仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学まとめ!

いよいよ今年2020年の選抜高校野球大会の開催が近づいてきました。

出場校32校が決まり、3月19日から熱戦が展開されます。

東北からは21世紀枠を含めて3校が出場しますが、その中でも仙台育英高校は全国にもその名が知れ渡っている名門校です。

最近は、野球部のメンバーも県外出身者が多くなっていますが、仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学はどうでしょうか?

今回は、仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学をまとめてみました。

スポンサーリンク

仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学

仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学を見ると、宮城県の出身中学者が10名で約半分を占め、次いで山形県の出身中学が3名、その他、福島県・埼玉県・神奈川県・大阪府・兵庫県が各1名となっています。

宮城県の秀光中の出身者が4名と目立ちますが、秀光中は仙台育英高校と同じ仙台市宮城野区に位置しており、1996年に仙台育英学園秀光中学校として開校した中学校です。

つまり、仙台育英の系列校で多くの選手がそのまま仙台育英高校に進学しているというわけです。

秀光中からはプロ野球選手も誕生しているばかりでなく、現監督の須江航監督も秀光中の出身者という注目の中学校です。

秀光中以外は特にメンバーの集中している出身中学はないようで、宮城県を中心にいい選手を集めているという印象を受けます。

仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学は、以下の通りです。

1 向坂優太郎(3年・投手・左/左・181/75)宮城県・村田二中
2 木村航大(2年・捕手・右/右・170/70)宮城県・秀光中
3 笹倉世凪(2年・一塁手・左/左・178/85)宮城県・秀光中
4 渡邉旭(2年・二塁手・右/左・168/64)福島県・平二中
5 田中祥都(3年・三塁手・右/左・170/64)兵庫県・松陽中
6 入江大樹(3年・遊撃手・右/右・185/83)大阪府・福泉中
7 宮本拓実(3年・左翼手・右/左・180/78)宮城県・秀光中
8 佐々木涼(3年・中堅手・左/左・178/74)宮城県・仙台二中
9 吉野蓮(2年・右翼手・右/右・176/76)宮城県・東向陽台中
10 阿部恋(3年・投手・右/左・175/72)山形県・最上中
11 粕谷映人(3年・投手・右/右・166/72)宮城県・登米市立中田中
12 小野寺真輝(3年・捕手・右/右・178/78)山形県・酒田二中
13 金子紫温(3年・内野手・右/右・177/79)神奈川県・萩園中
14 石川汰一(3年・内野手・右/左・174/70)宮城県・将監中
15 村上健太(3年・内野手・右/左・179/77)山形県・山形九中
16 平松秀児(3年・内野手・右/右・167/65)宮城県・秀光中
17 松本京太郎(3年・外野手・右/左・172/69)埼玉県・長瀞中
18 尾形史人(3年・投手・左/左・165/60)宮城県・塩釜一中

※カッコ内は、左から順に学年・守備・投打・身長体重となっています。
※メンバーは変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの注目選手

続いて、仙台育英野球部の選抜高校野球2020の注目選手を見ていきましょう。

仙台育英高校には有力選手がたくさんいて野手兼任の投手も複数います。

そのため背番号が二ケタの選手も多くの試合に出場しており、試合ごとに出場選手が変わる文字通り”全員野球”のチームです。

仙台育英高校は総合力で勝負するチームではありますが、その中でもキーとなりそうな注目選手を2名あげてみました。

仙台育英の投手の注目選手~向坂優太郎

向坂優太郎選手は仙台育英のエースとして東北大会4試合に登板し、初戦・準々決勝を無失点に抑え、準決勝も2失点ながら奪三振13と好投を見せました。

最速141キロのストレートに加え、スライダー、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球を駆使し、さらなる飛躍が期待されるエースです。

仙台育英の投手・野手の注目選手~笹倉世凪

投手・野手の両方で注目選手としてあげたいのが笹倉世凪選手です。

投げては最速149キロのストレート、打っては宮城県大会で3試合連続ホームランを放つなど打率.488、17打点の大活躍を見せました。

まだ2年生だけにこれからの大いなる成長が期待されています。

仙台育英野球部の選抜高校野球の戦績

最後に、仙台育英野球部の春の選抜高校野球の戦績をチェックしておきましょう。

仙台育英高校を含めて東北のチームが、春夏を通じて甲子園での優勝はまだありません。

そんな中、仙台育英高校は春夏を通じて準優勝の実績があり、東北のチームでは優勝の最右翼といえます。

春の選抜高校野球は3年ぶり13回目の出場となり、悲願の優勝を目指します。

仙台育英野球部の選抜高校野球の戦績は、以下の通りです。

甲子園通算成績:48勝40敗

春の選抜高校野球:出場12回

春の選抜通算成績:12勝12敗(勝率.500)

優勝:なし

準優勝:1回(2001年)

ベスト4:なし

ベスト8:2回(1989・2013年)

仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバー~まとめ

今回は、仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学を見てきました。

仙台育英野球部の選抜高校野球2020のメンバーの出身中学は、宮城県の出身中学者が10名で約半分を占め、中でも仙台育英の系列校である秀光中の出身者が4名と目立ちます。

秀光中以外は特にメンバーの集中している出身中学はく、地元の宮城県を中心に全国からメンバーを集めています。

仙台育英高校の甲子園の優勝はありませんが、春夏ともに準優勝の実績があり東北のチームとして優勝の最右翼として期待が高まっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました