井岡一翔とジョシュア・フランコはどっちが強い?戦績比較から勝敗予想!

日本人ただひとりのボクシング世界4階級制覇王者で、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔選手(志成)が、WBA王者のジョシュア・フランコ選手(アメリカ)と大晦日にWBO・WBA世界スーパーフライ級王座統一戦を行います。

井上尚弥選手の4団体統一の偉業が記憶に新しいところですが、日本人2人目の4団体統一王者を目指して井岡一翔選手が初めての王座統一戦に挑みます。

相手はWBA王者ということでどっちが強いのか気になるところですが、井岡一翔選手と対戦相手ジョシュア・フランコ選手の戦績比較勝敗予想はどうでしょうか?

今回は、井岡一翔選手とジョシュア・フランコ選手はどっちが強いのか、戦績比較から勝敗予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

井岡一翔とジョシュア・フランコはどっちが強い?~戦績比較

まず井岡一翔選手と対戦相手ジョシュア・フランコ選手では、年齢とキャリアにおいては井岡選手のほうが上です。

年齢差6歳、試合数では井岡選手の31戦に対してフランコ選手が22戦と、井岡選手が9戦上回っています。

戦績比較においては両者ともよく勝っており、井岡選手の2敗に対してフランコ選手は1敗こそしているもののと文句のつけようがありません。

KO率は両者ともに高くはなく、パンチ力に関してはあまり差がないといっていいでしょう。

また、これまでの獲得タイトルではフランコ選手がWBA世界スーパーフライ級のみに対して、井岡選手はミニマム級から始まり、世界ライトフライ級、世界フライ級、世界スーパーフライ級と4階級を制覇しています。

獲得タイトルにおいては戦績以上に井岡一翔選手が対戦相手ジョシュア・フランコ選手を圧倒しています。

世界戦の経験の多さも同様です。

井岡一翔とジョシュア・フランコの戦績など比較表

井岡一翔比較項目フランコ
31戦試合数22戦
29勝(15KO)勝ち18勝(8KO)
2敗負け1敗
0引き分け2
0無効試合1
33歳年齢27歳
165cm身長165cm
166cmリーチ170cm

井岡一翔の戦績などプロフィール

井岡一翔選手は1991年2月1日、大阪府堺市に生まれ、ボクシングは中学1年の時に始めました。

父親の井岡一法さんは元プロボクサーで井岡ボクシングジム会長を務め、叔父の井岡弘樹さんは元世界2階級制覇王者というボクシングをするには最高の環境で育ち、2009年にプロデビューしました。

2011年、当時としては国内最速記録となる7戦目で世界ミニマム王座獲得、その後は階級を上げ世界ライトフライ級の王座を獲得するも世界フライ級王座挑戦に一度は失敗、2度目の挑戦で世界フライ級王座獲得に成功しました。

2017年12月30日、一度は引退しましたが、翌2018年に復帰すると2019年に2度目の挑戦でWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し日本人初の4階級制覇を達成しました。

井岡一翔選手の戦績などプロフィールは、以下の通りです。

井岡一翔の戦績などプロフィール
名前:井岡 一翔(いおか かずと)

生年月日:1989年3月24日(33歳)

国籍:日本

出身地:大阪府堺市

身長:165cm

リーチ:166cm

戦績:31戦29勝(15KO)2敗

獲得タイトル
WBC・WBA世界ミニマム級王座
WBA世界ライトフライ級王座
WBA世界フライ級王座
WBO世界スーパーフライ級王座、など世界4階級制覇王者

※2022年12月14日時点の情報です。

ジョシュア・フランコの戦績などプロフィール

井岡一翔選手の対戦相手となるジョシュア・フランコ選手は1995年10月27日、アメリカ・テキサス州サンアントニオに生まれました。

2015年8月6日にプロデビューすると、デビューから13連勝するなどして実績を重ね、2020年6月23日、アンドリュー・モロニーに判定勝ちしWBA世界スーパーフライ級王座を獲得しました。

オーソドックス・スタイルで、「教授(El Profesor)」のニックネームからイメージされるように、堅実なボクシングとテクニックが特徴です。

井岡一翔選手の対戦相手となるジョシュア・フランコ選手の戦績などプロフィールは、以下の通りです。

ジョシュア・フランコの戦績などプロフィール
本名:ジョシュア・フランコ(アメリカ)

生年月日:1995年10月27日(27歳)

国籍:アメリカ

出身地:アメリカ・テキサス州サンアントニオ

身長:165cm

リーチ:170cm

戦績:22戦18勝(8KO)1敗 2引き分け 1無効試合

ニックネーム:教授(El Profesor)

獲得タイトル
WBC世界スーパーフライ級ユースシルバー王座
WBAインターナショナルバンタム級王座
NABF北米バンタム級王座
WBA世界スーパーフライ級王座

※2022年12月14日時点の情報です。

スポンサーリンク

井岡一翔とジョシュア・フランコはどっちが強い?~勝敗予想

では続いて、井岡一翔選手と対戦相手ジョシュア・フランコ選手のどっちが強いのか勝敗予想をしていきます。

これまでの両者の戦績ではほぼ互角、獲得タイトルや世界戦の経験などを見ると、井岡一翔選手が優位に立っていると見ていいでしょう。

ともにオーソドックス・スタイルのテクニシャンで、KO率があまり高くないことから、KO決着の可能性は低く、どちらが勝っても勝負は判定にもつれ込む可能性が非常に高いと予想します。

お互いにディフェンスが良いいので、なかなか有効打を奪えない展開になることが予想され、判定も僅差になるのではないでしょうか。

しかし、フランコ選手が2021年8月14日以来の久しぶりの試合であること(井岡選手は2022年7月13日のニエテス戦以来)や世界戦の経験の差などを考えると、勝敗予想としては井岡一翔選手の僅差の判定勝ちと予想します。

獲得タイトルからはチャンピオンとしての格は井岡選手が数段上ですが、井岡選手より6歳若いフランコ選手が若さを武器に積極的に出てくれば、また違った試合展開になるかもしれません。

井岡一翔vsジョシュア・フランコの地上波テレビ放送

井上尚弥選手、村田諒太選手の試合は地上波を含めたテレビ中継がなく映像配信サービスによるライブ配信のみとなり、井岡一翔vsジョシュア・フランコの一戦もどうなることかと思われましたが、いつも通りに地上波TBS系列で生中継の予定です。

やはり有料のインターネットによるライブ配信より、無料の地上波で見られるのはありがたいです。

放送時間も発表されており、安心して試合当日を迎えることができそうです。

井岡一翔vsジョシュア・フランコの地上波テレビ放送は、以下の通りです。

井岡一翔vsジョシュア・フランコの地上波テレビ放送
放送局
地上波TBS系列(全国ネット)

放送日程
2022年12月31日(土)

放送時間
17:00~(生中継)

井岡一翔vsジョシュア・フランコの日程など概要

井岡一翔vsジョシュア・フランコのWBO・WBA世界スーパーフライ級王座統一戦の日程は12月31日(土)、東京・大田区総合体育館を試合会場に行われます。

井岡一翔選手にとってはWBO6度目の防衛戦、対するジョシュア・フランコ選手にとってはWBA2度目の防衛戦で、両選手にとって初の統一戦となります。

試合当日はメインのスーパーフライ級王座統一戦の前にアンダーカードが3試合予定されており、井岡一翔vsジョシュア・フランコ戦の試合開始時間はアンダーカード終了後になります。

井岡一翔vsジョシュア・フランコのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの日程など概要は、以下の通りです。

井岡一翔vsドニー・ニエテスのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの日程など概要
対戦カード
WBOチャンピオン:井岡一翔(日本)
WBAチャンピオン:ジョシュア・フランコ(アメリカ)

日程
2022年12月31日(土)

試合開始時間
アンダーカード終了後(17:00すぎ頃?)

会場
大田区総合体育館(東京都)

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ボクシングの最多防衛記録・階級制覇は?日本人と世界をまとめ!
こちらでは、ボクシングの最多防衛記録と最多階級制覇記録を日本人と世界で比較しながらまとめました。ボクシングでは多くの世界チャンピオンが輩出されてきましたが、これまでの日本人の最多防衛記録・階級制覇記録はどれくらいでだれが達成?世界とも比較も!

井岡一翔とジョシュア・フランコはどっちが強い?勝敗予想~まとめ

今回は、井岡一翔選手とジョシュア・フランコ選手はどっちが強いのか、戦績比較から勝敗予想をしてきました。

戦績を比較するとほぼ互角、KO率などもほぼ互角で好試合が期待されますが、フランコ選手が1年4か月ぶりの久しぶりの試合であること(井岡選手は2022年7月13日のニエテス戦以来)や世界戦の経験の差などを考えると、勝敗予想としては井岡一翔選手の僅差の判定勝ちと予想します。

井岡一翔vsジョシュア・フランコ戦の地上波テレビ放送は、TBS系列で生中継の予定です。

井岡一翔選手がWBOとWBAの2団体統一王者となって今後の統一戦に弾みをつけるのか、注目の統一戦がいよいよ始まります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました