プロ野球の連続奪三振記録の最多人数は?イニング最長は何回?

三振は野球の醍醐味のひとつですが、バッタバッタと連続で三振を獲り続ける投球はまるで野球マンガを見ているかのようです。

これまでプロ野球ではさまざまな三振記録が生まれてきましたが、連続奪三振記録の最多人数は何人なのでしょうか?

さらに、奪三振記録のイニング最長が何回なのかも気になるところです。

今回は、プロ野球の連続奪三振記録の最多人数は何人なのか、またイニング最長記録は何回なのかも見ていきます。

スポンサーリンク

プロ野球の連続奪三振記録の最多人数

プロ野球の連続奪三振記録の最多人数は、2022年4月10日に佐々木朗希投手(ロッテ)がオリックス戦でマークした「13」です。

それまでの最多記録「9」を64年ぶりに大幅に更新した大記録といえます。

最速164kmのストレートとフォークボールを決め球にしたピッチングで、1回2死から5回2死までのアウトを13人の打者から三振で奪う圧巻の奪三振ショーを展開し、最終的には完全試合という偉業まで達成しました。

筆者もテレビで観戦していましたが、ほとんどバットに当たる感じがしない快投でした。

ちなみにメジャーリーグでは1970年のトム・シーバー(メッツ)、2021年のアーロン・ノラ(フィリーズ)とコービン・バーンズ(ブルワーズ)など過去3人がマークした「10」が最多記録(1試合)なので、佐々木朗希投手の13連続奪三振記録は世界最多記録といっていいでしょう。

プロ野球の連続奪三振記録ランキングは、以下の通りです。

プロ野球の連続奪三振記録ランキング
13
2022年 佐々木朗希(ロッテ)

9
1957年 梶本隆夫(阪急)
1958年 土橋正幸(東映)

8
1960年 鈴木隆(大洋)
1962年 尾崎幸雄(東映)
1990年 塩崎哲也(西武)
1996年 西口文也(西武)

参考記録
9
1971年 江夏豊(阪神)
※オールスターゲーム第1戦

8
1984年 江川卓(巨人)
※オールスターゲーム第3戦

※記録は2022年4月18日時点のものです。

スポンサーリンク

プロ野球の連続奪三振記録のイニング最長は何回?

プロ野球の連続奪三振のイニング最長記録も見ていきましょう。

連続奪三振イニング最長記録は、2015年にデニス・サファテ投手(ソフトバンク)がマークした43イニングです。

日本人の記録としては、佐々木朗希投手(ロッテ)が36イニング連続奪三振が最長記録です。

プロ野球の連続奪三振のイニング最長記録は、以下の通りです。

連続奪三振記録のイニング最長
43
デニス・サファテ(ソフトバンク)2015年

36
2022年 佐々木朗希(ロッテ)
2021~2022年(※シーズン跨ぎ)

35
ライデル・マルティネス(中日)
2020~2021年(※シーズン跨ぎ)

28
張誌家(西武)2002年

25
山本由伸(オリックス)2020年

23
木田勇(日本ハム)1980年
種市篤暉(ロッテ)2019年

※記録は2022年4月18日時点のものです。

プロ野球の連続奪三振記録の最多人数~まとめ

今回は、プロ野球の連続奪三振記録の最多人数は何人なのか、またイニング最長記録は何回なのかも見てきました。

プロ野球の連続奪三振記録の最多人数は「13」で、2022年に佐々木朗希投手(ロッテ)がオリックス戦でマークしました。

連続奪三振イニング最長記録は43イニングで、2015年にデニス・サファテ投手(ソフトバンク)がマークし、次いで佐々木朗希投手(ロッテ)の36イニング連続奪三振が日本人としての最長記録です。

いずれも”令和の怪物”こと佐々木朗希投手が絡んでおり、今後もさらに記録を更新していくことが期待されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

野球
スポンサーリンク
rainbownijiをフォローする
スポーツなんでも情報クラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました