大阪マラソン2020のエントリー受付はいつから?募集人数や費用も

大阪マラソン2020の開催が、11月29日(日)に決定しました。

10回目の節目の開催となる今年は募集人数を拡大し、さらに規模の大きなマラソン大会になりそうです。

気になる大阪マラソン2020のエントリー受付は、いつからなのでしょうか?

今回は、大阪マラソン2020のエントリー受付はいつからか、また募集人数や費用などについても見ていきます。

追記:新型コロナウイルスの影響により、大阪マラソン2020は中止となりました。

スポンサーリンク

大阪マラソン2020のエントリー受付はいつから?

大阪マラソン2020開催にあたってランナーにとってまず気になるのが、エントリー受付がいつからスタートするのかということです。

今年のエントリー受付は4月からスタートしますが、ランナーの種別によって3つの時期に分かれます。

エントリー受付期間は、以下のようになります。

市民アスリート・障がい者ランナー:2020年4月8日(水)12:00~4月10日(金)17:00

一般ランナー:2020年4月10日(水)12:00~5月22日(金)17:00

大阪スポーツ応援ランナー:2020年4月10日(水)12:00~6月30日(火)
(※納付書利用の場合は、5月29日(金)17:00まで)

チャリティランナー:2020年4月23日~8月28日(金)17:00

大阪マラソン2020へのエントリーと詳細はこちら!
☞ http://www.osaka-marathon.com/

大阪マラソン2020の連続落選者枠

募集人数を拡大したとはいえ、今回も抽選の可能性が大きいのは間違いないでしょう。

第7回から第9回大阪マラソンに個人エントリーして3大会連続で落選した方には、今大会に個人でエントリーした場合、優先的に抽選する「連続落選者枠(4,500人)」が設けられます。

「連続落選者枠」で落選者枠の抽選に外れた場合、再度全体抽選の対象となります。

これにより抽選の機会が2回になり、通常のエントリーよりも当選のチャンスが増えることになりました。

スポンサーリンク

大阪マラソン2020の募集人数

続いて、大阪マラソン2020の募集人数(定員)ですが、今年2020年は昨年の32,000人から35,000人に拡大されています。

東京マラソンが38,000人ですから、規模もかなり大きくなって近づいています。

定員50人の「障がい者ランナー」が新設され、さらに「大阪スポーツ応援ランナー」が600人から800人に、「連続落選者枠」が4,000人から4,500人にそれぞれ拡大されました。

大阪マラソン2020の募集人数(定員)は、以下の通りです。

個人・ペア(2人)・グループ(3~7人):31,150人(定員を超えた場合は抽選)

市民アスリート:2,000人 (先着順)

チャリティランナー:1,000人 (先着順)

大阪スポーツ応援ランナー:800人 (先着順)

障がい者ランナー:50人 (先着順)

大阪マラソン2020のエントリー費用

最後に大阪マラソン2020のエントリー費用ですが、今年は値上げとなっています。

例えば、2019年大会はマラソン個人で10,800円(税込み)でしたが、 今年は14,000円(税込み)になりました。

消費税も8%から10%になった影響もありますが、だいぶ上がることになります。

また、エントリー費用には参加料の他に事務手数料とチャリティ募金額(チャリティランナーを除く)が加わります。

国内個人の場合は、最低でも15,550円のエントリー費用が必要となります。

大阪マラソン2020のエントリー費用は、以下の通りです。

エントリー費用=参加料+事務手数料+チャリティ募金(500円×2口以上)

個人:国内14,000円(税込み)、国外16,000円(税込み)、事務手数料550円

ペア(2人):36,400円(税込み)、事務手数料1,100円

グループ(3~7人):127,400円(税込み)、事務手数料3,850円 ※参加人数に関わらず一律

市民アスリート:14,000円(税込み)、事務手数料550円

チャリティランナー:14,000円(税込み)、事務手数料550円、チャリティ募金はなし

大阪スポーツ応援ランナー:国内14,000円(税込み)、国外16,000円(税込み)、事務手数料550円

障がい者ランナー:14,000円(税込み)、事務手数料550円

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 大阪マラソン2020の日程とスタート・制限時間は?コース情報も!

大阪マラソン2020のエントリーまとめ

今回は、大阪マラソン2020のエントリー受付はいつからか、また募集人数や費用などについても見てきました。

大阪マラソン2020のエントリー受付は4月からで、ランナーの種別によって3つの時期に分かれます。

募集人数(定員)は、昨年より3,00人増えて35,000人で、エントリー費用は参加料+事務手数料+チャリティ募金額がかかります。

規模的にも東京マラソンに迫る勢いを見せている大阪マラソンですが、今年も定員を上回る募集が予想されます。

エントリーが済んだら当選を祈りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追記:新型コロナウイルスの影響により、大阪マラソン2020は中止となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました