大谷翔平の年俸推移を日本円で!メジャーリーグで安いのはなぜ?

スポンサーリンク

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、二刀流で大活躍中です。

高校時代から注目され、プロ入りしてからも二刀流を貫き、話題とともに実績も積んできた大谷翔平選手だけに年俸もかなりの額なのだろうと想像してしまいます。

ところが、年俸推移日本円で比較してみると、メジャーリーグに移籍してからが安いという摩訶不思議な年俸推移となっています。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

今回は、大谷翔平選手の年俸推移を日本円で比較すると日本ハムファイターズ時代よりメジャーリーグで安いのはなぜなのか、また、いつ上がるのかを予想していきます。

スポンサーリンク

大谷翔平の年俸推移を日本円で比較

大谷翔平選手は、高校時代(花巻東)に投げてはアマチュア野球史上初となる最速160kmを記録し、打っては高校通算56本塁打を記録した二刀流のスーパースター選手です。

高校時代からメジャーリーグ入りを希望していましたが、2012年のドラフト会議で日本ハムファイターズが1位指名され日本ハムファイターズに入団しました。

二刀流プランの提示と日本ハムファイターズの誠意ある入団交渉が実を結んだ結果といえます。

プロ入り後も日本プロ野球(NPB)最速の球速165kmを記録し、2016年にはNPB史上初の2ケタ勝利・100安打・20本塁打を達成し、2018年からポスティングシステムを利用してメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍しています。

そして、気になる大谷翔平選手の年俸推移ですが、日本ハムファイターズ時代もメジャーリーグに移籍してからも順調にアップしているように見えます。

ところが、メジャーリーグでの年俸を日本円に換算すると、メジャー移籍した2018年は日本ハムファイターズ時代最終年の2億7,000万円から約6,000万円へ大幅にダウンしています。

メジャーリーグに移籍する際には日本人選手の年俸はかなりアップすることが多いですから、大谷翔平選手の実力と話題性からいってこの年俸ダウンは異例のことといえます。

メジャーリーグ

大谷翔平選手のメジャーリーグにおける年俸推移は、メジャー移籍した2018年は上述したように大幅にダウンしていますが、その後は毎年、アップし続けています。(2021年現在)

メジャーリーグ・エンゼルスでの大谷翔平選手の年俸推移は、以下の通りです。

大谷翔平のメジャーリーグ・エンゼルスでの年俸推移
2022年 550万ドル(約6億円)
2021年 300万ドル(約3億3,000万円)
2020年 70万ドル(約7,700万円)※60試合のため約37%に減額
2019年 65万5,000ドル(約7,200万円)
2018年 54万5,000ドル(約6,000万円)※メジャー最低保障額

※1ドル=110円換算、金額は推定

日本ハムファイターズ

大谷翔平選手は、2012年に花巻東高校から二刀流としてドラフト1位(契約金1億円+出来高5,000万円、年俸1,500万円)で日本ハムファイターズに入団しました。

日本ハムファイターズ時代の大谷翔平選手の年俸推移も毎年、順調にアップし続けました。

日本ハムファイターズでの大谷翔平選手のプロ1年目からの年俸推移は、以下の通りです。

大谷翔平の日本ハムファイターズでの年俸推移
2017年 2億7,000万円
2016年 2億円
2015年 1億円
2014年 3,000万円
2013年 1,500万円

※金額は推定

スポンサーリンク

大谷翔平の年俸推移~メジャーで安いのはなぜ?

日本人選手の年俸でいうと元ヤンキースの田中将大投手が2,200万ドル(約24億円)、ダルビッシュ有投手がカブス所属時に2,500万ドル(約27.5億円)という年俸実績がありますが、これらの年俸と比較すると大谷翔平選手の年俸が安いのはなぜなのでしょうか?

大きな理由はメジャーリーグに移籍した1年目にあります。

メジャーリーグの選手の年俸は労使協定で定められており、海外の選手がメジャーリーグでアメリカの選手と同じ扱いになるには、「25歳以上で、かつ自国内でのプロ経験が6年以上」という条件があります。

そのため、最初はマイナー契約から始まりメジャーに昇格しても大型契約は禁止で、メジャー1年目の年俸は全選手中最も安い最低保障額となったわけです。

メジャーリーグに移籍した1年目の2018年には新人王を獲得したもののその後は肘の手術などもあり、大谷翔平選手も納得できる活躍はできていません。

メジャーリーグ移籍後も年俸はアップし、2021・22年は2年契約で大幅なアップが実現したのは二刀流へのエンゼルスの期待の表れといっていいかもしれません。

大谷翔平の年俸がいつ上がるのか予想

大谷翔平選手の年俸推移はここまで見てきたように、メジャーリーグ移籍後は思いのほか、安いという印象があります。

では、年俸がいつ上がるのか予想してみたいと思います。

現時点(2021年4月)での大谷翔平選手の契約状況を見ると、2022年までの年俸が決まっています。

なので、大谷翔平選手の年俸がいつ上がるのかは、少なくとも2023年以降ということになります。

しかし、年俸アップには大谷翔平選手の活躍が条件となります。

例えば、2021・2022年シーズンに期待通りに二刀流で活躍した場合はこれまでにない大幅な年俸アップが予想されます。

上述した田中将大投手の2,200万ドル(約24億円)やダルビッシュ有投手の2,500万ドル(約27.5億円)を上回り、さらにその先には前代未聞の二刀流だけにメジャーリーグ史上最高額の年俸の可能性も秘めているといっていいのではないでしょうか。

大谷翔平選手の身長推移については、こちらの記事をご参照下さい↓

大谷翔平の身長推移!伸びたのは両親からの遺伝と幼少期の食事のせい?
こちらでは、大谷翔平選手の身長の推移や伸びた秘訣、大谷選手の幼少期の食事などについてまとめました。二刀流で大活躍中の大谷翔平選手の幼少期からの身長推移はどうだったのか、これだけ身長が伸びたのには何か秘訣があったのでしょうか?

大谷翔平の年俸推移を日本円で比較~まとめ

今回は、大谷翔平選手の年俸推移を日本円で比較すると日本ハムファイターズ時代よりメジャーリーグで安いのはなぜなのか、また、いつ上がるのかを予想してみました。

大谷翔平選手の年俸推移を見ると順調にアップしているように見えますが、メジャーリーグでの年俸を日本円に換算すると、メジャー移籍した2018年は日本ハムファイターズ時代最終年の2億7,000万円から約6,000万円へ大幅にダウンしています。

その理由は、「25歳以上で、かつ自国内でのプロ経験が6年以上」というメジャーリーグの労使協定に当てはまらなかったからです。

大谷翔平選手は、メジャー移籍した当時の年齢は23歳で、プロ野球の経験も5年だったためにメジャーリーグではアマチュア扱いとなりました。

大谷翔平選手の年俸がいつ上がるのかは少なくとも2023年以降で、二刀流で活躍した場合はこれまでにない大幅な年俸アップが予想され、これまでメジャー移籍した日本人選手の最高年俸額を上回り、さらに二刀流としてメジャーリーグ史上最高額の年俸の可能性も秘めているといっていいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました