プロ野球オープン戦はいつからいつまで?優勝賞金やジンクスなども!

スポンサーリンク

プロ野球のキャンプが始まるといよいよ今年も始まったなという気分になってワクワクしてきますね。

そしてキャンプインしてしばらくするとオープン戦が始まり、開幕まであと少しとなってさらにワクワクしてきます。

プロ野球をよく知っている方なら、オープン戦の期間がいつからいつまでなのかはよくご存知だと思いますが、あまり野球に詳しくない方には期間などオープン戦にまつわることはよくわからないことも多いかと思います。

そこで今回は、プロ野球オープン戦はいつからいつまでなのか、期間だけでなく優勝賞金やジンクスなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

プロ野球オープン戦はいつからいつまで?

プロ野球は毎年2月1日に一斉にキャンプインして3月下旬の開幕戦に備えます。

プロ野球オープン戦は、キャンプ中の2月下旬から3月中旬・下旬あたりの開幕直前までの期間にNPB(日本野球機構管)が決めた日程で行われます。

期間の長さでいえば約1か月ぐらいになりますから、そこそこ長い期間といっていいでしょう。

オープン戦の成績は特に何かに関係することはありませんが、実戦経験を積むことによって選手たちは試合勘を取り戻していきます。

オープン戦は練習試合の意味合いが強いですが、選手たちにとっては公式戦に向けた大切な調整期間でもあります

また、プロ野球オープン戦は今でこそ春のキャンプ中の期間に開催されるのがほとんどですが、かつてはシーズン終了後の秋にもオープン戦が行われたこともありました。

スポンサーリンク

プロ野球オープン戦の優勝賞金

続いて、プロ野球オープン戦の優勝賞金など賞金についてです。

上述したように、プロ野球オープン戦の成績は特に何かに関係することはなく順位ももちろん関係ありません。

ただ、連日、新聞などで順位も報道され、どこのチームが好調だというようなことが報道されると優勝したりすると賞金など何か出るのではないかと思うかもしれません。

しかし、プロ野球オープン戦は非公式戦ということもあり優勝賞金など賞金は出ません。

かつては優勝チームに賞金を出したこともあったようですが、もうかなり昔のことです。

優勝賞金など賞金が出るのは、交流戦や日本シリーズのようにスポンサーがつくようなケースになります。

プロ野球ペナントレースの意味と優勝賞金などについては、こちらの記事も合わせてどうぞ↓

プロ野球ペナントレースの意味と優勝賞金は?開催期間はいつまで?
こちらでは、プロ野球ペナントレースの意味と優勝賞金、開催期間はいつまでなのかなどについてまとめました。プロ野球ではペナントレースという言葉をよく使いますが、どういう意味なのでしょうか?日本シリーズなどとの違いや重要性についてわかりやすく解説!

プロ野球オープン戦のジンクス

プロ野球オープン戦のジンクスにはいろいろあって、代表的なジンクスに「オープン戦の成績は当てにならない」「オープン戦最下位チームはほぼ優勝できない」などがあります。

確かにオープン戦は成績も順位も関係なく勝敗は二の次という考えで臨んでいるチームが多いかもしれませんが、実際のオープン戦の順位とシーズンの最終順位には何か関係はあるでしょうか?

過去10年のオープン戦優勝チームと最下位チームのシーズン最終順位を振り返ってみましょう。

オープン戦優勝チームとシーズン最終順位
2020年 オープン戦なし(新型コロナウイルスのため)
2019年 広島(シーズン4位)
2018年 巨人(シーズン3位)
2017年 ロッテ(シーズン6位)
2016年 阪神(シーズン4位)
2015年 ソフトバンク(シーズン1位)
2014年 ソフトバンク(シーズン1位)
2013年 巨人(シーズン1位)
2012年 ヤクルト(シーズン3位)
2011年 阪神(シーズン4位)
2010年 日本ハム(シーズン4位)

オープン戦最下位チームとシーズン最終順位
2020年 オープン戦なし(新型コロナウイルスのため)
2019年 日本ハム(シーズン5位)
2018年 阪神(シーズン6位)
2017年 巨人(シーズン4位)
2016年 中日(シーズン6位)
2015年 広島(シーズン4位)
2014年 ヤクルト(シーズン6位)
2013年 中日(シーズン4位)
2012年 阪神(シーズン5位)
2011年 横浜(シーズン6位)
2010年 横浜(シーズン6位)

過去10年でオープン戦優勝チームがシーズンでも優勝した例は10回中3回、逆に最下位チームのシーズン最終順位はすべてBクラスで、10回中5回が最下位です。

注目したいのはオープン戦優勝チームが10回中5回もBクラスに終わっていることで、これはまさしく「オープン戦の成績は当てにならない」というジンクス通りといえます。

また、3回の優勝した例はソフトバンクと巨人という、いずれもセ・パ両リーグの最強球団ともいえるチームであることから強いチームがたまたまオープン戦でも優勝したという見方もできます。

一方、オープン戦最下位チームがシーズンでも成績が悪いのは一目瞭然で、こちらは文句なしで「オープン戦最下位チームはほぼ優勝できない」というジンクス通りといえます。

過去10年のデータからは、プロ野球オープン戦のジンクスは確かに生きていることがわかります。

プロ野球の試合数については、こちらの記事も合わせてどうぞ↓

プロ野球の試合数は年間どれくらい?変遷と2020年特別ルールも!
こちらでは、プロ野球の年間試合数やその変遷、2020年の特別ルールなどをまとめました。シーズンが始まると毎日のように試合をしているような感じのプロ野球ですが年間どれくらいの試合数なのでしょうか?その変遷をたどると昔はもっと大変な時代もありました。

プロ野球オープン戦はいつからいつまで?~まとめ

今回は、プロ野球オープン戦はいつからいつまでなのか、期間だけでなく優勝賞金やジンクスなどについて見てきました。

プロ野球オープン戦はキャンプ中の2月下旬から3月中旬・下旬あたりの開幕直前までの期間で、優勝賞金などの賞金はありません。

また、プロ野球オープン戦にはさまざまなジンクスがありますが、過去10年のデータを見ると、「オープン戦の成績は当てにならない」「オープン戦最下位チームはほぼ優勝できない」というジンクスは確かに生きています。

選手たちにとっては公式戦に向けた調整期間であり勝敗にはあまり固執しないオープン戦ですが、選手の仕上がり具合を見て、ペナントの行方を占うにはもってこいの期間といえるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました