全日本大学駅伝のシード権と出場資格は?歴代優勝校とコースの特徴も

全日本大学駅伝は、箱根駅伝、出雲駅伝とともに男子の三大大学駅伝と呼ばれている大会のひとつで、正式名称を「全日本大学駅伝対抗選手権大会」といい、1970年から始まりました。

全日本大学駅伝は日本の大学駅伝チームの日本一を決める大会で毎年秋に開催されていますが、シード権出場資格などはどういうシステムになっているのでしょうか?

また、歴代優勝校とコースの特徴なども気になります。

今回は、全日本大学駅伝のシード権と出場資格、歴代優勝校とコースの特徴などについて見ていきます。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝のシード権と出場資格

1970年に出場校20校で始まった全日本大学駅伝も回数を重ねるとともに出場資格も変更され出場校の枠を増やし、2019年(第51回)大会以降は25校になっています。

出場資格を持つ25校の内訳は前年大会8位以内に入ったシード権を持つ大学8校と、全国8地区の選考会(予選会)から選ばれた17校です。

シード権は2018年までは前年大会6位以内の大学に与えられていましたが、現在は前年大会8位以内に拡大されています。

現在の全日本大学駅伝の出場枠は、現在は以下のようになっています。

全日本大学駅伝の出場資格
・前年大会8位以内の大学(シード権)⇒ 8校(シード校)

・全国8地区に配分された基本枠が各1枠 ⇒ 8校

・9位から17位までの大学の所属地区に配分された成績の枠が9枠 ⇒ 9校
(※ただし同一地区から出場できる大学はシード校を含め最大15校まで)

※出場資格は2020年現在のものです。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝の歴代優勝校

続いて、全日本大学駅伝の歴代優勝校を見ていきましょう。

最多優勝回数は駒澤大学の13回、次いで日本体育大学の11回で、この2校が群を抜いています。

連覇が多く連続優勝記録は4連覇ですが、大東文化大学、早稲田大学、駒澤大学の3校もの大学が記録しているのも大きな特徴といえます。

その時代によって突出した実力を持った大学があったことを物語る記録です。

最高タイム記録は、駒澤大学が2020年に記録した5時間11分8秒です。

全日本大学駅伝の歴代優勝校は、以下の通りです。

全日本大学駅伝の歴代優勝校
1970年(第1回)日本体育大学①
1971年(第2回)日本体育大学②
1972年(第3回)日本体育大学③
1973年(第4回)大東文化大学①
1974年(第5回)大東文化大学②
1975年(第6回)大東文化大学③
1976年(第7回)大東文化大学④
1977年(第8回)日本体育大学④
1978年(第9回)日本体育大学⑤
1979年(第10回)福岡大学①
1980年(第11回)日本体育大学⑥
1981年(第12回)福岡大学②
1982年(第13回)福岡大学③
1983年(第14回)日本体育大学⑦
1984年(第15回)大東文化大学⑤
1985年(第16回)日本体育大学⑧
1986年(第17回)京都産業大学①
1987年(第18回)日本体育大学⑨
1988年1月(第19回)日本体育大学⑩
1988年11月(第20回)日本体育大学⑪
1989年(第21回)大東文化大学⑤
1990年(第22回)大東文化大学⑥
1991年(第23回)日本大学①
1992年(第24回)早稲田大学①
1993年(第25回)早稲田大学②
1994年(第26回)早稲田大学③
1995年(第27回)早稲田大学④
1996年(第28回)神奈川大学①
1997年(第29回)神奈川大学②
1998年(第30回)駒澤大学①
1999年(第31回)駒澤大学②
2000年(第32回)順天堂大学①
2001年(第33回)駒澤大学③
2002年(第34回)駒澤大学④
2003年(第35回)東海大学①
2004年(第36回)駒澤大学⑤
2005年(第37回)日本大学②
2006年(第38回)駒澤大学⑥
2007年(第39回)駒澤大学⑦
2008年(第40回)駒澤大学⑧
2009年(第41回)日本大学②
2010年(第42回)早稲田大学⑤
2011年(第43回)駒澤大学⑨
2012年(第44回)駒澤大学⑩
2013年(第45回)駒澤大学⑪
2014年(第46回)駒澤大学⑫
2015年(第47回)東洋大学①
2016年(第48回)青山学院大学①
2017年(第49回)神奈川大学③
2018年(第50回)青山学院大学②
2019年(第51回)東海大学②
2020年(第52回)駒澤大学⑬

※マル内の数字は優勝回数です。

全日本大学駅伝のコースの特徴(高低差など)

最後に、高低差など全日本大学駅伝のコースの特徴を見ていきましょう。

まず全日本大学駅伝のコースは愛知県と三重県の2県にまたがるのが大きな特徴で、愛知県名古屋市の熱田神宮西門前をスタートし三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前をゴールとする8区間106.8kmのコースとなっています。

1970年(第1回)大会から1978年(第9回)大会まではコースが近鉄の踏切で平面交差していたために分断され、選手が踏み切り待ちを余儀なくされるということもありました。

そのため、前半と後半に分かれていたので総合成績は前半と後半を通算したものでした。

2018年(第50回)大会で8区を除く各区間の距離が変更されましたが、総距離と経路に変更はありません。

コースは前半は小刻みなアップダウンが多く後半は比較的フラットですが、コース全体の高低差は最大20mで、比較的緩やかです。

コースの区間距離は徐々に長くなり、かつ区間距離の差が大きく、最も短い区間が1区の9.5km、最も長い区間が8区の19.7kmで、その差は約10kmもあるのもコースの特徴といえます。

全日本大学駅伝のコースの概要は、以下の通りです。

全日本大学駅伝のコース概要
スタート
熱田神宮西門前

ゴール
伊勢神宮内宮宇治橋前(8区間106.8km)

第1区(9.5km)
熱田神宮西門前 → 愛知県・名古屋市港区藤前(ファーストカーゴ前)

第2区(11.1km)
名古屋市港区藤前 → 三重県・桑名市長島町(長島スポーツランド前)

第3区(11.9km)
桑名市長島町 → 四日市市羽津(霞ケ浦緑地前)

第4区(11.8km)
四日市市羽津 → 鈴鹿市林崎町(ファミリーマート鈴鹿林崎町店前)

第5区(12.4km)
鈴鹿市林崎町 → 津市河芸町(ザ・ビッグエクストラ津河芸店前)

第6区(12.8km)
津市河芸町 → 津市藤方(ベイスクエア津ラッツ)

第7区(17.6km)
津市藤方 → 松阪市豊原町(JA松阪前)

第8区(19.7km)
松阪市豊原町 → 伊勢神宮内宮宇治橋前

コースマップは、こちら

全日本大学駅伝のシード権と出場資格~まとめ

今回は、全日本大学駅伝のシード権と出場資格、歴代優勝校とコースの特徴などについて見てきました。

全日本大学駅伝の出場枠は、前年度8位以内のシード権を持つ大学8校の他、全国8地区の選考会で選ばれた17校の計25校です。

歴代優勝校は最多優勝回数13回を誇る駒澤大学、次いで11回の日本体育大学で、最高タイム記録は駒澤大学が2020年に記録した5時間11分8秒です。

コースは愛知県と三重県の2県にまたがり高低差は最大20mの緩やかなコースですが、区間距離の差が大きく、その差が約10kmもあるのがコースの特徴といえます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました