メジャーリーグ日本人の年間最多勝利数は?歴代通算もランキングでまとめ!

スポンサーリンク

これまでメジャーリーグに挑戦した日本人選手は1964年の村上雅則投手から始まってかなりの数になりますが、どちらかというと野手よりも投手の活躍が目立つように思います。

そんな中でメジャーリーグ日本人投手の年間最多勝利数は何勝だったのか、また、歴代通算最多勝利数も気になります。

年間20勝をあげた日本人投手はいるのか、最も勝利数の多い日本人投手はだれなのでしょうか?

今回は、メジャーリーグ日本人投手の年間最多勝利数と歴代通算最多勝利数をランキングで見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

メジャーリーグ日本人の年間最多勝利数は?

メジャーリーグ日本人投手の年間最多勝利数は2008年の松坂大輔投手(レッドソックス)の18勝です。

年間20勝をあげた日本人投手はまだ現れていません。

以下、これまでメジャーリーグで二桁勝利をあげた日本人投手は多くいますが、15勝以上をあげた日本人投手は松坂投手を含めて7名しかいません。

2021年には新型コロナウイルスの影響で60試合と試合数が少なかったものの、ダルビッシュ有投手(カブス)がナ・リーグ単独トップの8勝をあげ日本人投手初の最多勝のタイトルを獲得しました。

ダルビッシュ投手の8勝は少ないようですが、メジャーリーグのレギュラーシーズンの試合数が通常は162試合であることを考えると、松坂投手の18勝を更新する可能性は十分にありました。

また、ランキングを見て光るのが野茂英雄投手と田中将大投手で、野茂英雄投手は16勝3回をはじめメジャーリーグ12年で7回、田中将大投手はメジャーリーグ7年で6回二桁勝利をあげています。

2020年が60試合だったことを考えると田中将大投手はほぼ毎年、二桁勝利という安定感です。

メジャーリーグ日本人投手の年間最多勝利数ランキングは、以下の通りです。

メジャーリーグ日本人投手の年間最多勝利数ランキング
1位:18勝
松坂大輔(レッドソックス)2008年

2位:16勝
野茂英雄(ドジャース)1996・2002・2003年
前田健太(ドジャース)2016年
ダルビッシュ有(レンジャーズ)2012年
黒田博樹(ヤンキース)2012年
岩隈久志(マリナーズ)2016年

3位:15勝
岩隈久志(マリナーズ)2014年
松坂大輔(レッドソックス)2007年

4位:14勝
野茂英雄(ドジャース)1997年
岩隈久志(マリナーズ)2013年
田中将大(ヤンキース)2016年

5位:13勝
野茂英雄(ドジャース)1995年
野茂英雄(レッドソックス)2001年
大家友和(エクスポズ)2002年
伊良部秀輝(ヤンキース)1998年
ダルビッシュ有(レンジャーズ)2013年
田中将大(ヤンキース)2014・2017年
前田健太(ドジャース)2017年

6位:12勝
野茂英雄(ブリュワーズ)1999年
吉井理人(メッツ)1999年
田中将大(ヤンキース)2015・2018年

7位:11勝
伊良部秀輝(ヤンキース)1999年
大家友和(ナショナルズ・ブリュワーズ)2005年
田中将大(ヤンキース)2019年

8位:10勝
長谷川滋利(エンゼルス)2000年
石井一久(ドジャース)2002年
大家友和(エクスポズ)2003年
高橋尚成(メッツ)2010年
ダルビッシュ有(レンジャーズ)2014年
ダルビッシュ有(レンジャーズ・ドジャース)2017年
前田健太(ドジャース)2019年

スポンサーリンク

メジャーリーグ日本人の歴代通算最多勝利数ランキング

年間最多勝利数に続いて、メジャーリーグ日本人投手の歴代通算勝利数ランキングを見ていきましょう。

歴代通算勝利数トップは野茂英雄投手の123勝で、メジャーリーグ日本人投手唯一の100勝超えです。

年間勝利数においても安定して二桁勝利をあげていましたから、納得の結果といえるでしょう。

通算50勝以上あげた日本人投手は8名と以外に少なく、ランクインしている日本人投手の中でメジャーリーグ現役選手が2名しかいません。

メジャーリーグ日本人投手の歴代通算勝利数ランキングは、以下の通りです。

メジャーリーグ日本人投手の歴代通算勝利数ランキング
1位:123勝
野茂英雄(1995~2005・2008年)

2位:79勝
黒田博樹(2008~2014年)

3位:78勝
田中将大(2014~2020年)

4位:71勝
ダルビッシュ有(2012年~)※メジャーリーグ現役

5位:63勝
岩隈久志(2012~2017年)

6位:56勝
松坂大輔(2007~2014年)

7位:53勝
前田健太(2016年~)※メジャーリーグ現役

8位:51勝
大家友和(1999~2007・2009年)

9位:45勝
長谷川滋利(1997~2005年)

10位:39勝
石井一久(2002~2005年)

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

メジャーリーグ日本人のホームラン最多記録は?通算本数をランキングで!
こちらでは、メジャーリーグ日本人のホームラン最多本数は何本でだれが打ったのか、また通算本数記録をランキングでまとめました。日本人のスラッガーがメジャーリーグでプレーしてきましたが、ホームランを何本打ったか、最多本数は何本なのでしょうか?

メジャーリーグ日本人投手の最多勝利ランキング~まとめ

今回は、メジャーリーグ日本人投手の年間最多勝利数と歴代通算最多勝利数をランキングで見てきました。

メジャーリーグ日本人投手の年間最多勝利数は2008年の松坂大輔投手(レッドソックス)の18勝で、歴代通算勝利数トップは野茂英雄投手の123勝です。

ただし、2021年に8勝で日本人投手初の最多勝のタイトルを獲得したダルビッシュ有投手(カブス)は新型コロナウイルスの影響で試合減少がなければ、松坂投手の18勝を更新する可能性がありました。

年間最多勝利数ランキングでは野茂英雄投手と田中将大投手の二桁勝利の多さが光ります。

また、歴代通算最多勝利数ランキングでは通算50勝以上あげた日本人投手が8名と以外に少なく、ランクインしている日本人投手の中でメジャーリーグ現役選手が2名しかいないのも気になります。

今後、さらに最多勝利数を更新してくれる日本人投手が現れることを期待したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※成績は2020年度シーズン終了時点のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました