東京オリンピックの野球の出場国が少ないのはなぜ?侍メンバーは?

スポンサーリンク

いよいよ東京オリンピックが開催される2020年がやってきました。

東京オリンピックではさまざまな競技が開催されますが、正式種目ではないものの野球も追加種目として開催されることになっています。

ところが、東京オリンピックの野球の出場国がいつものオリンピックより少ないんですが、いったいどういう理由でこんなに少ない出場国になったのでしょうか?

今回は、東京オリンピックの野球の出場国が少ないのはなぜか、また侍ジャパンのメンバーなどについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京オリンピックの野球の出場国が少ないのはなぜ?

東京オリンピックの野球の出場国は、なんか中途半端で少ない印象を受けます。

なぜ、こうなったのか不思議に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はこれまでオリンピックで野球が開催されたこともとても少なくて、7回しかありません。

そして、開催された7回すべて出場国は8か国という少なさだったのですが、今回の東京オリンピックの出場国はさらに少ない6か国です。

各地域で予選を勝ち抜いてきた6か国なのはわかりますが、それにしてもこの少なさは違和感があります。

いったいどういう理由でこんなに少ない出場国になったのでしょうか?

東京オリンピックの野球の出場国が少ない理由

野球は上述のように正式種目ではなく追加種目なのですが、この追加種目であることが出場国が少ない理由につながっています。

国際オリンピック委員会(IOC)は、追加種目に出場できる選手数の上限を500人までと決定しました。

追加種目は野球以外にもソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンがあります。

野球は、1か国の選手数は24人なのですが、従来までの出場国8か国だと上限の500人をオーバーしてしまいます。

従来までの出場国8か国にするには1か国の選手数を減らすという考えもありましたが、そうはせず上限の500人以内に収めるために6か国に落ち着いたというわけです。

東京オリンピックの野球の出場国

では、東京オリンピックの野球の出場国6か国を見ていきましょう。

最後の予選となった6月のインターコンチネンタル予選も終了し、出場国となる6か国が決定しました。

東京オリンピックの野球の出場国6か国は、以下の通りです。

東京オリンピックの野球の出場国(6か国)
開催国枠:日本(8大会連続8回目)

プレミア12
アジア・オセアニア枠:韓国(2大会連続6回目)

アメリカ大陸枠:メキシコ(初出場)

ヨーロッパ・アフリカ予選:イスラエル(初出場)

アメリカ大陸予選:アメリカ合衆国(2大会連続7回目)

インターコンチネンタル予選:ドミニカ共和国(7大会ぶり3回目)

スポンサーリンク

東京オリンピックの野球の侍ジャパンのメンバー

出場国がわかれば次に気になるのが、東京オリンピックの野球の侍ジャパンの日本代表メンバーです。

稲葉篤紀監督の話によると昨年秋に優勝した「プレミア12」の日本代表メンバーを中心に考えていきたいとのことです。

何より優勝したチーム(メンバー)ですし、これから新チームを組むよりは妥当な方向性だといえるでしょう。

そして、稲葉監督のその言葉通り「プレミア12」のメンバーからは14名が選出されました。

メンバーの人数は、「プレミア12」は28人のメンバーで戦えましたが東京オリンピックは24人のメンバーで戦うことになり、4人少ないことになります。

真夏の横浜(あるいは福島)で投手を少なくするのもどうかと思いますが、最終的に投手は「プレミア12」より2名少ない11名で、捕手と内野手も1名ずつ減りました。

東京オリンピック野球の侍ジャパン(日本代表)メンバーは、以下の投手11名、野手13名(捕手2名、内野手6名、外野手5名)の24名に決定しました。

東京オリンピック野球の侍ジャパン(日本代表)メンバー
投手(11名)
11 菅野智之(巨人)→ 伊藤大海(日本ハム)◎
12 青柳晃洋(阪神)◎
13 岩崎優(阪神)◎
15 森下暢仁(広島)◎
17 山本由伸(オリックス)P
18 田中将大(楽天)
19 山崎康晃(DeNA)P
20 栗林良吏(広島)◎
22 大野雄大(中日)P
41 中川皓太(巨人)P → 21 千賀滉大(ソフトバンク)
61 平良海馬(西武)◎

捕手(2名)
10 甲斐拓也(ソフトバンク)P
27 会沢翼(広島)P → 梅野隆太郎(阪神)◎

内野手(6名)
1 山田哲人(ヤクルト)P
2 源田壮亮(西武)P
3 浅村栄斗(楽天)P
4 菊池涼介(広島)P
6 坂本勇人(巨人)P
55 村上宗隆(ヤクルト)

外野手(5名)
8 近藤健介(日本ハム)P
9 柳田悠岐(ソフトバンク)
31 栗原陵矢(ソフトバンク)◎
34 吉田正尚(オリックス)P
51 鈴木誠也(広島)P

※数字は背番号、◎は初選出、Pは「プレミア12」メンバー

コーチ
金子誠(ヘッド兼打撃コーチ)
建山義紀(投手コーチ)
村田善則(バッテリーコーチ)
井端弘和(内野守備・走塁コーチ)
清水雅治(外野守備・走塁コーチ)

監督
稲葉篤紀

東京オリンピック野球日本代表の日程と対戦カードなどは、こちらからどうぞ↓

東京オリンピック野球日本代表の日程と対戦カードは?トーナメント表も
こちらでは、東京オリンピック野球日本代表の日程と対戦カード、トーナメント表などについてまとめました。東京オリンピック野球日本代表の日程と対戦カードはまず予選に位置づけられるオープニングラウンドで2試合戦い、この結果次第で以降の日程が決まります。

東京オリンピックの野球の出場国~まとめ

今回は、東京オリンピックの野球の出場国が少ないのはなぜか、また侍ジャパンのメンバーなどについて見てきました。

東京オリンピックの野球の出場国が6か国と少ない理由は、野球が追加種目で、追加種目に出場できる選手数の上限が500人までだからです。

侍ジャパンの日本代表メンバーは、「プレミア12」の日本代表メンバーを中心に構成された24名です。

出場国が6か国と少なく、試合形式も出場6か国すべてがノックアウトステージ(決勝トーナメント)に進出できるので、侍ジャパンには地の利を活かしてぜひ金メダルを獲得してほしいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました