野球で目の下を黒く塗るのはなぜ?デーゲームとナイターでの違いも!

野球の選手が、く塗っているのを見てあれは何のためにやっているんだろうと不思議に思ったことはありませんか?

見た目にはお世辞にもカッコいいとはいえないのにわざわざ塗っているんですから、なにかしらの効果を狙ってのことだとは思います。

何か意味があるのでしょうが、黒く塗ることによってどんな効果があるのか気になります。

今回は、野球で目の下を黒く塗るのはなぜか、またデーゲームとナイターでの違いなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

野球で目の下を黒く塗るのはなぜ?

黒い色が光を吸収することはだれしもが知るところだと思いますが、野球で目の下を黒く塗るのも光を吸収することが目的です。

野球では飛んできたボールをキャッチするのに、太陽光がまぶしくては大変です。

目の下を黒く塗ることによって太陽光の反射を軽減し、ボールを見やすくすることを目的としています。

同じ目的でアイブラックというシール状のものを貼っている選手もいます。

特に外野の選手は太陽光が目に入りやすいフライをキャッチしなくてはいけないため、特に黒く塗るケースが多い傾向があります。

目の下を黒く塗るのはアメリカ・メジャーリーグから始まったといわれており、もともと堀りが深く欧米人には効果的ですが骨格が違う扁平顔の日本人には効果は微妙ともいわれています。

また、日本人の瞳が黒いこともより太陽光のまぶしさに強いということも影響しているでしょう。

目の下を黒く塗るのは野球に限らず、さまざまなスポーツで採用されています。

スポンサーリンク

野球で目の下を黒く塗る~デーゲームとナイターでの違い

なぜ野球で目の下を黒く塗るのかは、わかりました。

太陽光の反射を軽減するのが目的ですから、目の下を黒く塗るのは専らデーゲームの時ということになります。

ナイターや屋内のドーム球場、曇天や雨の場合には黒く塗る選手はほとんどいません。

当然ですが、デーゲーム以外では黒く塗る選手は見られないわけです。

アメリカ・メジャーリーグは平日でも屋外のデーゲームが多いため、広がったのもなるほどという気がします。

理にかなっているといえるでしょう。

ただし、ナイターやドーム球場でも照明がまぶしく感じる選手の中には、目の下を黒く塗る選手も少ないながらもいます。

野球のサングラスの効果

しかし、最近は目の下を黒く塗る選手はかなり少なくなってきました。

野球用のサングラスが普及してきたためです。

野球用のサングラスは、太陽光のまぶしさを軽減するだけでなく紫外線から目を守る効果もあるので一石二鳥です。

しかも、見た目にもスタイリッシュでカッコいいデザインのサングラスも多いですから、選手には黒く塗るより好まれるのもわかります。

多少お金はかかりますが、デメリットはほとんどないといっていいでしょう。

サングラスが普及の進み具合を見ると、今後も野球では黒く塗る選手はさらに少なくなることが予想されます。

野球で目の下を黒く塗る~まとめ

今回は、野球で目の下を黒く塗るのはなぜか、またデーゲームとナイターでの違いなどについて見てきました。

野球で目の下を黒く塗るのは、目の下を黒く塗ることによって太陽光の反射を軽減しボールを見やすくすることを目的としています。

そのため、目の下を黒く塗るのは専らデーゲームでナイターや屋内のドーム球場、曇天や雨の場合には黒く塗る選手はほとんどいません。

また、最近では野球用のサングラスが普及してきたため、目の下を黒く塗る選手はかなり少なくなってきました。

野球用のサングラスは、太陽光のまぶしさを軽減に加えて紫外線から目を守る効果もあるので、今後も野球で目の下を黒く塗る選手はさらに少なくなるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました