プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票は?最多出場選手も!

スポンサーリンク

セ・リーグとパ・リーグのスター選手が選出され、”球宴”とも呼ばれて毎年大きな盛り上がりを見せているのがプロ野球オールスター戦です。

出場するのはその年に活躍しファン投票などで選ばれた選手のみということで、選手にとってもオールスター出場は大きな名誉といえます。

出場するにはファン投票や選手間投票、監督推薦がありますが、特にファン投票は人気のバロメーターともいえます。

長いプロ野球オールスターの歴史の中で、ファン投票の歴代最多得票最多出場選手は選手のみならずファンにとっても大変気になるところです。

今回は、プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票と最多出場選手はだれなのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票

プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票数トップは、2003年の今岡誠選手(阪神タイガース)の1,588,712票です。

この年の阪神タイガースは星野仙一監督の2シーズン目でしたが、開幕から絶好調でペナントレースを駆け抜けて18年ぶり8回目のセ・リーグ優勝を成し遂げました。

今岡誠選手は強力打線の1番バッターとしてチームの優勝を牽引する活躍で、オールスターファン投票でも多くの得票数となりました。

また、2位はイチロー選手(オリックスバファローズ)の1999年の1,346,504票、3位は同じく2003年のタフィ・ローズ選手(近鉄バファローズ)の1,329,273票となっています。

実に2003年は歴代最多得票数1位と2位がセ・パ両リーグから出るという、ある意味ではプロ野球人気がピークを迎えていた時代ともいえるでしょう。

その後は得票数もテレビの視聴率も徐々に落ちてきているので、今後、新しいスター選手の誕生が期待されます。

プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票選手

2000年以降のプロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票数と選手は、以下の通りです。

プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票数と選手(2000年以降)
2021年 448,305票:吉田正尚(オリックス)
2020年 新型コロナウイルスの影響により中止
2019年 531,187票:山川穂高(西武)
2018年 619,150票:柳田悠岐(ソフトバンク)
2017年 509,359票:柳田悠岐(ソフトバンク)
2016年 521,685票:柳田悠岐(ソフトバンク)
2015年 536,267票:森友哉(西武)
2014年 487,246票:糸井嘉男(オリックス)
2013年 439,518票:糸井嘉男(オリックス)
2012年 426,066票:稲葉篤紀(日本ハム)
2011年 334,586票:青木宣親(ヤクルト)
2010年 435,375票:前田健太(広島)
2009年 498,353票:稲葉篤紀(日本ハム)
2008年 367,837票:G.G.佐藤(西武)
2007年 1,094,803票:山﨑武司(楽天)
2006年 806,021票:清原和博(オリックス)
2005年 705,999票:城島健司(ソフトバンク)
2004年 842,783票:城島健司(ソフトバンク)
2003年 1,588,712票:今岡誠(阪神)
2002年 1,298,046票:松井秀喜(巨人)
2001年 750,476票:松井秀喜(巨人)
2000年 1,157,018票:イチロー(オリックス)

スポンサーリンク

プロ野球オールスターの歴代最多出場選手は?

続いて、プロ野球オールスターの歴代最多出場選手はだれなのか、見ていきましょう。

プロ野球のレジェンドの名前が並びますが、歴代最多出場選手は野村克也氏(南海~ロッテ~西武)で、21回の出場でした。

21回も場するには現役生活が長いのは必須条件で、野村克也氏は現役生活は26年に及びオールスター出場を逃したのはわずかに5回でした。

そして、続く2位は世界の”ホームラン王”王貞治氏(巨人)で、現役生活22年で20回の出場しており、ほとんど毎年出場しています。

3位は清原和博氏(西武~巨人~オリックス)の19回ですが、オールスター史上最多のMVP7回の獲得、通算ホームランも13本で歴代2位、34打点は歴代1位とにふさわしい成績を残しました。

18回出場で4位の秋山幸二氏(西武~ダイエー)は、18回連続出場(1985~2002年)というオールスター最多連続出場回数記録も達成しています。

プロ野球オールスターの歴代最多出場選手ランキングは、以下の通りです。

プロ野球オールスターの歴代最多出場選手ランキング
1位 21回:野村克也(南海~ロッテ~西武)
2位 20回:王貞治(巨人)
3位 19回:清原和博(西武~巨人~オリックス)
4位 18回:張本勲(東映・日拓・日本ハム~巨人~ロッテ)、秋山幸二(西武~ダイエー)
6位 17回:福本豊(阪急)、古田敦也(ヤクルト)
8位 16回:長嶋茂雄(巨人)、伊東勤(西武)

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

プロ野球オールスターの歴代MVPと賞金は?勝敗など通算成績も!
こちらでは、プロ野球オールスターの歴代MVPと賞金、勝敗など通算成績などについてまとめました。プロ野球オールスターの選手個人として最大の栄誉ともいえるのがMVP(最優秀選手賞)ですが歴代MVPで最多獲得選手は?他にオールスターの賞金なども!

プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票選手~まとめ

今回は、プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票と最多出場選手はだれなのか、見てきました。

プロ野球オールスターファン投票の歴代最多得票は2003年の今岡誠選手(阪神タイガース)の1,588,712票、最多出場選手は野村克也氏(南海~ロッテ~西武)の21回です。

近年の得票数は減少傾向にあり、また最多出場記録の更新も厳しいと見られますが、今後、新しいスター選手の誕生などが期待されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※情報は2021年7月4日時点でのものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました