阿部一二三VS丸山城志郎でオリンピック代表は?戦績と結果速報も

柔道男子66kg級の東京オリンピック代表争いが熾烈で、今、大変な注目を集めています。

全日本柔道連盟は、この階級だけ代表を決めることができず、代表決定は最終選考の大会まで持ち越しとなっています。

注目の男子66kg級でオリンピック代表を目指してしのぎを削っているのが阿部一二三選手と丸山城志郎選手で、戦績も群を抜いており、どちらが代表になるのか、最終選考の大会の結果が大いに気になるところです。

今回は、阿部一二三VS丸山城志郎でオリンピック代表はどちらか、戦績と結果速報なども見ていきます。

スポンサーリンク

阿部一二三VS丸山城志郎でオリンピック代表は?~戦績など

東京オリンピックの柔道代表選手は、男子66kg級を除いてすべて決定しています。

そして、男子66kg級の代表が最終決定するのが、2020年12月のグランドスラム東京になる予定です。(中止)
(※新型コロナウイルスの影響により、2020年4月4日(土)〜5日(日)に開催予定の柔道全日本選抜体重別選手権は2020年10月31日(土)〜11月1日(日)に延期となりました。)

大会の見どころは、阿部一二三VS丸山城志郎でオリンピック代表がどちらになるのか、に絞られているといってもいい状況ですが、はたして結果はどうなるのか、戦績などから徹底比較してみようと思います。

両選手の戦績を見ると、トータルでは阿部一二三選手のほうが上でしょう。

中学生の頃から優勝の実績を残してきた阿部一二三選手に比べて、丸山城志郎選手が本格的に頭角を現してきたのは2017年頃、年齢にして20歳頃からのことです。

年齢も阿部一二三選手の22歳に対して、丸山城志郎選手は26歳と4つ年上になりますが、ここ数年の丸山城志郎選手の追い込みが驚異的で実力はほとんど互角といっていいでしょう。

エリート街道をまっしぐらに歩んできた天才柔道家の阿部一二三選手、遅咲きの努力家の天才柔道家の丸山城志郎選手と対照的な見方ができます。

しかし、近年の戦績から見ると丸山城志郎選手に勢いが見られることは確かで、阿部一二三VS丸山城志郎のオリンピック代表争いは丸山城志郎選手がやや有利と予想します。

心情的には両選手に代表になってほしいと思いますが、4月5日には結果が出ます。

阿部一二三の戦績

阿部一二三選手の戦績は、2011年の全国中学校柔道大会の優勝を皮切りに輝かしい成績を収めています。

そのキャリアは、まさにエリートといえるもので出れば優勝といった感があります。

しかし、2018年以降、優勝回数のペースにやや陰りが見えるのが気になるところです。

阿部一二三選手の主な戦績は、以下の通りです。

2011年8月 全国中学校柔道大会(55kg級)優勝
2012年9月 アジア・ジュニアユース選手権(60kg級)優勝
2013年4月 全日本カデ体重別選手権(66kg級)優勝
2013年8月 世界カデ選手権(66kg級)2位
2014年4月 全日本カデ体重別選手権(66kg級)優勝
2014年8月 第2回ユースオリンピック(66kg級)優勝
2014年9月 全日本ジュニア体重別選手権(66kg級)優勝
2014年10月 世界ジュニア選手権(66kg級)2位
2014年11月 講道館杯全日本体重別選手権(66kg級)優勝
2014年12月 グランドスラム・東京(66kg級)優勝
2015年7月 グランプリ・ウランバートル(66kg級)2位
2015年8月 インターハイ柔道競技(66kg級)優勝
2015年10月 グランプリ・タシケント(66kg級)優勝
2015年11月 全日本体重別選手権(66kg級)3位
2016年4月 全日本選抜体重別選手権(66kg級)優勝
2016年7月 グランドスラム・チュメニ(66kg級)優勝
2016年12月 グランドスラム・東京(66kg級)優勝
2017年2月 グランドスラム・パリ(66kg級)優勝
2017年4月 全日本選抜体重別選手権(66kg級)優勝
2017年8月 ブタペスト世界選手権(66kg級)優勝
2017年12月 グランドスラム・東京(66kg級)優勝
2018年3月 グランドスラム・エカテリンブルク(66kg級)優勝
2018年7月 グランドスラム・ザグレブ(66kg級)3位
2018年9月 バクー世界選手権(66kg級)優勝
2018年11月 グランドスラム・大阪(66kg級)2位
2019年4月 全日本選抜体重別選手権(66kg級)2位
2019年8月 世界柔道選手権東京(66kg級)3位
2019年11月 グランドスラム・大阪(66kg級)優勝
2020年2月 グランドスラム・デュッセルドルフ(66kg級)優勝

阿部一二三のプロフィール


生年月日:1997年8月9日(22歳)

身長:167㎝

階級:66kg級

所属:日本体育大学4年

段位:四段

得意技:背負投げ・袖釣込腰

出身地:兵庫県神戸市

出身校:神戸生田中学校~神港学園神港高校~日本体育大学

3歳年下の妹である阿部詩選手は52㎏級の代表

丸山城志郎の戦績

丸山城志郎選手の主な戦績は、以下の通りですが、2017年以降の活躍が目立つことから阿部一二三選手に比べて遅咲きであることがわかります。

2013年11月 全日本柔道体重別選手権(66㎏級)優勝
2017年11月 全日本柔道体重別選手権(66㎏級)優勝
2017年12月 グランドスラム・東京(66㎏級)2位
2018年2月 グランドスラム・パリ(66㎏級)2位
2018年11月 グランドスラム・大阪(66㎏級)優勝
2019年2月 グランドスラム・デュッセルドルフ(66㎏級)優勝
2019年4月 全日本選抜体重別選手権(66kg級)優勝
2019年8月 世界柔道選手権東京(66kg級)優勝
2019年11月 グランドスラム・大阪(66kg級)2位

丸山城志郎のプロフィール

生年月日:1993年8月11日(26歳)

身長:167cm

階級:66kg級

所属:ミキハウス

段位:四段

得意技:内股

出身地:宮崎県宮崎市

出身校:桐蔭学園中学校~桐蔭学園高校~天理大学

スポンサーリンク

阿部一二三VS丸山城志郎~対戦成績

では、阿部一二三選手と丸山城志郎選手の対戦成績はどうでしょうか?

両者の直接対決は2015年11月の武道館杯全日本選抜体重別以来、これまで7回あります。

気になる対戦成績はほとんど互角で、阿部一二三選手から見て3勝4敗(2020年3月5日現在)となっています。

最初の頃は、阿部一二三選手が貫録を示していましたが、2018年11月のグランドスラム大阪から丸山城志郎選手が3連勝して一気に挽回し、代表候補に名乗りを上げています。

直近の2019年11月のグランドスラム大阪では、阿部一二三選手が土壇場で踏みとどまり、今日に至っています。

試合内容を見ても一本勝ちは一度だけで、他は延長戦にもつれ込むなど接戦がほとんどでギリギリの戦いを続けています。

阿部一二三VS丸山城志郎の対戦成績は、以下の通りです。

阿部一二三 3勝 VS 丸山城志郎 4勝

2015年11月 武道館杯全日本選抜体重別(準々決勝)●阿部-丸山○ 優勢(ともえ投げ)
2016年4月 全日本選抜体重別(決勝)○阿部-丸山● 反則勝ち(指導)
2017年12月 グランドスラム東京(決勝)○阿部-丸山● 一本(大内刈り)
2018年11月 グランドスラム大阪(決勝)●阿部-丸山○ 優勢(ともえ投げ)
2019年4月 全日本選抜体重別(決勝)●阿部-丸山○ 優勢(ともえ投げに似た奇襲)
2019年8月 世界選手権(準決勝)●阿部-丸山○ 優勢(浮き技)
2019年11月 グランドスラム大阪(決勝)○阿部-丸山● 優勢(支え釣り込み足)

阿部一二三VS丸山城志郎の結果速報

阿部一二三VS丸山城志郎でオリンピック代表争いは、2020年12月に開催予定のグランドスラム東京になる予定です。(中止)

阿部一二三VS丸山城志郎の結果速報は、わかり次第、更新予定です。

阿部一二三VS丸山城志郎のオリンピック代表~まとめ

今回は、阿部一二三VS丸山城志郎でオリンピック代表はどちらか、戦績と結果速報などを見てきました。

阿部一二三VS丸山城志郎でオリンピック代表争いは、勢いなら丸山城志郎選手、実績なら阿部一二三選手ですが近年の戦績から丸山城志郎選手がやや有利と予想します。

結果速報はわかり次第、更新していく予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました