井岡一翔vsニエテス再戦の地上波テレビ放送は?戦績などプロフィールも

日本人ただひとりのボクシング世界4階級制覇王者で、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔選手(志成)が、ドニー・ニエテス(フィリピン)を挑戦者に迎えてWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが行われます。

2022年は4月に村田諒太vsゴロフキン戦、6月には井上尚弥vsドネア戦の王座統一戦とボクシングファン注目のタイトル戦が続いていますが、村田戦と井上戦はともに地上波などテレビ放送の予定がないという悩ましい状況になっています。

はたして、井岡一翔vsニエテスの地上波テレビ放送はあるのでしょうか?

さらにともに4階級制覇王者同士の再戦ということで、井岡選手と対戦相手ニエテス選手の戦績なども気になるところです。

今回は、井岡一翔vsドニー・ニエテス再戦の地上波テレビ放送はあるのか、さらに井岡選手と対戦相手ニエテス選手の戦績などについても見ていきます。

スポンサーリンク

井岡一翔vsニエテス再戦の地上波テレビ放送は?

井上尚弥選手、村田諒太選手の試合は地上波を含めたテレビ中継がなく映像配信サービスによるライブ配信のみとなり、井岡一翔vsドニー・ニエテスの一戦もどうなることかと思われましたが、いつも通りにTBS系列で生中継の予定です。

やはり有料のインターネットによるライブ配信より、無料の地上波で見られるのはありがたいです。

放送時間も発表されており、安心して試合当日を迎えることができそうです。

井岡一翔vsドニー・ニエテスの地上波テレビ放送は、以下の通りです。

地上波:TBS系列(全国ネット)
放送日程
2022年7月13日(水)

放送時間
21:00~(生中継)

スポンサーリンク

井岡一翔vsニエテス再戦~戦績などプロフィール

続いて、井岡一翔選手とドニー・ニエテス選手の戦績などプロフィールを見ていきましょう。

井岡一翔選手とドニー・ニエテス選手は2018年12月31日、フィリピンでWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で対戦しています。

両者、勝てば4階級制覇というこの一戦は両者ダウンがないまま一進一退の攻防が最後まで続き、フルラウンドの末、ニエテス選手が2-1で判定勝ちました。

スコアは118-110、116-112で2人がニエテス選手、1人は112-116で井岡選手でした。

直接対決ではニエテス選手が勝っていますが、その後、井岡選手もスーパーフライ級王座を獲得し、ともに4階級制覇王者です。

戦績を見ると、ニエテス選手のほうがキャリアが長い分、試合数が多いですが、KO率もほぼ同じで互角とみていいでしょう。

井岡一翔選手とドニー・ニエテス選手の戦績などプロフィールは、以下の通りです。

井岡一翔の戦績などプロフィール

井岡一翔選手は1991年2月1日、大阪府堺市に生まれ、ボクシングは中学1年の時に始めました。

父親の井岡一法さんは元プロボクサーで井岡ボクシングジム会長を務め、叔父の井岡弘樹さんは元世界2階級制覇王者というボクシングをするには最高の環境で育ち、2009年にプロデビュー。

2011年、当時としては国内最速記録となる7戦目で世界ミニマム王座獲得、その後は階級を上げ世界ライトフライ級の王座を獲得するも世界フライ級王座挑戦に一度は失敗、2度目の挑戦で世界フライ級王座獲得に成功しました。

2017年12月30日、一度は引退しましたが、翌2018年に復帰すると2019年に2度目の挑戦でWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し日本人初の4階級制覇を達成しました。

井岡一翔選手の戦績などプロフィールは、以下の通りです。

井岡一翔の戦績などプロフィール
名前:井岡 一翔(いおか かずと)

生年月日:1989年3月24日(33歳)

国籍:日本

出身地:大阪府堺市

身長:165.6cm

リーチ:168cm

戦績:30戦28勝(15KO)2敗

獲得タイトル
WBC・WBA世界ミニマム級王座
WBA世界ライトフライ級王座
WBA世界フライ級王座
WBO世界スーパーフライ級王座、など世界4階級制覇王者

※2022年7月5日現在の情報です。

ニエテスの戦績などプロフィール

井岡一翔選手の対戦相手となるドニー・ニエテス選手は1982年5月13日、フィリピンに生まれ、2003年にプロデビューしました。

ジムのアシスタントという異色の経歴の持ち主ですが、順調に白星を重ねて、2007年9月にWBO世界ミニマム級王座を獲得しました。

その後は階級を上げていき、2011年10月にWBO世界ライトフライ級王座、2017年4月にIBF世界フライ級王座、そして2018年12月にWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し、4階級制覇を達成しています。

井岡一翔選手の対戦相手となるドニー・ニエテス選手の戦績などプロフィールは、以下の通りです。

井岡一翔の対戦相手~ドニー・ニエテスの戦績などプロフィール
本名:ドニー・リボーン・ニエテス(フィリピン)

生年月日:1982年5月13日(40歳)

国籍:フィリピン

出身地:フィリピン・バコロド市

身長:160cm

リーチ:167m

戦績:50戦43勝(23KO)1敗6引き分け

獲得タイトル
WBO世界ミニマム級王座
WBO世界ライトフライ級王座
IBF世界フライ級王座
WBO世界スーパーフライ級王座、など世界4階級制覇王者

※2022年7月5日現在の情報です。

井岡一翔vsニエテス再戦の日程など概要

井岡一翔vsニエテスのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの日程は7月13日(水)、東京・大田区総合体育館を試合会場に行われます。

井岡一翔選手にとってはWBO5度目の防衛戦で、一度負けているニエテス選手との約3年半ぶりの再戦は統一戦実現へ向けて重要な防衛戦となります。

ドニー・ニエテス選手にとっては、一度は返上したWBO王座への返り咲きを狙う一戦となります。

井岡一翔選手にとっては統一戦に向けて弾みをつけたい一戦となります。

井岡一翔vsドニー・ニエテスのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの日程など概要は、以下の通りです。

井岡一翔vsドニー・ニエテスのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの日程など概要
対戦カード
WBOチャンピオン:井岡一翔(日本)
挑戦者・同級1位:ドニー・ニエテス(フィリピン)

日程
2022年7月13日(水)

試合開始時間
アンダーカード終了後

会場
大田区総合体育館(東京都)

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ボクシングの最多防衛記録・階級制覇は?日本人と世界をまとめ!
こちらでは、ボクシングの最多防衛記録と最多階級制覇記録を日本人と世界で比較しながらまとめました。ボクシングでは多くの世界チャンピオンが輩出されてきましたが、これまでの日本人の最多防衛記録・階級制覇記録はどれくらいでだれが達成?世界とも比較も!

井岡一翔vsニエテスの地上波テレビ放送~まとめ

今回は、井岡一翔vsドニー・ニエテス再戦の地上波テレビ放送はあるのか、さらに井岡選手と対戦相手ドニー・ニエテス選手の戦績などプロフィールについても見てきました。

井岡一翔vsニエテス再戦の地上波テレビ放送は、TBS系列で生中継の予定です。

両者は2018年にフィリピンでWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で対戦し、この時はニエテス選手が勝っています。

戦績を見るとKO率などもほぼ互角で好試合が期待されますが、井岡選手としてはすっきり勝って統一戦に向けて弾みをつけたいところです。

井岡選手のリベンジか、ニエテス選手の王座返り咲きか、注目のタイトルマッチがいよいよ始まります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ボクシング
スポンサーリンク
rainbownijiをフォローする
スポーツなんでも情報クラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました