ボクシングのヘビー級の最重量は何キロ?体重制限はどうなっている?

スポンサーリンク

ボクシングにおいてヘビー級最重量の階級であることはだれしもが知るところですが、その中で最も体重が重い選手となるとあまり知られていないのではないでしょうか?

昨今はあらゆるスポーツで体格が大型化している傾向があるように思いますが、ボクシングのヘビー級も例外ではありません。

身長は2メートル前後の選手が増えてきていることもあり、それに伴って体重も徐々に重くなっているようです。

そこで気になるのがこれまでのヘビー級で最重量の選手の体重は何キロなのかということです。

また、ボクシングのヘビー級の体重制限はどうなっているのでしょうか?

今回は、ボクシングのヘビー級の最重量は何キロなのか、またヘビー級の体重制限はどうなっているのか、さらに最大体重差の試合などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ボクシングのヘビー級の最重量は何キロ?

ボクシングのヘビー級が時代ごとに大型化しています。

近年のチャンピオンを見てもタイソン・フューリー(イギリス)、デオンテイ・ワイルダー(アメリカ)、アンソニー・ジョシュア(イギリス)、ビタリとウラジミールのクリチコ兄弟(ウクライナ)など、身長は2メートル前後です。

当然のことながらそれに伴って体重も重くなり、モハメド・アリ(アメリカ)やマイク・タイソン(アメリカ)は体重が100キロ弱でしたが、今では100キロを軽く超える選手が増えています。

そして、これまでの長いボクシングの歴史の中で最重量の選手はニコライ・ワルーエフ(ロシア)で、体重は148キロでした。

あまり知名度は高くないかもしれませんが実力も兼ね備えており、2005年12月には当時のWBA世界ヘビー級チャンピオンだったジョン・ルイス(アメリカ)に挑戦し見事に判定勝ちし世界チャンピオンにまで上り詰めました。

何度か来日して試合も行っており、すでに引退していますが53戦50勝(34KO)2敗1無効試合という素晴らしい戦績を残しています。

そして、ニコライ・ワルーエフは最重量選手というだけでなく、身長も213センチで全階級を通じてボクシング史上最長身の選手でもあります。

2021年9月現在、ニコライ・ワルーエフを超える身長・体重の選手はまだ現れていません。

スポンサーリンク

ボクシングのヘビー級の体重制限

ボクシングでは身長に関係なく体重別に17の階級に分かれているボクシングですが、ヘビー級の体重制限は、200ポンド(約90.7キロ)超え無制限ということだけです。

体重制限において唯一、ヘビー級だけは上限がありません。

下限は200ポンド(約90.7キロ)以上という体重制限はありますが、200ポンド(約90.7キロ)以上の体重があれば、どれだけ重くてもかまわないのです。

ちなみにボクシングではすべての階級において身長の制限は一切ありません。

また、体重制限がないからといってヘビー級の選手が減量しないかといえば、必ずしもそうではありません。

体重が重過ぎればスピードに悪影響を及ぼすからです。

選手によって個人差はありますが、脂肪が付き過ぎていればベストなパフォーマンスを引き出せる体重まで減量するのは他の階級と同じです。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ボクシングの階級は体重だけで決まる?身長は決め方に関係なし?
こちらでは、ボクシングの階級を決めるのは体重だけで身長は関係ないのか、をまとめました。ボクシングの階級の決め方は何で決まるのか?体重か?身長か?さらに日本人に軽量級のチャンピオンが多い理由と重量級に少ない理由も考えました。

ボクシングのヘビー級の最大体重差の試合

ヘビー級の体重制限に上限がないということは、場合によっては体重差もかなりのものになることが考えられます。

そこで気になるのがこれまでの最大体重差の試合は何キロ差なのかですが、やはり上述したニコライ・ワルーエフが関わっていました。

ボクシングヘビー級の最大体重差の試合は、2009年11月にドイツで行われたニコライ・ワルーエフvsデビッド・ヘイ(イギリス)のWBA世界ヘビー級タイトルマッチといわれています。

デビッド・ヘイは元統一クルーザー級チャンピオンですが、下の階級から上がってきたということで、試合当時の体重は約99キロでした。

対するワルーエフのこの時の体重が約143キロだったということで、体重差はなんと44キロもあります。

これだけ体重差があれば試合はワルーエフの圧勝かと思いきや、結果は0-2でワルーエフの判定負けで王座陥落となり、この試合を最後にワルーエフは現役を引退しました。

しかし、その後はなんと政治家に転身し、2011年にはロシア下院議員に当選しています。

ワルーエフは身長と体重だけでなく、非常に個性的でユニークな人生を送っています。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ボクシングの階級が多すぎ!昔と比較するとチャンピオンが何人も!
こちらでは、昔と比較して多すぎとも思えるボクシングの階級とチャンピオンについてまとめました。階級もチャンピオンの人数も昔と比較して信じられないほど増えてしまったボクシング界ですが、はたして最強チャンピオンはどうやって決めるのでしょうか?

ボクシングのヘビー級の体重制限~まとめ

今回は、ボクシングのヘビー級の最重量は何キロなのか、またヘビー級の体重制限はどうなっているのか、さらに最大体重差の試合などについて見てきました。

ボクシングのヘビー級の最重量の選手はニコライ・ワルーエフ(ロシア)で体重は148キロですが、最重量選手というだけでなく身長も213センチで全階級を通じてボクシング史上最長身の選手でもあります。

またヘビー級の体重制限は下限は200ポンド(約90.7キロ)以上ですが上限はなく、200ポンド(約90.7キロ)以上の体重があれば、どれだけ重くてもかまいません。

さらにこれまでのボクシングの最大体重差の試合は、2009年11月にドイツで行われたニコライ・ワルーエフvsデビッド・ヘイ(イギリス)のWBA世界ヘビー級タイトルマッチで体重差は44キロもありました。

時代ごとに大型化しているボクシングのヘビー級ですが、ニコライ・ワルーエフ(ロシア)の身長213センチ、体重は148キロを超える選手が今後現れるのかどうか見守りたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました