスです。

やってみなければわからない未知数の部分は少なく、多少の計算違いも層の厚さでカバーしていけることでしょう。

先発ローテーションに入っていない投手も有力で、虎視眈々とローテーション入りを狙います。

ソフトバンクホークスの先発ローテーション2021予想は、以下の通りです。

①石川柊太(11勝3敗 防御率2.42)→ ②東浜巨(9勝2敗 防御率2.34)→ ③高橋礼(4勝2敗 防御率2.65)→ ④千賀滉大(11勝6敗 防御率2.16)→ ⑤和田穀(8勝1敗 防御率2.94)→ ⑥二保旭(4勝5敗 防御率4.92)

その他、ローテーションの谷間や故障者が出た場合の候補
笠谷俊介(4勝4敗 防御率2.84)
武田翔太(2勝2敗 防御率6.48)
コリン・レイ投手(カブス)
ニック・マルティネス投手(日本ハム)

ソフトバンクの2021年の戦力分析とシーズン展望

パ・リーグ随一を誇る戦力は2021年シーズンも健在で、補強も控えめな印象があります。

既存の戦力で十分という判断ですが、新戦力は新外国人はすべて投手でこちらは即戦力中心、逆にドラフトは上位指名選手ほど高校生が多く将来を見据えた補強といえるでしょう。

故障者続出と新型コロナウイルスの影響からキューバ選手が来日できなかった昨シーズンと比較して、若手選手の成長とともに盤石の体制といっていいでしょう。

そんな中、怖いのは故障ですが、これだけの層の厚さなら多少の故障者の穴はかなり埋められそうです。

また、育成にも力を入れているソフトバンクホークスですから新たに頭角を現す若手選手が出現するかどうかも注目です。

そういう意味では開幕から戦力が整っている2021年のソフトバンクホークスは、2021年シーズンも優勝候補ナンバーワンで昨シーズンのような独走も十分にあり得るでしょう。

ソフトバンクホークスの中継ぎ投手2021

クローザー
森唯斗

中継ぎ
リバン・モイネロ、嘉弥真新也、泉圭輔、松本裕樹、岩嵜翔、津森宥紀、杉山一樹

ソフトバンクの新戦力2021

新外国人
コリン・レイ投手(カブス)
ニック・マルティネス投手(日本ハム)
アンディ・ロドリゲス投手(キューバ・育成契約)

ドラフト
1位:井上朋也内野手(花咲徳栄高)
2位:笹川吉康外野手(横浜商高)
3位:牧原巧汰捕手(日大藤沢高)
4位:川原田純平内野手(青森山田高)
5位:田上奏大投手(履正社高)
育成1位:佐藤宏樹投手(慶応義塾大)
育成2位:中道佑哉投手(八戸学院大)
育成3位:桑原秀侍投手(神村学園高)
育成4位:早真之介外野手(京都国際高)
育成5位:緒方理貢内野手(駒澤大)
育成6位:居谷匠真捕手(明豊高)
育成7位:大城真乃投手(宜野座高)
育成8位:中村亮太投手(東京農業大北海道オホーツク)

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

プロ野球12球団の開幕スタメン&先発ローテーション2021の予想
こちらでは、プロ野球12球団2020の開幕スタメンと先発ローテーションの予想や開幕投手などについてまとめました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球が6月19日にいよいよ開幕!異例のシーズンに開幕スタメンなどはどうなる?

ソフトバンクの開幕スタメン&先発ローテーション2021~まとめ

今回は、ソフトバンクホークスの開幕スタメン&先発ローテーション2021を予想してみました。

ソフトバンクホークスの戦力は、パ・リーグでもトップクラスの強力なもので、既存の戦力に若手の成長が加わって盤石の体制です。

開幕スタメンと先発ローテーションは層の厚い戦力を活かしたもので、2021年シーズンは開幕から強いソフトバンクホークスの野球が見られそうです。

多少の故障者が出たとしても層の厚さでカバーして、昨シーズンのような独走も十分にあり得るでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました