ワイルダー対フューリーのファイトマネーはいくら?再戦の勝敗予想も

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが2020年2月22日、アメリカのラスベガスで行われます。

チャンピオンのデオンテイ・ワイルダー(アメリカ)対元3団体統一王者タイソン・フューリー(イギリス)の再戦です。

2018年12月以来の再戦となる、この一戦は世界中のボクシングファンが注目の試合ですが、勝敗以外にもファイトマネーがいくらなのかも気になるところです。

今回は、ワイルダー対フューリーのファイトマネーはいくらなのか、さらに再戦の勝敗予想などについても見ていきます。

スポンサーリンク

ワイルダー対フューリーのファイトマネーはいくら?~再戦と第1戦

ワイルダー対フューリーの再戦のファイトマネーがいくらなのかは、勝敗の行方とともに非常に気になるところです。

具体的な金額はまだわかっていませんが、2,800万ドル(約31億円)のファイトマネーが保証されているといるとのことです。。

これで、第1戦を上回るファイトマネーになるのは確実となりました。

その第1戦のファイトマネーですが、以下の通りです。

デオンテイ・ワイルダー
400万ドル(約4億5,000万円)+ PPV歩合100万ドル(約1億1,350万円)

タイソン・フューリー
300万ドル(約3億4,000万円)+ PPV歩合100万ドル(約1億1,350万円)

再戦のファイトマネーは、両選手ともに基本のファイトマネーにPPVの収益がいくらになるかで決まります。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ボクシング・ファイトマネーの最高額は?日本人やヘビー級の場合など

第1戦ではPPV収益から100万ドル(約1億1,350万円)がプラスされましたが、再戦は注目度もさらにアップしていることからPPVの収益も上がると予想されます。

ちなみに再戦は、アメリカではESPNとFOXスポーツでPPV放送され、視聴料は74.99ドル(約8,200円)と結構高額です。

これらのことからワイルダー対フューリーの再戦のファイトマネーは、第1戦と比較してひと桁ちがうものになりました。

スポンサーリンク

ワイルダー対フューリーの再戦の勝敗予想

続いて、ワイルダー対フューリーの再戦の勝敗予想ですが、まず第1戦の結果から検証していきましょう。

第1戦はともに全勝同士の対戦で2018年12月に行われましたが、勝敗は判定までもつれ採点は三者三様のドローでした。

ジャッジは、ひとりが115-111でワイルダー、もうひとりが114-112でフューリー、残るひとりが113-113の引き分けというものでした。

内容的には9ラウンドと12ラウンドと2度のダウンを奪ったワイルダーが有利に見えましたが、着実にポイントを奪ったラウンドの多かったのはフューリーでした。

ワイルダーの一発のパンチ力はもちろん凄かったですが、それを受けてダウンしても立ち上がってくるフューリーのタフさにはさらに驚かされました。

なので、第1戦は終盤でダウンを喫してはいるものの、再戦は試合が長引けばフューリー有利とみます。

これらのことから、ワイルダー対フューリーの再戦は、KO決着ならワイルダー、判定ならフューリーの勝ちと勝敗予想します。

ワイルダーのこれまでの戦績など

本名:デオンテイ・レシュフン・ワイルダー(アメリカ)

生年月日:1985年10月22日(34歳)

身長:201cm、リーチ:211cm

戦績:43戦42勝(41KO)0敗 1引き分け

2015年1月WBC王座獲得

フューリーのこれまでの戦績など

本名:タイソン・ルーク・フューリー(イギリス)

生年月日:1988年8月12日(31歳)

身長:206cm、リーチ:216cm

戦績:28戦27勝(19KO)0敗 1引き分け

2015年11月WBO・IBF・WBA王座獲得

ワイルダー対フューリーの世界ヘビー級タイトルマッチ再戦の概要

ワイルダー対フューリーのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ再戦は、2月22日(日本時間23日)にアメリカ・ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されます。

WBC世界ヘビー級タイトルマッチの概要
対戦カード
チャンピオン:デオンテイ・ワイルダー(アメリカ)
挑戦者:タイソン・フューリー(イギリス)

日時
現地時間:2020年2月22日(土) 18:00~
日本時間:2020年2月23日(日・祝) 12:00~

会場
MGMグランド・ガーデン・アリーナ(アメリカ・ネバダ州ラスベガス)

試合形式
3分12ラウンド制

ワイルダー対フューリーの世界ヘビー級タイトルマッチ再戦のテレビ放送

ワイルダー対フューリーの世界ヘビー級タイトルマッチ再戦のテレビ放送は、WOWOWで生中継が予定されています。詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

WOWOWライブ
2020年2月23日(日・祝) 12:00~16:00(生中継・放送時間変更の場合あり)
2020年2月24日(月・休) 21:00~23:00(録画)

ゲスト:村田諒太
解説:西岡利晃、ジョー小泉
実況:赤平大
進行:増田美香

ワイルダー対フューリーのファイトマネーのまとめ

今回は、ワイルダー対フューリーのファイトマネーはいくらなのか、さらに再戦の勝敗予想などについても見てきました。

ワイルダー対フューリーのファイトマネーは、第1戦のワイルダー500万ドル、フューリー400万ドルをはるかに上回り、第1戦と比較してひと桁ちがうものとなっています。

両者ともに2,800万ドル(約31億円)のファイトマネーが保証され、最終的にこれにPPVの収益が加算されたものになります。

再戦の勝敗予想は、KO決着ならワイルダー、判定ならフューリーの勝ちとみますがはたして結果はどうなるでしょうか?

ファイトマネーとともに今後のヘビー級戦線を占う意味でも注目のタイトルマッチです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました