大相撲の新入幕力士優勝は過去に何回ある?初日からの連勝記録も!

スポンサーリンク

大相撲新入幕力士といえば他のスポーツでいえば、ほやほやのルーキーというイメージがあります。

これからどこまで活躍するのかという期待がある一方でもし負け越してしまえば、即十両陥落という番付でもあります。

勝ち越せば御の字とも思える大相撲の新入幕力士ですが、新入幕力士優勝という快挙は過去に例はあるのでしょうか?

今回は、大相撲の新入幕力士優勝は過去に何回あるのか、さらに新入幕力士の初日からの連勝記録、スピード新入幕記録などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

大相撲の新入幕力士優勝は過去に何回ある?

大相撲で、十両の力士が初めて幕内の番付に上がることを新入幕といいます。

幕内では横綱をはじめ多くの強豪力士がひしめいているため、新入幕力士が優勝することがいかに難しいかは容易に想像できます。

実際に、長い大相撲の歴史の中で新入幕力士優勝は過去に1回しかありません。

そのただ1度の新入幕優勝を達成した力士が両國勇次郎で、1914年(大正3年)5月場所(夏場所)のことですからもう100年以上前の記録となります。

当時、新入幕で東前頭14枚目だった両國勇次郎は、9勝1休の成績で見事に新入幕優勝の快挙を達成しています。

両國勇次郎は身長1m73㎝、体重90kgと決して体格は大きくはなかったものの筋肉質でバランスがよく、特に足腰がしっかりしていたということです。

大相撲の本場所が15日制となった1939年(昭和14年)5月場所(夏場所)以降は、新入幕力士優勝はありません。

スポンサーリンク

大相撲の新入幕力士の初日からの連勝記録

大相撲の新入幕力士優勝がいかに難しいかがわかりましたが、新入幕力士の連勝記録はどうでしょうか?

1場所15日制になってからは陸奥嵐の12連勝が最高連勝記録ですが、10日制の時代には2場所にまたがっての13連勝という記録もあります。

大相撲の新入幕力士の初日からの連勝記録ランキングトップ3は、以下の通りです。

新入幕力士の初日からの連勝記録ランキング
1位:12連勝
陸奥嵐(東前頭14枚目)
1967年(昭和42年)3月場所(春場所)
最終成績:13勝2敗

2位:11連勝
大鵬(西前頭13枚目)
1960年(昭和35年)1月場所(初場所)
最終成績:12勝3敗

3位:10連勝
石浦(東前頭15枚目)
2016年(平成28年)11月場所(九州場所)
最終成績:10勝5敗

参考記録
13連勝:千代ノ山
1945年(昭和20年)11月場所・東前頭10枚目で10勝0敗
~1946年(昭和21年)11月場所・東前頭筆頭で10勝3敗
※10日制で新入幕で全勝した場所から翌場所にかけて13連勝を達成

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

相撲の幕尻優勝の意味とは?過去に達成した力士と賞金額も!
こちらでは、相撲の幕尻優勝の意味とは何か、また過去に達成した力士と賞金額などについてまとめました。幕尻優勝は滅多に見られない珍しい優勝で過去にも数えるほどしか例がありません。そもそも幕尻とはどういう意味なのか、優勝の具体例などを紹介します!

大相撲の新入幕力士~スピード新入幕記録

最後に、大相撲のスピード新入幕力士のスピード新入幕記録を見ていきましょう。

スピード新入幕の最短記録は常幸龍が2012年11月場所で記録した9場所ですが、ランキングの上位記録は2000年以降の割と新しい世代の力士が多いようです。

しかも記録は年々更新されていますから、今後もどこまで短縮されるのかも注目したいと思います。

大相撲のスピード新入幕記録ランキングは、以下の通りです。

大相撲のスピード新入幕記録ランキング
1位:9場所
常幸龍(2012年11月場所)

2位:10場所
大砂嵐(2013年11月場所)
北勝富士(2016年11月場所)

4位:11場所
琴欧州(2004年9月場所)
阿覧(2008年11月場所)
正代(2016年1月場所)
友風(2019年3月場所)

8位:12場所
高鐵山(板井)(1980年9月場所)
小錦(1984年7月場所)
栃東(1996年11月場所)
朝青龍(2001年1月場所)
時天空(2004年7月場所)
嘉風(2006年1月場所)
把瑠都(2006年5月場所)
境澤(2008年3月場所)
山本山(2009年1月場所)
宇良(2017年3月場所)

※カッコ内は新入幕した場所です。
※年6場所制になってからの2020年9月場所までの記録です。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

翔猿の読み方と由来は?イケメン力士の体重・出身などプロフィールも
こちらでは、イケメン力士・翔猿の名前の読み方と由来は何か、また体重・出身中学・高校などプロフィールなどについてまとめました。番付表でひときわ目を引いた個性的な四股名が翔猿でした。四股名のイメージとは違いイケメン力士で意外性もあり人気爆発の予感が!

大相撲の新入幕力士優勝~まとめ

今回は、大相撲の新入幕力士優勝は過去に何回あるのか、さらに新入幕力士の初日からの連勝記録、スピード新入幕記録などについてまとめました。

大相撲の新入幕力士優勝は、1914年(大正3年)5月場所(夏場所)の両國勇次郎の1回のみ(10日制)で、大相撲の本場所が15日制になってからはありません。

また、初日からの連勝記録は、1967年(昭和42年)3月場所(春場所)で記録した陸奥嵐の12連勝が最高記録で、スピード新入幕記録は2012年11月場所で常幸龍が記録した9場所です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました