プロ野球連続無失点記録ランキングを投手・チーム別で!試合数では?

スポンサーリンク

長いプロ野球の歴史の中にはさまざまな記録がありますが、連続無失点記録に関しては改めて確認すると驚異的な記録が数多く見られます。

投手個人としてもチームとしても時代にかかわらず凄い記録が生まれており、連続無失点記録の試合数を見ても同様です。

プロ野球連続無失点記録ランキングはこれまで何イニング、何試合連続で記録されているのでしょうか?

今回は、プロ野球連続無失点記録ランキングは投手・チーム別でどうなっているのか、また同様に試合数ではどうなのかを見ていきます。

スポンサーリンク

プロ野球連続無失点記録ランキング~投手

まずプロ野球連続無失点記録ランキングの投手部門から見ていきましょう。

プロ野球連続無失点記録ランキング歴代1位は64回1/3の金田正一投手で、1958年4月30日の広島戦から5月27日の広島戦まで10試合に渡って途中4試合連続を含む5完封をはさみながら記録しています。

400勝投手はここでも絶大な存在感を発揮していますが、64回1/3といえば試合数では7試合以上のイニング数になり、いかに驚異的な記録であるかがわかります。

2位は藤本英雄投手が1位にわずかに及ばず62回、3位には野口二郎投手が60回1/3でランクインしています。

特に1位の金田正一投手は19位(42回1/3)、3位の野口二郎投手は5位(51回)と15位(43回)にもランクインしており、規格外の印象を受けます。

直近の記録では2020年の大野雄大投手(中日)の45回が12位にランクインしていますが、試合数でいえばちょうど5試合分のイニング数を無失点に抑えたことになります。

全体的に先発完投型の投手が多いように思いますが、ストッパーでは2006年の藤川球児投手(阪神)の47回2/3の連続無失点記録が光ります。

プロ野球連続イニング無失点記録投手ランキングは、以下の通りです。

スポンサーリンク

プロ野球連続無失点記録ランキング~チーム

続いて、チームとしてのプロ野球連続イニング無失点記録を見ていきましょう。

こちらは投手一人での記録と異なり、複数の投手のコンディションが揃わないと達成できないので、また違った難しさがあります。

そしてチームとしてのプロ野球連続イニング無失点記録は52イニングが最多記録で、1942年に阪神タイガースと2011年に日本ハムファイターズの2チームが記録しています。

詳細は、以下の通りです。

プロ野球連続無失点記録~試合数では?

プロ野球連続無失点記録の試合数ということになると、チームとしては上記の52イニング無失点を記録した際の日本ハムファイターズの5試合です。

一方、投手としての連続試合無失点記録としては、藤川球児投手(阪神)が2006年に記録した38試合連続無失点が最多記録です。

当時の阪神タイガースは、ジェフ・ウィリアムズ投手、藤川球児投手、久保田智之投手の3投手で「JFK」と呼ばれた鉄壁のリリーフ陣を誇っていました。

藤川球児投手は“火の玉ストレート”を武器にセットアップとして、プロ野球新記録の17試合連続ホールドや当時の年間シーズン記録となる53ホールドポイント、80試合登板という驚異的な記録を残しました。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

プロ野球の投手の開幕連勝記録ランキング!チームで優勝するには?
こちらでは、プロ野球の投手とチームの開幕連勝記録ランキングとチームが優勝する目安は何連勝なのか、についてまとめました。プロ野球開幕連勝記録は投手も含めて何連勝なのか、開幕ダッシュに成功したチームが優勝する可能性はどれくらいなのでしょうか?

プロ野球連続無失点記録ランキング投手・チーム別~まとめ

今回は、プロ野球連続無失点記録ランキングは投手・チーム別でどうなっているのか、また同様に試合数ではどうなのかを見てきました。

プロ野球連続イニング無失点記録ランキングは、投手部門の歴代1位は1958年に金田正一投手が記録した64回1/3で、チームとしては1942年阪神タイガースと2011年日本ハムファイターズの2チームが記録した52イニングです。

プロ野球連続無失点記録の試合数ということでは、チームとしては日本ハムファイターズが2011年に記録した5試合で、投手個人としては、藤川球児投手(阪神)が2006年に記録した38試合連続無失点が最多記録です。

いずれも驚異的な大記録ですが、今後、さらなる記録更新を期待したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※記録は2020年シーズン終了時点のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました