ボクシング4団体統一王者は歴代で何人?日本人は達成しているのか?

スポンサーリンク

ボクシングではチャンピオンベルトは1つ巻くだけでも大変なことですから、複数のベルトを手にするのは本当に強いチャンピオンでなければできないことです。

しかし、ボクシングの歴史の中ではメジャー団体すべてのベルトを同時に手にした最強王者が何人か誕生しています。

ボクシングには現在メジャー団体が4つありますが、すべての団体でチャンピオンになる、いわゆる4団体統一王者はこれまで歴代で何人いるのでしょうか?

今回は、ボクシング4団体統一王者は歴代で何人なのか、また日本人は達成しているのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ボクシング4団体統一王者は歴代で何人?

統一王者とは、WBA(世界ボクシング協会)・WBC(世界ボクシング評議会)・IBF(国際ボクシング連盟)・WBO(世界ボクシング機構)のボクシングのメジャー団体が認定するタイトルを同じ階級で複数保持しているボクサーのことで、この中でも4団体すべて保持しているボクサーは4団体統一王者と呼ばれます。

これまでボクシング4団体統一王者は歴代で6人のみと少なく、どちらかというと軽量級よりも重量級や中量級で実現している印象があります。

ただし、ボクシング4団体統一王者は実力だけで実現できるものではなく、各団体の規定や契約も関係するためハードルは高いといえます。

近年では最強のチャンピオンを決めるために、破格の賞金を設定して各団体のチャンピオンなどトップ選手8人によるWBSSというトーナメント戦も行われるようになっています。

ボクシングの歴代4団体統一王者は、以下の通りです。

ボクシング歴代4団体統一王者
クルーザー級
オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)2018年

ミドル級
バーナード・ホプキンス(アメリカ)2004年
ジャーメイン・テイラー(アメリカ)2005年

スーパーライト級
テレンス・クロフォード(アメリカ)2017年
ジョシュ・テイラー(イギリス)2021年

ライト級
テオフィモ・ロペス(アメリカ)2020年

※ジャーメイン・テイラーは統一戦ではなく、当時4団体統一王者だったバーナード・ホプキンスに勝って4本のベルトを同時奪取です。

スポンサーリンク

ボクシングの歴代3団体統一王者(3団体時代)

ボクシングのメジャー団体が4つになる前は、WBOを除くWBA・WBC・IBFが主要団体で統一王者は3団体統一王者と呼ばれていました。

4団体となる前は当然、最強王者でしたが、やはり歴代3団体統一王者も少なく達成したのはわずかに7人のみでした。

4団体統一王者と同様に重量級や中量級多く、イベンダー・ホリフィールド(アメリカ)はヘビー級とクルーザー級の2階級で3団体統一王者となりました。

なお、WBOも主要団体に加わった4団体時代になってからの3団体の統一王者は、すでに多数輩出されています。

3団体時代のボクシングの歴代3団体統一王者は、以下の通りです。

ボクシングの歴代3団体統一王者(3団体時代)
ヘビー級
マイク・タイソン(アメリカ)1987年
イベンダー・ホリフィールド(アメリカ)1990年

クルーザー級
イベンダー・ホリフィールド(アメリカ)1988年

ライトヘビー級
マイケル・スピンクス(アメリカ)1983年

ミドル級
マービン・ハグラー(アメリカ)1983年

ウェルター級
ドナルド・カリー(アメリカ)1985年
ロイド・ハニガン(ジャマイカ→イギリス)1986年

ボクシングの歴代3団体統一王者(4団体時代)

WBOが設立され主要4団体と呼ばれるようになってからの3団体統一王者は多数、輩出されています。

4団体時代のボクシングの歴代3団体統一王者は、以下の通りです。

ボクシングの歴代3団体統一王者(4団体時代)
ヘビー級
ジェームス・ダグラス(アメリカ)WBA・WBC・IBF
イベンダー・ホリフィールド(アメリカ)WBA・WBC・IBF
リディック・ボウ(アメリカ)WBA・WBC・IBF
レノックス・ルイス(イギリス)WBA・WBC・IBF
ウラジミール・クリチコ(カザフスタン)WBA・IBF・WBO
タイソン・フューリー(イギリス)WBA・IBF・WBO
アンソニー・ジョシュア(イギリス)WBA・IBF・WBO
アンディ・ルイス・ジュニア(アメリカ)WBA・IBF・WBO

クルーザー級
オニール・ベル(ジャマイカ)WBA・WBC・IBF
デビッド・ヘイ(イギリス)WBA・WBC・WBO

ライトヘビー級
ダリユシュ・ミハルチェフスキ(ポーランド)WBA・IBF・WBO
ロイ・ジョーンズ・ジュニア(アメリカ)WBA・WBC・IBF
セルゲイ・コバレフ(ロシア)WBA・IBF・WBO
アンドレ・ウォード(WBA・IBF・WBO)

スーパーミドル級
ジョー・カルザゲ(イギリス)WBA・WBC・WBO
サウル・アルバレス(メキシコ)WBA・WBC・WBO

ミドル級
ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)WBA・WBC・IBF
サウル・アルバレス(メキシコ)WBA・WBC・IBF

スーパーウェルター級
ロナルド・ライト(アメリカ)WBA・WBC・IBF
ジャーメル・チャーロ(アメリカ)WBA・WBC・IBF

ウェルター級
コーリー・スピンクス(アメリカ)WBA・WBC・IBF
ザブ・ジュダー(アメリカ)WBA・WBC・IBF
フロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)WBA・WBC・WBO

スーパーライト級
コンスタンチン・チュー(オーストラリア)WBA・WBC・IBF

ライト級
パーネル・ウィテカー(アメリカ)WBA・WBC・IBF
ファン・ディアス(アメリカ)WBA・IBF・WBO
ネート・キャンベル(アメリカ)WBA・IBF・WBO
ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)WBA・WBC・WBO

スーパーフライ級
ビック・ダルチニアン(オーストラリア)WBA・WBC・IBF

ボクシング4団体統一王者~日本人は達成しているのか?

続いて、ボクシング4団体統一王者で日本人選手はどうなのかを見ていきましょう。

ここまでお読みになっておわかりのことと思いますが、日本人選手でボクシング4団体統一王者はこれまでいません。

2団体の統一王者はこれまで何人かいますが、3団体以上の統一王者は残念ながら現れていません。

しかし、日本人選手にも可能性がないわけではありません。

日本人選手では現在(2021年6月20日)、WBAとIBFの2本のベルトを保持しWBSSでも見事に優勝を飾った井上尚弥選手が最有力候補です。

井上尚弥選手本人も4団体統一王者を目指しており、各団体の規定や契約の問題さえクリアして試合が実現すれば4団体統一王者になる可能性は大いにあるので期待されます。

パウンドフォーパウンドでも高く評価されている井上尚弥選手だけに、是非とも7人目の4団体統一王者になってもらいたいものです。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ボクシングのパウンドフォーパウンドの意味とは?歴代最強はだれ?
こちらでは、ボクシングのパウンドフォーパウンドの意味とは何か、またパウンドフォーパウンド歴代最強はだれなのかについてまとめました。ボクシングファンなら階級を超えて歴代最強ボクサーがだれなのかは興味のあるところですが、パウンドフォーパウンドとは何か?

ボクシング4団体統一王者は歴代で何人?~まとめ

今回は、ボクシング4団体統一王者は歴代で何人なのか、また日本人は達成しているのか、見てきました。

ボクシング4団体統一王者は歴代で6人のみで、3団体時代の3団体統一王者も歴代でわずかに7人のみでした。

日本人選手では2団体の統一王者はこれまで何人かいますが、3団体以上の統一王者はいません。

現在(2021年6月20日)、WBAとIBFのチャンピオンでWBSSでも優勝した井上尚弥選手が最有力候補で、4団体統一王者になる可能性は大いにあります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました