大相撲の三賞の賞金額はいくら?候補になる条件と独占した力士も!

スポンサーリンク

大相撲では幕内優勝が最高の栄誉であることに間違いありませんが、場所を盛り上げた力士に対しては三賞という賞が贈られます。

三賞というからには3つの賞があるのかなと思われますが、賞金額がいくらで候補になるための条件などについては相撲ファンでない限りあまりよく知られていないのではないでしょうか?

また、三賞を独占した力士がいるのかどうかも気になります。

今回は、大相撲の三賞の賞金額はいくらなのか、また受賞候補になる条件と三賞を独占した力士についても見ていきます。

スポンサーリンク

大相撲の三賞とは?

大相撲の三賞とは、殊勲賞(しゅくんしょう)・敢闘賞(かんとうしょう)・技能賞(ぎのうしょう)の3つの賞の総称をいいます。

1947年(昭和22年)11月場所から実施されており、当初は原則として各賞1名ずつでしたが、徐々に複数の受賞者が出たり、逆に該当者なしということもあります。

三賞は千秋楽取組前に日本相撲協会から任命された相撲記者、審判委員などで構成された選考委員による三賞選考委員会で決定されます。

以前は巡業でも三賞制度がありましたが、2001年の冬巡業を最後に廃止されています。

スポンサーリンク

大相撲の三賞の賞金額はいくら?

そして気になる大相撲・三賞の賞金額ですが、殊勲賞・敢闘賞・技能賞の各賞それぞれ200万円です。

1人の力士が複数の賞を受賞した場合は、ダブル受賞の場合は400万円、トリプル受賞の場合は600万円が支給されます。

また、1つの賞を複数の力士が受賞することになった場合はどうでしょうか?

この場合は200万円を受賞人数で割ることなく、何人受賞しても各力士それぞれに200万円が支給されます。

ちなみに幕内の優勝賞金額は1,000万円ですから、三賞の賞金額もなかなか高額といっていいのではないでしょうか。

また、三賞受賞者には200万円の賞金の他、表彰状とトロフィーも贈られます。

大相撲・三賞の賞金額
殊勲賞・敢闘賞・技能賞の各賞それぞれ200万円

大相撲の三賞の候補になる条件

大相撲の三賞は、力士ならだれでも受賞できるわけではありません。

三賞の候補になるための条件は、関脇以下の幕内力士で勝ち越した力士です。

なので、横綱と大関には三賞の受賞資格が最初からありません。

三賞選考委員会が千秋楽取組前に行われるため、三賞候補力士が千秋楽の取組に勝ち越しがかかった場合には「勝てば受賞」という条件が付くことになります。

過去には8勝7敗で受賞した力士も多くいましたが、近年では10勝しても受賞できなかった力士もいて、勝ち越しても二桁勝利、さらに11勝以上と三賞の候補になるための条件は時代とともにハードルが上がっているといえます。

大相撲・三賞の候補になるための条件
関脇以下の幕内力士
勝ち越し

スポンサーリンク

大相撲の三賞を独占した力士

大相撲では、1場所で殊勲賞・敢闘賞・技能賞の三賞すべてを独占受賞することを三賞トリプル受賞、または三賞独占と呼ばれていますが、達成した力士はこれまでにわずか5人しかいません。

三賞独占がいかに難しいかは5人しかいないことからも明らかですが、1973年にはなんと2場所連続で達成されています。

しかし、その後は滅多に達成する力士は現れず、2000年11月場所の琴光喜関を最後に三賞独占力士は20年以上、現れていません。

相当な活躍を見せないと三賞独占は難しいですが、5人の三賞独占力士のうち横綱まで上り詰めたのは貴花田(後の貴乃花)のみです。

大相撲で三賞を独占した力士は、以下の通りです。

大相撲・三賞を独占した力士
大受久晃(東関脇):1973年7月場所(13勝2敗)
大錦充周(西前頭11枚目):1973年9月場所(11勝4敗)
貴花田光司(東前頭2枚目):1992年1月場所(14勝1敗で優勝)
出島武春(西関脇):1999年7月場所(13勝2敗で優勝)
琴光喜啓司(西前頭9枚目):2000年11月場所(13勝2敗)

※四股名・番付は受賞当時のものです。

スポンサーリンク

大相撲の三賞の賞金額はいくら?~まとめ

今回は、大相撲の三賞の賞金額はいくらなのか、また受賞候補になる条件と三賞を独占した力士について見てきました。

大相撲の三賞とは殊勲賞・敢闘賞・技能賞の3つの賞の総称で、賞金額は各賞それぞれ200万円です。

大相撲・三賞の候補になるための条件は、関脇以下の幕内力士で勝ち越した力士で、横綱と大関には受賞資格がありません。

1場所で三賞すべてを独占受賞することを三賞トリプル受賞、または三賞独占と呼んでいますが、達成した力士はこれまでにわずか5人しかいません。

勝ち越しが最低条件とはいえ、三賞の候補になるための条件は厳しくなっており、三賞独占力士は20年以上現れていません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

相撲
スポンサーリンク
rainbownijiをフォローする
スポーツなんでも情報クラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました