ソフトボールの塁間やピッチャーまでの距離は?小学生との違いも!

ソフトボールは野球と似たところが多いスポーツですが、グラウンドのサイズや距離に関しては野球よりかなりコンパクトに設定されています。

野球に比べてボールが大きく飛ばないのに、塁間ピッチャーまでの距離が短いために競技は非常にスピーディーでスリリングなものに感じます。

では、具体的にソフトボールの塁間やピッチャーまでの距離はどのくらいなのでしょうか?

小学生など年齢などの違いも気になります。

今回は、「ソフトボールの塁間やピッチャーまでの距離は?小学生との違いも!」と題して、ソフトボールのグラウンドのさまざまな距離について見ていきます。

スポンサーリンク

ソフトボールの塁間の距離

ソフトボールの塁間の距離は、以下の通りです。

男子・女子:60フィート(18.29m)

野球の塁間が27.431mなのに対してソフトボールの塁間は18.29mと野球に比較すると約10mほど短く、約3分の2ほどの距離となっています。

野球と比べてボールが飛ばないソフトボールですが、塁間の距離が短い分、内野ゴロを少しはじいただけで一塁セーフになる可能性は高まります。

さらにソフトボールは塁間の距離が短いのでバッターランナーと野手が交錯しやすいという理由で、一塁ベースには「ダブルベース」と呼ばれる白とオレンジのベースが置かれています。

オレンジベースはファールゾーンに配置されてバッターランナー用、白いベースはフェアゾーンに配置されて野手用となり交錯を避け接触事故を防止しようというわけです。

ちなみに、ピッチャープレートは15.24cm×60.96cmの長方形、バッターボックスは91cm×213cmです。

ソフトボールの塁間の距離~小学生との違い

ソフトボールの塁間の距離は、小学生は16.76mと短く設定されています。

中学生以上は通常の男子・女子ソフトボールの塁間の距離と同様です。

小学生:55フィート(16.76m)

スポンサーリンク

ソフトボールのピッチャーまでの距離

続いて、ソフトボールのホームベースからピッチャーまでの距離ですが、以下の通りです。

男子:46フィート(14.02m)
女子:43フィート(13.11m)

以前は女子が40フィート(12.19m)、男子が46フィート(14.02m)でしたが、2002年の国際ルールで女子のみ改正改正されました。

野球は約18mなのでかなり短く感じますが、このピッチャーまでの距離の短さがソフトボールのピッチャーが投げたボールの体感スピードの速さにつながっている一因といえるでしょう。

また、ピッチャープレートには半径8フィート(2.44m)のピッチャーズサークルがあります。

さらに野球の場合はピッチャーマウンドという盛り上がった場所になっていますが、ソフトボールの場合は平坦でマウンドにはなっていません。

ソフトボールのピッチャーまでの距離~小学生との違い

ソフトボールのホームベースからピッチャーまでの距離は、塁間の距離同様に小学生は10.67mと短く設定されています。

また、中学生女子は通常の男子・女子ソフトボールよりやや短い設定になっています。

小学生:30フィート(10.67m)

※中学生女子:40フィート(12.19m)

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ソフトボールのホームベースのサイズは野球と同じ?1塁ベースが2つの理由も
こちらでは、ソフトボールのホームベースのサイズは野球と同じなのか、また1塁ベースが2つある理由についてまとめました。1塁ベースが2つというのは野球にはないソフトボールならではの特徴です。また、ホームベースのサイズは野球と同じなのでしょうか?

ソフトボールのホームベースから外野フェンスまでの距離

ソフトボールのホームベースから外野フェンスまでの距離ですが、以下の通りです。

男子:250フィート(76.20m)以上
女子:220フィート(67.06m)以上

以前のISFルールでは男子が225フィート(68.58m)以上、女子が200フィート(60.96m)以上でしたが、2002年以降改正され男子女子ともに外野フェンスまでの距離は伸びたことになります。

一般的な野球の球場は両翼(レフト・ライトフェンスまでの距離)がおよそ90〜100m、中堅(バックスクリーンまでの距離)は120m前後なのでソフトボールよりかなり距離があります。

しかし、特徴的なのが野球の球場は右中間や左中間が深く両翼と中堅に距離の差があるのに対して、ソフトボールの場合はホームベースからの外野フェンスまでの距離はどこでも一定です。

ソフトボールは、野球に比べてボールが飛びにくいだけに球場も狭くなっていますが、どこでやっても同じ広さなのはわかりやすいといえます。

※JSAでは既存施設の問題などがあり、改正を留保しています。

ソフトボールのホームベースから外野フェンスまでの距離~小学生との違い

小学生の場合は175フィート(53.34m以上)で、やはり塁間の距離などと同様に短く設定されています。

ソフトボールの塁間やピッチャーまでの距離~まとめ

今回は、「ソフトボールの塁間やピッチャーまでの距離は?小学生との違いも!」と題して、ソフトボールのグラウンドのさまざまな距離について見ていきます。

ソフトボールのグラウンド内の距離は、以下の通りです。

ソフトボールの塁間の距離
男子・女子ともに60フィート(18.29m)
小学生55フィート(16.76m)

ホームベースからピッチャーまでの距離
男子46フィート(14.02m)
女子43フィート(13.11m)
中学生女子40フィート(12.19m)
小学生30フィート(10.67m)

ホームベースから外野フェンスまでの距離
男子250フィート(76.20m)以上
女子220フィート(67.06m)以上
小学生175フィート(53.34m以上)

ソフトボールのグラウンド内の距離はすべて野球より短いですが、性別・年齢によって細かく設定されています。

ソフトボールのグラウンドのさまざまな距離設定は、老若男女問わずあらゆるプレーヤーに対応しているといえるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました