プロ野球のリクエストの回数や時間などルールまとめ!成功率はどれくらい?

スポンサーリンク

プロ野球ではしばしば、アウトかセーフかどちらかわからない際どいプレーがあります。

以前はビデオで見て判定と異なっているような判定でも覆ることはありませんでしたが、近年ではそんな時にリクエストと呼ばれるビデオ判定が行われるようになりました。

プロ野球はリクエストの導入によって際どい判定でもより納得できるようになったといえますが、このリクエストの回数時間などルールはどうなっているのでしょうか?

また、リクエストによってどれくらい判定が覆ったのか成功率も気になります。

今回は、プロ野球のリクエストの回数や時間などルール、成功率はどれくらいなのかなどをわかりやすく見ていきます。

スポンサーリンク

プロ野球のリクエストの回数や時間などルール

プロ野球のリクエストは2018年から導入され、各チームの監督がベンチから出てきて四角のサインを送って要求します。

リクエスト後の判定は最終判定であり、これに異を唱えた監督などは退場処分となります。

また、リクエストの回数や時間、対象などにもルールが定められています。

プロ野球のリクエストのルール~回数

プロ野球のリクエストのルールで、チームの監督がリクエストできる回数(リクエスト権)は1試合につき2回までです。

ただし、延長戦に突入した場合はさらにもう1回リクエストすることができます。

そして、リクエストによりリプレー検証の結果が覆れば2回の回数はそのまま維持されますが、結果がそのままならリクエスト権は1回減ることになります。

リクエストを何回も認めていたらプレーがしょっちゅう中断する可能性があり、試合時間も大幅に長くなりかねません。

プロ野球のリクエストのルール~時間

プロ野球のリクエストには時間に関するルールもあります。

時間に関するルールはチームではなく審判に適用されます。

リクエストを受けた審判は5分以内にリプレー検証をし、判定をしなければなりません。

リクエストによって多少なりとも試合が中断してしまうわけですが、やはりなるべく迅速に判定し、中断の時間をより短くすることが求められます。

なお、5分以内にリプレー検証が終えられない場合は、最初の判定のままとなります。

プロ野球のリクエストのルール~対象

リクエストはすべてのプレーが対象になるのではなく、対象になるのは主にアウトかセーフの判定、フェアかファールの判定(ヒットやホームランも含む)、頭部への死球などで、すべてのプレーでリプレー検証を求めることができるわけではありません。

以下のプレーに関してはリクエストはできません。

リクエストの対象とならないプレー
ストライクやボールなどの投球判定
ハーフスイング
ボーク
自打球
インフィールドフライ
塁審より前(ホームベース寄り)の打球

スポンサーリンク

プロ野球のリクエストの成功率

1試合につき基本的に1チーム2回までのリクエスト権があることはわかりましたが、判定が覆るの(成功率)はどれくらいなのでしょうか?

上述したようにプロ野球のリクエストは2018年から導入されていますが、これまでの成功率を見ると、約30%ちょっとといったところです。

成功率が高いか低いかはなんともいえませんが、個人的には約3回に1回判定が覆っているというのは高い印象を受けます。

リクエストをするということ自体、基本的にクロスプレーであることが多いはずですから、リクエストによって判定が覆るということはその後の試合の流れにも少なからず影響を与えると思います。

試合の大事な場面でのリクエストは監督の手腕が表れるといってもいいのではないでしょうか。

プロ野球のリクエストの成功率は、以下の通りです。

プロ野球のリクエストの成功率
2020年:.326(リクエスト500回中163回成功)
2019年:.303(リクエスト561回中170回成功)
2018年:.337(リクエスト505回中170回成功)

※参考サイト:プロ野球のリクエストの回数や成功率については、以下のサイトを参考にさせていただきました。
「BBNews」

プロ野球のリクエストの回数や時間などルール~まとめ

今回は、プロ野球のリクエストの回数や時間などルール、成功率はどれくらいなのかなどを見てきました。

プロ野球のリクエストの回数(リクエスト権)は1試合につき2回までで(ただし、延長戦に突入した場合はさらにもう1回)、時間については審判は5分以内にリプレー検証をし判定をしなければならないというルールになっています。

リクエストの成功率は約30%ちょっとです。(2018~2020年)

約3回に1回判定が覆っていることになりますが、試合の流れにも少なからず影響を与えることからもリクエストが成功するか失敗するかは実は勝敗を分ける大きなポイントにもなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました