大相撲春場所2020の注目力士は?無観客ならではの見どころも!

大相撲春場所2020が、3月8日(日)からエディオンアリーナ大阪で開催されますが、新型コロナウイルスの影響により無観客での開催が決定されています。

力士たちには開催されるかどうかで戸惑いもあったかと思いますが、無観客で開催決定ということで複雑な心境なのは間違いないところでしょう。

そんな中、大相撲春場所2020の注目力士見どころは、どうでしょうか?

今回は、大相撲春場所2020の注目力士や無観客ならではの見どころなどを見ていきます。

スポンサーリンク

大相撲春場所2020の注目力士

まず、大相撲春場所2020の注目力士から見ていきたいと思います。

世代交代が進む中で両横綱はケガに悩まされ、絶対的な力を持った力士がいない状況で、優勝力士も毎場所のようにコロコロ変わっていきます。

春場所2020も横綱が万全の体調なら優勝の本命なのですが、その保証はありません。

新型コロナウイルス感染の予防など、体調維持にも難しいところがあるでしょう。

そんな中で、以下の注目力士をあげてみました。

大相撲春場所2020の注目力士①~朝乃山

注目力士の筆頭は大関昇進を目指す関脇・朝乃山です。

朝乃山は2場所連続東関脇で、大関昇進の目安となる「直近3場所を三役で33勝」に対して、2場所前には11勝、先場所には10勝の成績を残しています。

この春場所に12勝以上で33勝に届きますが、はたしてどうなるか注目されるところです。

大相撲春場所2020の注目力士②~徳勝龍・正代

徳勝龍正代は、先場所の優勝・準優勝力士です。

徳勝龍は先場所の優勝で幕尻から西前頭2枚目まで番付が上がり、春場所は上位総当たりで実力が試されます。

また、正代は先場所13勝で準優勝し、19場所ぶりの西関脇復帰です。

これまでは安定感に欠ける部分もありましたが、2場所前には11勝、先場所には13勝の好成績を残し、実力が本物かどうか注目されます。

大相撲春場所2020の注目力士③~琴ノ若

東前頭18枚目の琴ノ若は、この春場所で新入幕を果たしましたが、父で師匠なのが佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)で、さらに母方の祖父は第53代横綱・琴櫻というサラブレッドです。

現在、1997年生まれの22歳ですが、身長188cm、体重173kgと体格にも恵まれており、組んでよし、押し相撲にも強いということで台風の目になるかどうか、注目です。

史上9組目の親子幕内力士が誕生したことになりますが、幕内に前頭18枚目があるのも61年ぶりのことです。

スポンサーリンク

大相撲春場所2020の無観客ならではの見どころ

大相撲春場所2020の見どころは、まず上述した注目力士たちと横綱・大関陣との優勝争いになります。

とにかく毎場所にように優勝力士が変わりますので、春場所も先場所の徳勝龍にように予想だにしない力士が優勝争いに名乗りを上げてくる可能性があります。

なので、ダークホースとなるような力士が出現するかどうかが第2の見どころとなります。

そして、もうひとつ無観客ならではの見どころがあります。

それは力士同士がぶつかり合う音です。

いつもは満員のお客さんの歓声でかき消されていた音が、無観客では場内にストレートに響き渡ります。

すでにプロ野球のオープン戦が無観客試合で行われていますが、テレビで観戦してみるとボールがバットに当たる音やキャッチする音がドーム球場ではいつになく響いているのが臨場感たっぷりに感じ取れます。

大相撲春場所2020のテレビ放送は、NHKでいつも通り生中継されますから、力士同士がぶつかり合う音やもしかしたら息づかいまで聞けるまたとないチャンスになるかもしれません。

無観客ならではの見どころになるのではないでしょうか。

大相撲春場所2020の日程と会場など概要

大相撲の本場所が無観客で行われるのは、東京大空襲直後の1945年夏場所以来となります。

また、完売していたチケット料金は払い戻しとなり15日間で10億円を超えるといわれています。

さらに取組前の力水は感染予防のために口はつけずに行い、力士の体温を毎日測定し、原則として37度5分以上の熱がある力士は出場させない方針です。

それでも力士などに感染者が出た場合は場所中であっても中止にするとのことで、今までにない厳重な管理となっています。

大相撲春場所2020の日程と会場など概要は、以下の通りです。

開催日程
2020年3月8日(日)~3月22日(日)

1日のスケジュール
8:15開場
14:15頃 十両土俵入り(初日は14:05頃)
15:40頃 幕内土俵入り(初日は15:30頃)
15:55頃 横綱土俵入り
16:10頃 幕内取組
17:55頃 弓取式
※千秋楽は、30分程度予定が早まります。

会場
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

所在地
〒556-0011 大阪市浪速区難波中3-4-36

アクセス
JR・南海電鉄「難波駅」、または地下鉄「なんば駅」

大相撲春場所2020のまとめ

今回は、大相撲春場所2020の注目力士や無観客ならではの見どころなどを見てきました。

大相撲春場所2020の注目力士は、

・大関昇進を目指す朝乃山

・先場所の優勝・準優勝力士の徳勝龍正代

・父で師匠が元関脇琴ノ若である新入幕の琴ノ若

で、無観客ならではの見どころは、力士同士がぶつかり合う音や息づかいなどのいつもと違う臨場感をテレビでも感じられることです。

会場で見られないのは残念ですが、いつもと違う場所を楽しめればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました